2018. 02. 16  

ピーテル・ブリューゲル  「雪中の狩人」 1565年 ウィーン美術史美術館


次期日銀総裁と副総裁の人事案が提示された。

これで確定かと思われますが、「衆議院の議院運営委員会は16日、西村官房副長官に対して、日銀正副総裁人事の情報が事前に報じられた経緯を20日の理事会で説明するよう要請」なんて記事がロイターに出ている。

ゴタつくわねぇ。

総裁は黒田さんの続投。

副総裁は、日銀の雨宮正佳理事と早大の若田部昌澄教授。

期待の本田さんは、過去に黒田交代を口にした経緯もあって、現実的に、黒田総裁とのコンビは厳しいだろうとの印象はあった。

新しい日銀執行部の「リフレ度」が強まるか弱まるかは、岩田副総裁の後任次第との観測があったわけですが…

本田さんならば円安、若田部さんならば円高と読んでいましたが、若田部さんというとこで、円高になっていますね。

されど若田部さんは、本田さんほどの過激さはないものの、マイルドな緩和派であり、ハト派。

消費税を8%に上げるときも、断固反対されていた。

継続的な金融緩和は確実と言っていいでしょう。

FRBがパウエル議長の手腕や、空席ポストなどでゴタゴタしているのに対し、これで日銀には、過去5年間の緩和路線が今後も継続される安心感が出た。

ひとえに、政治の安定によってもたらされたものです。

あとは「緊縮」に取り付かれた財務省と、バカのひとつおぼえみたいに「出口戦略」を大合唱する経済記者どもを、いかに黙らせるか。

財務大臣・麻生太郎も悪ぶるのであれば、ムニューシンのように「通貨安が好ましい」とかほざいて、その後にサラリと「私の主張は一貫している」なんて語るぐらいの、ふてぶてしさを演じてみろや。

・日米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない
・マクロ的に見れば、日本は世界最大の貯蓄超過国
・国債はほとんど国内で極めて低金利で安定的に消化されている
・日本は世界最大の経常黒字国、債権国であり、外貨準備も世界最高

by 財務省


これこそが「二重行政」。

一方で財政の健全さを語り、もう一方で財政危機をあおる。

結果的として、円高のたびに対応を迫られるのが財務省自身という、いつもの風景。





昼からウォッカでも浴びたくなるような、円高である。

されど今日は、働く金曜日。

お、羽生くん、おばばの脳内で「トウカイテイオー」確定!

鑑定に戻ります。


  流氷や遠き空よりカンタータ


  

  

  
2018. 02. 15  

エイシンヒカリ


寒い日本でブルブル震えているのに、もっと寒い朝鮮半島の山の方で、飛んだり、跳ねたり、滑ったりしている選手たち、ご苦労さまです。

平昌オリンピック、全く興味なし。

されど人間のレースで、いちばん競馬に近いのがスピードスケートじゃないかと思い直して、観戦。

大本命(◎◎◎◎◎)と目される小平奈緒。

単勝オッズ、どれくらいつくかしら?

1.8倍なら、三連単の軸にして、あとは馬単も組むか、なんて、つい考えてしまう。

勝ち時計1.13.5を見た瞬間、中山ダート1200と、思った。

インスタートが有利で、アウトスタートは不利だと解説者が言っているが、インは、スタートが良くないと馬群に揉まれるぞ、とか、頭がもう競馬から離れられない。

中長距離の解説でラップの重要性、いかにバランス良く走って、最後のラップを落とさずに走るかが重要と。

これ、競馬ファンには「キタサンブラックのような走りが理想ですね」と言ってくれれば、すぐ理解できる!

なにもかも競馬につなげて考えてしまうのだが…

実際に走り出すと、虎の子賭けてないから、全然つまらない。

ところが「さぁ最後の直線!」という実況には、ビビッと反応して、「差せ!差せ!…差さない…」と叫んでたり。

新潟競馬場みたいに、直線だけのフルゲートがあってもいいわね。

高木選手はマイラーの「ノースフライト」、小平選手がスプリンターの「サクラバクシンオー」ってとこか。

1500ではノースフライトが圧巻の走り。

500なら間違いなくサクラバクシンオーだ。

ワールドカップ連勝とか世界選手権優勝って、「毎日王冠」とか「京都大賞典」みたいな感じか。

スケート、全然分かりません。

以上、平昌スピードスケート(競馬妄想)中継でした。


私の頭の中は、すでに日曜の「フェブラリーステークス」

「テイエムジンソク」古川吉洋と「ゴールドドリーム」ライアン・ムーアの一騎打ちと予想!

三連単のヒモに何を取るか、これが問題…。

意外な馬、横山典さんの「ニシケンモノノフ」なんか来てくれれば、配当はいいんだけど、7歳、無理ね。

戸崎圭太の「サンライズノヴァ」か、内田博幸の「ノンコノユメ」だと、配当はしょぼくなります。

枠順を見て、決めることとする。


  きさらぎのひかりせせらぎのきらきら






  
2018. 02. 14  

伊藤若冲 (1716 - 1800)


バレンタインデーですね。

日本では女子が男子にチョコを贈って告白するという、ロマンチックな日ですが、米国では逆。

男子から女子にプレゼントを贈る日です。告白は必ずしも重要な要素ではなく、プレゼントは花束が一般的。

日本の習慣を米国人に伝えると、一様に驚かれます。

今日、お客さまの中に、告白のチョコを贈る女子が数名。

どの女子も控え目なタイプなので、迷わず、どーんと行け!と背中を押したのですが、頑張りなさいね。

女の子がキラキラしていられるのは、ほんのわずかの間よ~

可愛い気は、一生だけど。


さて、ここからは、可愛い気のない話。

先だっての株価下落の主要因の一つとされているVIX(ボラティリティ)指数に関連した取引について、市場操作が行われたのではないか、という匿名の告発があったらしい。

告発者は、高度なアルゴリズム(算法)を持つトレーディング・ファームであれば、実際に取引をすることなく、クオート(レート)を提示するだけでVIXそのものを操作できると指摘。

VIX連動のETPの組成上の問題ではなく、VIXそのものに原因があったのでは、と主張している模様。

匿名の告発者は、弁護士事務所を使って、米証券取引委員会(SEC)と商品先物取引委員会(CTFC)に告発した。

2015年8月、ロンドンで1人の男が、8件の罪で禁固14年の有罪判決を言い渡された。その名は、トム・ヘイズ。

彼の罪は、2006年にUBSの東京支店で、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)操作をめぐる不正を行ったことからはじまった。

この史上最大規模の「金融犯罪」は、LIBORが少人数の報告に基づくシステムだったゆえに生まれた。

VIXについては市場ボラ自体の取引なので、同様の構造ではないと思う。

されど「実際に取引を行ったり資本を活用することなくS&Pのオプションにクオートを提示するだけでVIXを操作することが可能だと指摘」という部分に注目。

仮に板が薄ければ、小さい取引でも操作はしやすいだろうが、取引せずにクオートだけで可能なのか、どうか。

ト占で占うと、限りなく信憑性が高い、つまりクロと出る。

これは今後の流れに、注目せねばなるまい。

年「戌の九紫」月「寅の五黄」、金融に不正操作があっても、不思議ではない構図。


  囀(さえずり)の朝ぐれるにはパワー要る



[ニューヨーク 13日 ロイター] - シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー・インデックス(恐怖指数、VIX)算出の仕組みを利用して市場操作が行われたと告発する書簡が米金融当局に提出された。関係筋によると、これを受けて金融取引業規制機構(FINRA)が調査に乗り出した。

書簡は、ワシントンに拠点を構える法律事務所が、投資ビジネスの上級職の経験がある匿名の人物の代理として12日、米証券取引委員会(SEC)と商品先物取引委員会(CTFC)に提出した。この法律事務所は書簡に加え、正式な申し立ても行った。

関係筋によると、不正操作の指摘を受けて、VIX指数<.VIX>を算出するCBOEグローバル・マーケッツはFINRAに調査を依頼した。

CBOEの規制担当責任者はロイターに対し、「CBOEにはFINRAと協力して証券市場の特定の取引を監視する規制部門があり、監視対象にはVIX清算値に影響を及ぼし得る取引も含まれる」と説明した。

VIXはS&P500のオプション価格から、予想される短期のボラティリティーを算出する。CBOEが毎月算出する清算値によって、VIX先物で利益が出るかどうかが決まる。

書簡では、高度なアルゴリズムを持つトレーディング・ファームは、実際に取引を行ったり資本を活用したりすることなくS&Pのオプションにクオートを提示するだけでVIXを操作することが可能だと指摘している。

CBOEの広報担当者は書簡について「VIX指数とVIX先物、ボラティリティーETPの関係を含め、不正確な指摘や誤解、事実誤認が多い」と指摘した。

また、CBOEのバイスプレジデント兼リサーチ部門責任者、ウィリアム・スペス氏は「VIX清算値の算出プロセスには、書簡で指摘されているような不正操作を防ぐための構造的なセーフガードが組み込まれている」とし、「当社の規制部門はVIX清算値の操作が行われていないか能動的に監視している」と述べた。

SECとCFTCはコメントを控えている。

S&P総合500種<.SPX>とダウ工業株30種<.DJI>は先週それぞれ、2011年8月以来の大幅な下落率を記録。相場変動を想定していなかった投資家にとり痛手となった。

VIXに連動する上場取引型金融商品(ETP)の投資家は打撃を受け、クレディ・スイスとノムラ<9716.T>は、株価の変動が小さい局面で利益が得られる上場投資証券(ETN)の販売を中止すると明らかにした。

書簡は「VIXに連動したETPの清算は、こうした商品の組成上の問題だけが原因ではなく、むしろ、VIX指数の操作が主な要因だ」と指摘している。

ボラティリティーに的を絞った投資アドバイザー、インベスト・イン・ボルの運用担当者、スチュアート・ジョン・バートン氏は「指数の水準が操作される可能性があるということは以前から知られていた」とした上で、そうした操作による投資家の損失は、書簡で指摘されている年間約20億ドルを大幅に下回るだろうと述べた。

また、書簡で指摘されているような操作が、前週のVIX先物急上昇を引き起こした可能性は低いとの見方を示した。


2018. 02. 13  

玉井伸弥 (Born in 1994)


この連休は「関東お弔い独り旅」が続き、電車の中で、たっぷり読書にいそしんだ。





「AI vs. 教科書が読めない子供たち」 新井紀子著 東洋経済新報社

教科書に限らず、日本文を正しく読解できないのは、何も子どもばかりではない。

それを感じたのは「メール鑑定」の文章を読み間違え、ズレた質問を繰り返す人が多いからで、ゆえにメール鑑定よりも電話鑑定を推奨する理由は、そこにある。

Twitter のやり取りを見ていても、どうしてそんな受け取り方をするかなぁと嘆息することが、しばしば。議論以前に、読解力が欠落しているのであるから、何をか言わんや。

なぜ現代人は、正しく文章を読み取ることができないのか?

おそらくキーワードだけ拾って、自分で分かる話に仕立て上げてしまうからだろう。

こうした読み方をするのが、実はAIである。

AI開発の中で得た結論は「AIは文章が読めない」ということであった。

文章の意味を理解せずとも、単語の出現確率など、統計のみで正解を判断するAI。

前述の「キーワードだけ拾って、自分で分かる話に仕立て上げる」読み方は、AIと同じなのである。

日本の語学教育は、国語も英語も「読む」「書く」という技能の「技」の部分を軽視し過ぎている。

ゆえに「書けない」「読めない」おとなも実は多く、それは寄せられるメールを読めば、一目瞭然である。

(こんなことを書くと、私の元へメールを送り辛くなるかもしれませんが、私自身は平均的な読解力は持っていますから、相手の言わんとしていることは分かります。論文などと違い、普通の文章にはお人柄がにじみ出るもので、そうしたところを楽しみながら、みなさんからのメールを拝読しています)

米国で英作文の書き方を学んだ経験のある人は、みな一様に感じていらっしゃると存じますが、英語の世界には、英作文はこうして書け、という一定のフォームが存在する。

1919年、コーネル大学のウィリアム・ストランク教授の小冊子「The Elements of Style」が、すべての原型となっており、これ一冊を制覇すれば、英作文は書けるようになるのだが、NewYork Times のような、締まった文章を書くには、関係代名詞や接続詞の省略法をマスターする必要がある。

されど日本の作文に、これといった「文章ルールブック」は存在しない。文章の達人と言われた谷崎潤一郎・丸谷才一・井上ひさしによる「文章読本」は存在するが、これを読んでも、読み物としてはおもしろいが、実践にはあまり役立たない。参考になるのは、本多勝一「日本語の作文技術 」ぐらいか…。

ところが読解力となると、それを向上させるための科学的な手段は見つかっていないと、新井紀子先生は書いている。

AIが仕事を奪う未来はすぐそこにある。

されど新井先生は「AIが神になる?――なりません。AIが人類を滅ぼす?――滅ぼしません。シンギュラリティが到来する?――到来しません」と、力強く否定する。

本書が提起する問題は「AIでは対処できない新しい仕事は、多くの人間にとっても苦手な仕事である可能性が非常に高い」という厳然たる事実。

ならばAIができない読解力を身につけ、AIにはできない分野の仕事へ就くべきではあるが、そもそも読解力を向上させる科学的手段が見つかっていない現実に、背筋が寒くなるのだ。

必読の一冊。


  学校へ蜂に刺されし顔で来る






2018. 02. 12  

ワシリー・カンディンスキー 「コンポジションⅧ」1923年 グッゲンハイム美術館 ニューヨーク


「老いは、われわれの顔よりも、心にシワをつける」

とはモンテーニュの言葉である。

確かに。

されど、心のシワとは何だろうか?

考えあぐねている。

やはり「億劫がる」ことだろうか?

加齢とともに全ての機能が衰えていくのはやむを得ない。

そして心の機能低下として、意欲や気分に陰りが生ずる。

私は、ド近眼に老眼が襲いかかってからというもの、鏡を見なくなった。

かつてはゴミ出しでさえ、お化粧してからでなければ、ためらわれたのに。

ホノルルにいた頃、おしゃれに関心のない、野猿のような友人に「あたしなんか、お化粧しなきゃ、ゴミも捨てに行けない」と言ったら、冗談が洋服着て歩いているみたいな彼女が、日本へ一時帰国されたとき、わざわざピカチュウのお面を買ってきてくれた。ノーメークのときは、このお面をつけて、ゴミ出しに行けと(笑)

私もノリがいいので、すぐにピカチュウのお面をして、コンドミニアムのダストシュートまでゴミを捨てに行ったら、そんなときに限って、同じ階の米国人青年と出くわして…うけるのね、彼らには(笑)

されど、私の美の追求への執着心は、どこへ消えてしまったのか。

やっぱり、男の目を意識しなくなると、女はダメね。

女は女の目を気にしていると言う人もいるが、全方位から襲う女の辛辣な目など気にしていたら、無限ループの罠に陥るのであって、そんなことは、そもそも気にもかけないほうがいい。

結局、女の目を気にする女って、男にもてない女たちよね。

男にもてたら、女の目なんて、どうでもいいはずだもの。

あちこちから矢が一杯飛んできそうだけど、ホントよ~

ところがばーさんになると、男の目も女の目も、何もかも、どーでもよくなるの。

こうした状況を、ほっておくと、どんどん悪循環となり、認知症なんかにも突き進むのではなかろうか。

その対処法は、如何に?

やはり人との交わり。

そして、相手を幸せにしたいと常に願う気持ち。

さらには好奇心を持ち続けること。

いろいろのことが考えられる。

その中でただ一つと言われれば、

「人を幸せにすること」と言いたい。

私のつたない経験でも、この一つが、意欲や気分を含め、全ての「落ち込み」を持ち上げてくれる。

父の晩年を見ていると、積極的に「人と交わり」、いつも周囲の人々の「幸せを願い」行動している。

昨秋は気胸になったり、7年前にはステントも二箇所入れたが、認知症とは無縁の暮らしぶり。

自己管理できるのが、父の強味かもしれない。

それでも、今年は88歳。

父と同居している弟夫婦、とりわけ義妹が物心ともに父に良くしてくれるのが、何よりもの感謝。


ところで、お弔いの帰路、京都記念のレイデオロをチェックした。

バルジュー、引退しろ!

この下手くそ!!

100点満点の、マイナス8万点!


 あをあをと水にうつくし菠薐草(ほうれんそう)





お雛さまに走る、緊張感!



あちゃちゃ、危うし、三人官女!



DORIS DAY singing SLEEPY LAGOON 1960
プロフィール

れいらん

Author:れいらん
ご訪問ありがとうございます。

東洋占術歴40年になります。占い師とは「人を幸せに導く職業」だと思ってきました。同時に、多くの方のさまざまな悩み苦しみに接し、人ひとりが人生を生きく抜くことの困難さに思いを馳せずにはいられません。思えば私たちの人生はこころの旅であり、こころには喜びが必要です。こころがつらいとき、どんなに強い人でも自分を支えていくのは難しいことです。その苦しみからどうやって抜け出すか、私の占いが少しでもお役に立てれば幸いです。占いを通じて多くの方々の人生に接してきました。その喜びや哀しみに共感し、一喜一憂する日々はまた、私自身のこころの旅でもありました。

長きにわたり、ご紹介のお客さま限定の対面鑑定をしてまいりましたが、少しでも多くの方のお力になりたいと思い、このブログからの電話鑑定も受け付けることにいたしました。電話が苦手という方にはメール鑑定もご用意しておりますが、電話の方がよりニュアンスが伝わりやすいと存じます。

東洋占術にはそれぞれ得意とする分野があり、ご相談の内容によりもっとも適切な占術をこちらで判断の上、鑑定いたします。

ご依頼の方は、カテゴリの「鑑定の申込み方法」をクリックし

 leilan808@gmail.com

まで、ご連絡くださいませ。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR