2017. 07. 10  



夏は暑いものだとわかっているのですが、どうも「酉・一白」の年は猛暑が前倒しで来ますね。36年前の「酉・一白」の年、昭和56年もそうでした。向田邦子が台湾で客死した夏。航空機墜落事故でした。

当時の週刊文春、エッセイ執筆者は向田邦子・野坂昭如・田辺聖子で、毎週木曜日が待ち遠しいほど・・・本当に読ませました。それが今は林真理子。彼女のエッセイは、子どもを産んでからつまらなくなりました。

現在の週刊文春は、池澤夏樹と鹿島茂の書評コーナー以外に読ませるところがないです。「家の履歴書」もすっかりつまらなくなった。ゆえに週刊文春は読まなくなって久しいのですが、今週号は表紙が和田誠描くところの「セロニアス・モンク」で、表紙のためだけにでも買っておくべきでした。残念。

なぜ週刊文春のことを書いているのかと申しますと、それは松居一代の件。松居さんは私と同年代の女性で、彼女は「酉の七赤」生まれ。今年は「酉年」ですから、酉年生まれの人は心が浮つくのです。じっとしていられない。

船越英一郎との離婚問題は何年にも渡ってくすぶっていたことなのでしょうが、ここに至って松居さんは行動しはじめる。それは彼女が酉年の生まれだから。動きたくなるのです、今年は。

しかし、気分で動いてはいけないの、今年の酉年生まれは。動けば、それは自滅へつながってゆく。行動を起こすなら、去年なんです。タイミングを逸している。

石破茂も同じく酉年生まれ。石破さんと私は誕生日が一週間しか違わないのですが、私は1月生まれで彼は2月生まれ。彼の言動を見ていますと、たとえ誕生日が近くても、干支も九星も違えば、腹の中がこんなにも違うのかと思わされます。

石破茂も酉年ゆえに、今年は浮ついている。党が苦しくなると逃げるんだな、この人。かつて自民が下野して細川政権が出来たとき、後ろ足で砂をかけるように離党。

鳩山政権誕生で再び自民が下野したとき、石破さんは総裁選には出馬せず、あのときは谷垣さんが総裁になった。そして政権を奪い返すと今度は総裁選に出馬する。これだけで、谷垣さんにあって石破さんにないものが、よくわかります。現在は、安倍批判真っ只中。そんなことでは、同僚から信頼されません。己れを律する哲学もなければ、党を背負って立つ覚悟もなく、気分で行動する小者は総理総裁の器ではない。

石破さんの推進する緊縮金融、緊縮経済では、日本経済は縮んでしまう。これからの日本を担う若い世代のためにも、日本はデフレからは脱却しなければならないのです。同じく酉の七赤・民進党の野田さんも緊縮金融、緊縮経済主義者で、酉の七赤には「散財」のイメージがあるのですが、国家のことになると「緊縮」がお好みというのがなんとも不思議。

松居さんも60歳にもなって、いつまでも鼻持ちならない女でいては(藤本義一の11PMに登場したときから、鼻持ちならない女だったけれど)、苦労がちっとも身についていないと言われます。還暦になったら、もう少し「お利口さん」にならないと。60年も生きて来たら、男との丁々発止は幾度か経験しているでしょう。割れた瀬戸物が元には戻らないように、破綻した男女の仲も元には戻らない。戻るのはお芝居の中の絵空事だけ。去ってゆく男など、未練がましく追っかけない。


  驟雨くる気配に背伸びフラミンゴ

  

 
スポンサーサイト
NEXT Entry
ジャンボ宝くじ当てよう会 サマー・ジャンボ
NEW Topics
ローマの休日
申の月の「寅の日」
鑑定スケジュール(~8/31)
金正恩、ひとまず緊張から緩和への決断
気になる今年の稲穂
米国、北朝鮮渡航者に8月中の国外退去呼び掛け
暑気払い
政治の夏
追悼 ジャンヌ・モロー
安倍首相、「7」のつく年は要注意
本日、土用に入ります
ジャンボ宝くじ当てよう会 サマー・ジャンボ
酉年生まれ、ご注意遊ばせ
小暑、7月のはじまり
夏越の祓(なごしのはらえ)
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

れいらん

Author:れいらん
ご訪問ありがとうございます。

東洋占術歴40年になります。占い師とは「人を幸せに導く職業」だと思ってきました。同時に、多くの方のさまざまな悩み苦しみに接し、人ひとりが人生を生きく抜くことの困難さに思いを馳せずにはいられません。思えば私たちの人生はこころの旅であり、こころには喜びが必要です。こころがつらいとき、どんなに強い人でも自分を支えていくのは難しいことです。その苦しみからどうやって抜け出すか、私の占いが少しでもお役に立てれば幸いです。占いを通じて多くの方々の人生に接してきました。その喜びや哀しみに共感し、一喜一憂する日々はまた、私自身のこころの旅でもありました。

長きにわたり、ご紹介のお客さま限定の対面鑑定をしてまいりましたが、少しでも多くの方のお力になりたいと思い、このブログからの電話鑑定も受け付けることにいたしました。電話が苦手という方にはメール鑑定もご用意しておりますが、電話の方がよりニュアンスが伝わりやすいと存じます。

東洋占術にはそれぞれ得意とする分野があり、ご相談の内容によりもっとも適切な占術をこちらで判断の上、鑑定いたします。

ご依頼の方は、カテゴリの「鑑定の申込み方法」をクリックし

 leilan808@gmail.com

まで、ご連絡くださいませ。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR