2017. 08. 09  

72年前の今日。1945年8月9日、長崎原爆投下。ジョー・オダネル氏が撮影した「焼き場に立つ少年」。


毎年8月には広島と長崎で原爆被爆者の慰霊祭が開かれます。ここで市長や総理から核兵器廃絶が大切との声明が発表されますが、現時点から見通しうる将来に、残念ながら核兵器が廃絶されることは絶対にないだろうと思います。

核兵器の保有国は、米国、ロシア、英国、フランス、中国、インド、パキスタン、北朝鮮。イスラエルも保有宣言はしていないものの、核保有国とみなされています。

歴史から学ぶべき、最も重要なことは「人々が歴史から学ばないという事実」です。

「我々は核兵器のない世界ではなく、戦争のない世界を目指すべき」と語ったのは、英国のサッチャー元首相でした。

上記9カ国が、易々と核兵器を手放すことなど絶対に考えられないわけです。

こと左様に長崎忌の今日、北朝鮮リスクへの警戒感で、安定的な「円」が買われ、ドル円は109円後半と6/15以来の安値を更新。(お盆の閑散期を狙った、インチキな仕掛けの類じゃないかとも受け取れるわけですが)

米国政府は、北朝鮮における米国人の退去を8月中に完了させるよう勧告。9月からは渡航禁止措置を発令する予定となれば、年月同盤の9月は北朝鮮リスクも多少警戒しなければならないでしょう。

米国務省は2日、北朝鮮への米国人の渡航禁止措置を9月1日から実施するため、米国パスポートを持って北朝鮮に滞在している渡航者に対し、8月中に国外へ退去するよう呼び掛ける海外安全情報を出した。

 渡航禁止措置の実施後も、ジャーナリストや赤十字など人道支援活動の従事者のほか、渡航が国益に資すると判断された人は例外的に認められる可能性があるという。

 国務省は、北朝鮮で拘束された米国人大学生オットー・ワームビア氏が昏睡状態に陥り、解放後に死亡した問題を受け、7月に渡航禁止を決定した。(共同)



上掲、焼き場の前で直立不動の長崎の少年。キリッと真一文字に結ばれた口元、哀しみをたたえた眼差し。後世に生きる者は、この一枚の瞬間に強く胸を打たれます。涙する人もいるでしょう。ご存命であれば、80歳くらいでしょうか。その後の人生がお幸せであったことを願わずにはいられません。

【追記】

この写真は、亡くなった幼い弟を、おんぶ紐で背負い、直立不動で火葬の順番を待っている10歳くらいの少年を撮影したもの。はだしの少年の、きつくかみしめた唇には、血がにじんでいたと、後にオダネル氏は語っている。足に浮腫がみられた少年は、その後どんな人生を歩んだのか、オダネル氏は再会を望んだが、果たせなかったという。

オダネル氏は2007年8月10日、テネシー州にて永眠。偶然とはいえ長崎忌の翌日に亡くなられました。奥様は日本女性、坂井貴美子さん。当時のNYTは以下のように伝えています。

The cause was complications of a stroke, said his wife, Kimiko Sakai. She said that he had had more than 50 operations, among them surgery on his colon and his heart, and that he had attributed his poor health to radiation exposure resulting from his visits to Nagasaki and Hiroshima.

死因は、妻坂井貴美子によると、卒中が併発したものだった。彼は50回もの手術をしていたし、それには直腸や心臓の外科手術も含まれていた。彼が健康を損なっていたのは、彼が長崎と広島を訪問したおりの被爆によるものだった。

Mr. O'Donnell also ventured to Hiroshima and to cities bombed with conventional weapons. He carried two cameras. With one, he took pictures for the military. With the other, he took pictures for himself. When he returned home after the war, he put the negatives of his own photos in a trunk and locked it, emotionally unable to look at them.

オダネル氏はまた広島や通常兵器を受けた諸都市も訪問した。彼は二つのカメラを持っていた。その一つで従軍用の写真を撮り、もう一方で彼自身のための写真を撮った。戦後彼は帰国し、その写真のネガをトランクに詰め封印した。感情的に見ることができないからだった。

When he finally could, nearly a half-century later, he was so repulsed that he threw himself into protesting nuclear arms. In 1995, he published in Japan a book of many of those photos, and, a decade later, another in the United States. He lectured and exhibited in both countries.

約半世紀して、それを見られるようになったとき、彼は打ちのめされ、核兵器反対運動に身を投じる。1995年、彼は日本で多くの関連写真を出版し、10年後に米国で出版した。彼は両国で講演と展示会を行った。

 (記事はこの後、スミソニアン航空宇宙博物館の展示問題にふれている。彼は、原爆は「しかたがなかった」とするスミソニアンの展示趣旨を受け入れることができなかった)

The photographs were stricken from curators' plans, as were other features that offended veterans. In an interview that year with National Public Radio, Mr. O’Donnell contended that, given what he had seen immediately after the war, Japan could have been defeated with conventional arms, and without the hundreds of thousands of American casualties that an invasion of the Japanese home islands had been expected to entail.

退役軍人の怒りを買った他の展示と同様、その写真はキュレーターの企画から削除された。この年の国営ラジオNPRのインタビューでオダネル氏は議論を投げかけた。彼が戦後すぐに見たものからすれば、日本は通常兵器で敗戦に追い込むことができた。しかも、本土上陸による十万人規模の犠牲者を要せずとも可能だった。

 トランクの中の日本―米従軍カメラマンの非公式記録


  長崎忌曇るめがねを拭いてをり



2017. 08. 07  

打ち水(昭和のお母さん、そのフォームは野茂の如し)


8月7日、本日は二十四節気の「立秋」、ここより8月のスタート。

「暑気払い」という言葉があります。暑さをうち払うために、身体に溜まった熱をとり除くことですが、これは弱った気(エネルギー)を元に戻して、元気になろうという意味を持ちます。

昔の人は「暑気払い」という言葉をよく使いました。「西瓜(すいか)でちょっと暑気払いしましょうね」なんて。

瓜(うり)類は暑気払いの代表選手。西瓜、胡瓜(きゅうり)、冬瓜(とうがん)、苦瓜(にがうり、ゴーヤ)、南瓜(かぼちゃ)は夏が旬の食べ物です。

西瓜や胡瓜は身体の熱を下げ、利尿作用で余分な水分を出してくれますし、苦瓜はビタミンCが豊富で、夏バテ防止にもぴったり。冬瓜は、冬までもつことからその名がつき、古くから暑気払いに効く食べ物として重宝がられていました。南瓜は栄養豊富で保存性の高さが特徴。冷蔵保存技術などなかった時代、常温で冬至まで保存が効く野菜は、さぞや貴重だったことでしょう。

「枕草子」にはかき氷が出てきます。清少納言も暑気払いに食べていたのでしょう。

「あてなるもの。・・・削り氷にあまずら入れて、あたらしきかなまりに入れたる」

「かなまり」は金属製のお椀、「あまずら」は蔦の樹液を煮詰めて作る、一見蜂蜜に似た平安時代の甘味料のことです。メイプルシロップみたいなものかも。

傷ひとつ無い金属の小椀に盛りつけ、黄金色のあまずらをかけた平安時代のかき氷。

お椀の表面が冷気で白くなり、露を結び、いよいよ冷たさを増すさまは「あてなる」、つまり雅やかで上品、と表現されるにふさわしかったことでしょう。

冷蔵庫などなかった時代、夏に氷を口にするには、冬に氷を切り出して、氷室に蓄えておいたわけです。旧暦6月1日を氷室の節供といい、やんごとなき人々に氷を献上していたほど貴重なものでしたから、氷で暑気払いなど庶民には夢のまた夢、平安貴族のぜいたくの極みといったところ。

私は、冷えたビールが注がれたグラスが結露するさまを、「あてなるもの。糖質ゼロビールを冷蔵庫にて冷やし、あたらしきグラスに注ぎ入れたる」なんて、幾度も水をくぐらしたよれよれのムームーに、首には手拭い、どこが雅かといった装束(しょうぞく)で、「清少納言ごっこ」をしております。これもまた暑気払い。

後世に伝えたい言葉の一つですね。

私の夏用普段着には「1、2、3」のランクがありまして、1は、近所のスーパーまで出かけられるもの。2は、マンションのロビーまで郵便物を取りに行けるもの。3は、玄関を一歩も出られない装い。

よれよれムームーは、ランク2。これでゴミ出しまでは可能。

ランク3は、タンクトップに短パン。おもに掃除用としていますが、さすがにどなたも、還暦のタンクトップ姿(種痘跡つきボンレスハムの如き二の腕&かるかんの太もも)はご覧になりたくないだろうとの自己抑制、おばばのたしなみにございます。

さて台風5号ですが、本州を縦断しそうで心配しています。この台風、ノルーという名前だそうですが、のろま。迷走台風の停滞エリアは、その後のしっかりした地震に繋がってゆきますので、台風後も注意が必要です。

今月は下旬に大きな地震が目立つでしょう。

方位としては、西南方位が暗剣殺、北東方位が五黄殺と月破になります。東南アジア、北米へ出張される方々は気をつけて行ってらしてくださいね。

個人的には七赤金星と四緑木星の方々が、運勢的に困難な一ヶ月となります。注意してお暮らしください。特に七赤金星のみなさんは、車の運転は慎重に。もらい事故など起こりやすい月です。五黄の方々は、どうしたものか、ひねくれます。周囲に五黄の人がいましたら、やさぐれた言動をしても当たらずさわらずで。

みなさま、よき夏休みとなりますように。

  恋人と億光年の海泳ぐ



2017. 08. 04  
_1_~1


安倍政権第3次改造内閣が"土用中”に発足。

茂木、小野寺、林という実務派が閣内に入り、固くまとめてきた印象。経済通の林さんが文科相とはもったいない気もしますが、「平時」の文科省ならいざ知らず、今の文科省は官僚の謀反という「戦時」状態ですから、能書きタレ男の官僚以上の明晰さが求められての起用なのでしょう。

外相に、過激な官僚批判で知られる河野太郎というサプライズもありましたが、なぜか彼の入閣を喜ぶサッカーファン多数。

彼等にとって「河野談話」といえば、湘南ベルマーレが勝利した後に太郎氏がTwitter上で発する「圧勝宣言」のこと(笑)フォロワーの私はサッカー音痴ですが、これは毎回笑いながら拝見しています。

「河野談話」のお父さんと間違えられて、よくスパムを飛ばされていますが、彼は慰安婦問題にはノーコメント。原子力以外は自民党の本流に近い人です。

土用中に発足した内閣ですから短命ですよ、きっと。

先だってのブログで「ドルが急落したのに日経平均が上昇する怪」にふれましたが、これは選挙が近いことを暗示しています。選挙が近くなると日経平均がゆるやかなカーブで上昇するので、解散総選挙を占う材料の一つになる。

ということは、夏枯れが常の8月相場ですが、今年の夏は上昇するということ。

安倍首相の外交日程に照らし合わせると、9月22日(金)臨時国会召集。冒頭解散ということになるかも。

9月という月は十二支・九星ともに年月同盤で、今回の同盤は「政治」に焦点が当たるはず。これは日本のみならず海外でも同様の現象が起こります。今年いちばんのドラマチックな展開が此方彼方で巻き起こる。

そして、10月10日(火)総選挙告示。10月22日(日)総選挙という流れ。青森4区と愛媛3区の補欠選挙と重ねてしまうという日程になるのでしょう。

この日は「大安」。六曜(大安や仏滅)は迷信なんですが、迷信ゆえに徳川幕府が禁止令を出さず今日まで残り、なぜか最もポピュラーという、ねじれた現象が続いているわけです。(仏滅なんて気にすることない!)ところが、政治家はゲンをかつぎますから、「大安」は大大大好き。

この選挙日程ですと、またしても新政権は土用中に発足、ということになるわけで、安倍さん大変だなぁ。ただ、彼の運勢は8月から上昇基調に入りますから、モリカケのような「悪ガキの仕掛ける落とし穴」ごときのショボイ祭りは終了。

今朝、新聞にざっと目を通していたら、「子どものいる家は禁煙」条例、都民ファースト、9月提出へ、という記事。百合さん、政治は人の心や家の中まで入っちゃダメですよ。

  夏なれや川風の乗る児らの声



2017. 08. 01  

ジャンヌ・モロー(31日死去、89歳)

「パリ8区の自宅アパートメント内で倒れた状態で亡くなっているのを家政婦が発見した」

いかにもレジスタンスなフランス女、ジャンヌ・モローらしい、いい死に方。

それを日本では「孤独死」などと死者を貶(おとし)める扱いをするのですが、「無量寿経」にある一文がこの世における人間の真理ではないでしょうか。

人、世間の愛欲の中に在りて、独り生まれ、独り死し、独り去り、独り来る。(人間は欲望に満ちたこの世に、ひとりで生まれ、ひとりで死に、ひとりで去り、ひとりで来る)

人間は基本的には孤独。ひとりで生まれてきて、ひとりで死んでゆく。しかし、心の奥底でつながっている人、あるいは思想や哲学(人によっては宗教)、こうした共感があればちっとも孤独ではない。

ジャンヌ・モローは大女優でしたが、カトリーヌ・ドヌーブほどの美貌でもなく、ソフィア・ローレンほどの官能もなかった。しかし通好みの味のある女優で、私の周辺においてジャンヌ・モローを理解する男どもは、心の眼で世の中を鋭く見つめているようなタイプが多かった。「死刑台のエレベーター」「恋人たち」「雨のしのび逢い」「突然炎の如く」が代表作。いい女だったわ、ジャンヌ・モロー。アデュー。

サン・テクジュベリが 「星の王子さま」でキツネに語らせるセリフ「心で見なくちゃ、ものごとはよく見えない。かんじんなことは、目には見えないんだ」、この短い言葉が、なぜこれほどまでに世界中の人々の心に訴えるのだろうと思います。

日常生活で絶えず不都合な真実を押し殺し、「目に見えること」の世の常に振りまわされる日々を過ごすがゆえ、このキツネの言葉に心を洗われた気がするのでしょう。しかし、本を閉じればまた「目に見えること」の世界に戻ってしまうことの不甲斐なさ。誰もがそのような思いを抱いて生きているということ。

だからこそ、「心の眼で見る」ことは重要です。本当に大事なことは何?

この夏、ジャンヌ・モローの映画とともに、「星の王子さま」をもう一度、読み返してみたいと思います。

さて、土用も最後の週となりましたが、今週は彗星が3個、近日点を通過します。ということは、世の中が荒れるわけで、まず自然災害。非常に強い台風5号が進路を北寄りに変えて日本列島に接近中。これは被害台風になりそうな予感。今週末、公私ともに出歩く用事が山積みなんですけど、イヤですよ台風なんて。

そして、私が熟睡している深夜3時から4時過ぎ、なんとドルが急落していて・・ペンタゴンがウクライナに、という話なのか、それともトランプ政権人事のさらなる混乱、あるいは米短期金利上昇とか考えましたが、日経平均は3日ぶりに反発って、市場も変わって来ましたね。ここは大いなる分岐点なのかもしれません。

3日、安倍内閣改造。その前に、ジャーナリストの田原総一朗が安倍首相に提案した「政治生命を懸けた冒険」って、いったい何?

田原氏は、安倍首相の支持率が低下している現状から「来年まで延ばしたら安倍内閣が潰れちゃう」と述べるにとどめ、具体的な内容については「言ったらブチ壊れちゃう」と明かさなかったとされるが、そうなら話題作りなんかせずに、内緒で提言すればいいのにと思うのは私だけでしょうか。チマタでは「北朝鮮訪問」とかささやかれはじめて、それじゃあ、ちっともサプライズにはなりませんぜ。

  パンドラの函に入れたしタイフーン




2017. 07. 27  



映画「小さいおうち」で松たか子が、「床がべたつくわね。タキちゃん、拭いて頂戴」と、イラつきを含んだ口調で黒木華の女中に命ずるシーンがありました。

夏の素足に、湿度が高い日の板の間はべたつくもので、今朝の私は松たか子になったつもりで、「拭いて頂戴」、「はい、奥様」と一人二役を演じ、早朝からクイックルワイパーで床磨き。

心がけのわるい女中なので、床に這いつくばって雑巾がけはしない。松たか子の奥様に、「今度の女中はタキちゃんと違って横着なの。人の目がないと足で雑巾がけしているのよ」なんて、ため息をつかせそうなワタクシ(笑)

マンションの管理人さんから自家菜園の朝採りきゅうりをたくさん頂戴したので、自家製「きゅうりのキューちゃん」を作ってから、机に向かう。ひと雨きて、今日は凌ぎやすいです。

と、ここまでは昨日(26日)書いたものですが、今日は明けて27日。二十四節気の「大暑」とは思えぬほど涼しくて、幸せ\(^o^)/
 
朝から煮込みうどんにする。これで冷やごはんを食べるとおいしいので、茶碗のごはんをわざわざ一時間も冷ましてから食べました。やんごとなき人々には解らぬC級グルメの味。ただし、炭水化物まみれ。

加計学園問題。おそらく元文科省の前川氏は、加計学園の獣医学部新設に総理の指示があったかどうか、そこには関心がなく、和泉補佐官や藤原審議官が国家戦略特区の名の下に、学部認可という文科省の専権事項に手を突っ込んだことを糾弾したいだけなんでしょう。

そこに、何でもいいから安倍内閣を倒閣したい勢力(マスコミ&石破&野党)と、獣医師会の意向を汲んで白紙撤回させたい勢力(民進党の玉木議員)が相乗りしている構図。

「行政のタテ割りは完全に払拭される」。安倍首相が高らかに宣言し、2014年7月に発足した内閣人事局。これまで官僚主導で行われてきた幹部の人事権を内閣人事局に一元化し、官邸主導で審議官級以上、約600名の人事を決定することになったわけで、これに対する抵抗の一つが前川氏が朝日新聞にリークしたとされる加計問題。

稲田朋美が責められるのも防衛大臣だからではなく、内閣人事局の初代担当大臣だったから。山本幸三も同様に現担当大臣だから責められる。萩生田も現局長。「内閣人事局に関わった大臣クラスには徹底的に嫌がらせするぜ」という官僚勢力の宣戦布告ですね。彼らは「内閣人事局」を骨抜きにしようとしているわけです。

ただ稲田さんには防衛大臣の資質はないと私は思っています。昨年12月27日、現政権が真珠湾のアリゾナ記念館を訪れ、太平洋戦争開戦のきっかけとなった真珠湾攻撃の犠牲者に対して哀悼の意を表した際、稲田さんは何度も何度も髪の毛に手をやり(海上は風が強いのだから髪は束ねるか、ハードスプレー必須!)、しかもキョトキョトとして、心ここにあらずなんだなあ。保守政治家ならば真珠湾は心に沁みるものがあるはずで、そこには日本の兵士も海の藻屑と消えているのです。アリゾナ記念館に立つと、日米の英霊たちが肩にズドンと乗ってくる。本当に乗ってくるのです。その霊魂たちの重みを後世に生きる者は感じなければならない。防衛大臣ならば尚更。

大臣という前に一人の人間として「この女はダメだ」と思いました。政治家として深い歴史観もなければ、戦争に翻弄された日米の民草の苦しみなどまったく解っていない、上っ面だけで生きて来たような女の顔がそこにありました。保守政治家の名が泣く。日夜、国防に命をかけている防衛省と自衛官に、こんな大臣はとうてい受け容れられないでしょう。ガーリーファッションの防衛大臣って、いったい何?

そんな中で、加戸前愛媛県知事が国会で仰った、「みんなが必要としているものがなぜ10年経っても認められないのか。教員数を抑えた入学者数の水増しは行うのに、160人の今回の件は門前払い。これは世界からみたら非常識だ。こんな岩盤規制は取っ払おうと大臣に言える文部科学省になって欲しい」というくだりは、加戸さんが文部省OBであるだけに、胸を打たれるものがありました。

安倍さんは1954年(昭和29年)9月21日生まれで、「7」のつく年の3月~7月は運勢がよくない。こうしたときは、相当にディフェンスしなければ足許をすくわれるようなことが起こるのです。第一次安倍内閣が総辞職したのも「7」のつく2007年でした。

私が首相のメンターならば、10月に解散総選挙。その後に初めて、「憲法改正」を政治日程に入れるようアドバイスしました。

しかし安倍さんは5月に、「憲法改正」を政治日程に入れることを発表。明らかにタイミングを間違えたのです。それが今の倒閣運動につながっているわけですが、ここで安倍政権が倒れたら、自民党からろくでもない政権が誕生するのは目に見えていますので、日本の国防と経済のためにもうひと頑張りしてほしい。午の一白水星にとって、8月の「西」は大変良好な方位ですから、じっくり静養していただきたいと思います。

  サングラスみな美男とは限らない


プロフィール

れいらん

Author:れいらん
ご訪問ありがとうございます。

東洋占術歴40年になります。占い師とは「人を幸せに導く職業」だと思ってきました。同時に、多くの方のさまざまな悩み苦しみに接し、人ひとりが人生を生きく抜くことの困難さに思いを馳せずにはいられません。思えば私たちの人生はこころの旅であり、こころには喜びが必要です。こころがつらいとき、どんなに強い人でも自分を支えていくのは難しいことです。その苦しみからどうやって抜け出すか、私の占いが少しでもお役に立てれば幸いです。占いを通じて多くの方々の人生に接してきました。その喜びや哀しみに共感し、一喜一憂する日々はまた、私自身のこころの旅でもありました。

長きにわたり、ご紹介のお客さま限定の対面鑑定をしてまいりましたが、少しでも多くの方のお力になりたいと思い、このブログからの電話鑑定も受け付けることにいたしました。電話が苦手という方にはメール鑑定もご用意しておりますが、電話の方がよりニュアンスが伝わりやすいと存じます。

東洋占術にはそれぞれ得意とする分野があり、ご相談の内容によりもっとも適切な占術をこちらで判断の上、鑑定いたします。

ご依頼の方は、カテゴリの「鑑定の申込み方法」をクリックし

 leilan808@gmail.com

まで、ご連絡くださいませ。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR