fc2ブログ
2024. 02. 12  


四国犬が暴れている。

群馬県伊勢崎市の公園で小学生ら12人が中型犬である四国犬に噛まれ、怪我をした事件。

2/5のブログで今月は刃傷沙汰が多くなると書いたが、犬に噛まれるのも刃傷沙汰だ。刃物が犬歯に置き換わっただけのこと。

日本古来の犬、四国犬ってどんな犬?特徴や性格、飼い方をご紹介! | ペットニュースストレージ(ペット保険のペット&ファミリー損保) さん

そもそも四国犬とは、かつては土佐犬といわれた「猟犬」だ。山で鹿やイノシシを追って仕留める狩りの片割れで、猟銃と対になって働く激しい気性をもった犬である。愛玩犬ではない。狩猟犬は猟師のもとで飼われるべきで、一般人がペットとして飼うのは、禁止すべきではないかと思う。

飼い主には非常に忠実なのが四国犬の特徴といわれるが、よそ者には警戒心が強く、ふとしたことから噛みつく攻撃的な面をもっている。山で猟をする人にとってはこのうえなく頼りになるが、一般人の愛玩犬にはまったくむいていない。

この種の中型犬は大型犬よりも危険だといわれる。俊敏性を備えているために一瞬の隙を狙ってかみついてくる。

四国犬が眼を細め、耳をうしろに伏せ、背毛を立てて向かってきたら、絶対に背中をみせず、大声を上げないで対峙するしかない。時をかせぎ、少しずつ後ずさりして犬の退去を待つしかない、と教えられた。

ニホンオオカミと交配したという伝承をもつ、こんな危険な犬を一般家庭で飼うのは、迷惑なことである。

世界中が注目!カリスマドッグトレーナー「シーザー・ミラン氏」の正体とは!?|犬の総合情報サイト ペットスマイルニュースforワンちゃん さん

「カリスマ ドッグトレーナー」というTV番組をアメリカにいた頃、よく観ていた。

シーザー・ミランはメキシコからの移民。犬の散歩のバイトは、当座食べていくための算段だったが、そのうちカリスマトレーナーになってしまうのだ。アメリカン・ドリームの体現者だった。

飼い主がお手上げのダメ犬、問題犬が、従順な犬に変わっていくのがじつに見事だった。シーザー・ミランは、ほとんどのケースが飼い主に問題があると指摘していた。飼い主がリラックスして対応すれば、犬もリラックスするというのが持論である。同感だ。

私はごん太という雑種犬を飼っていたことがある。そのとき感じたのは、犬を見れば飼い主の気質が分かるということ。無駄に吠えたり、噛みグセのある犬の飼い主は大抵問題のある人物で、飼い主仲間と揉め事を起こした。キャンキャンとうるさく吠える犬の飼い主は、大抵神経質だ。人間の子どもだって同じことで、この親にしてこの子ありなのだ。

裏"ツーリングマップル!? -地図に載せきれない・載せられない取材ネタ- Vol.11 犬も目指した?伊勢神宮~ さん


江戸後期、文政年間に四国の阿波で突如として起こった、伊勢神宮をめざした「お蔭参り」。若い頃、文政と天保のお蔭参りについてあれこれ資料を整理していたら、人間のことよりも「犬たちの冒険旅行」に眼を奪われたことがある。

飼い犬をひとりぼっちで伊勢参宮に向かわせるというのだ。

飼い主の主人公が病をえてその年の伊勢参りが出来なくなったとき、犬の首に注連縄を巻き、そこに伊勢参宮をこの犬に託する旨の手紙をつける。もちろん餌代に相当するお金もつけて、お伊勢参りの人達に紛れて、参宮代参を犬に託したという。

広重の「伊勢参宮宮川の渡し」や「東海道五十三次四日市」にも、この「お蔭犬」といわれた犬たちが描かれている。

道中この犬に出会った人々はエサを与え、寝床も用意して面倒をみたのだろう。けっして贅沢な旅行ではなかったお蔭参りの人々にとって、迷惑ともいえるこの犬の面倒をみるのは楽なことではなかったはず。それでも伊勢参宮の人々にあった優しさが、この犬の代参を助けた。

何日間も見知らぬ旅をしてようやく着いた伊勢神宮では、神官が竹筒にはいったお札を犬の注連縄につけて返したという。

福島須賀川の十念寺には、伊勢参りを代参した「シロ」の犬塚がある。須賀川の旧家市原家に飼われていたシロはかねがね利口な犬だという評判だったが、ある年主人が病に倒れ、恒例の伊勢参りにいけなくなったとき、シロの代参があった。

シロは2か月後に伊勢内宮のお札を首の竹筒に入れ、ふらつきながら福島まで返ってきたという。あっぱれなシロのお伊勢参りが今日に伝えられている。

シロの犬塚
犬好き必見!!福島県須賀川からお伊勢参りに行った忠犬「シロ」の犬塚 | 福島県 | トラベルjp 旅行ガイド さん

明治以来、政府の方針で洋犬ばかりとなつてしまったが、日本には昔から住み着いていた村落犬や地域犬がいた。秋田犬、川上犬、紀州犬、甲斐犬、柴犬など、みな優れた里犬だった。

さっきの、犬を見れば飼い主の気質が分かるではないが、一般に日本犬は日本人と同じで愛想はそれほどよくないが、きりりとして躾けがしやすい。賢いのだ。それに比べるとアメリカの犬はやたら愛嬌があって愛(う)いヤツなんだが、犬なのにきりっとしたところがない。だからどうにも物覚えがよくない。なんて言ったら「レイシズム!」なんて、矢が飛んでくるかな(笑)

秋田犬とかいうパワー系日本犬wwwww : 哲学ニュースnwk


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
養生
2024-02-12_191313_convert_20240212191515.png

13日(火)は、北日本の一部を除き、広い範囲で晴れて穏やかな天気になります。気温はぐんと上がって、2月の北海道で10℃、東京では16℃と4月並みの陽気になります。北海道や東北北部では風が強く、日本海側ではにわか雨の可能性があります。

気圧は低下しますので、頭痛など出る人もいるでしょう。早め早めの五苓散を。

2024-02-12_191350_convert_20240212191443.png


2023-04-04_155351_convert_20230404155748.png

レバーは五行は肝木に属し温性。肝臓ですから、肝木の春にはもってこいの食材です。肝臓強化、目の疲れ、こむら返り、肩こり、生理痛、貧血、不眠、ストレスなどによく、春に向かっていくこの季節には摂りたい食材ですね。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2月13日(火)の運勢

【一白水星】出会いのコツってものがある。それは「素敵な相手を見つけよう」と意識しないこと。恋人でも、友だちでも、目の前の人と居ることを楽しみ、会うことを重ね、結果としてそういう関係になる。見つけて捕まえても、捕まえたものは逃げていく。まずはニッコリ笑顔でいこう。

【二黒土星】暗剣殺と日破。何でも「善い悪い」の価値観で考えなくていい。誰かとなんとなく上手くいかなかったら「何が悪かったんだろう」なんて考えなくてよし。たいては善いも悪いもなく、タイミングが悪かったとか、なんとなくだから。運転慎重に。階段から落っこちないようにしてね。

【三碧木星】運気よし。どんな感情も時間がたてば落ち着いてくる。ネガティブな感情だけでなくポジティブな感情も。「好き」「欲しい」という気持ちも、時間をおけば冷静になる。一目惚れしやすい人、衝動買いしやすい人は、気持ちが盛り上がっているときこそ、クールダウンしましょ。

【四緑木星】ストレスを抱えたときは、今まで乗り越えたもっと大変な時期を思い出してみる。あれでも大丈夫だったんだから、大丈夫だわって。どんな人にも「なるようにする」「ぼちぼちやる」能力が備わっている。気持ちはフワフワして持続性がないから、他に意識を向けていれば薄れる。

【五黄土星】どうするか悩んで、無理そうだったらやめる。無理じゃないなら追いかける。それで大体うまく行く。うまく行かないときは、無理なのに追いかけてる。無理じゃないのに、やめている。幸せって漠然としているけど、自分の環境を自分に最適化させること。自分が心地いいように。

【六白金星】今日は元気。自分で自分を甘やかしても誰にも迷惑かからないし、自分で自分の機嫌とっても誰にも迷惑かからない。だから思う存分やりましょうよ。会いたい人に会う。行きたい場所に行く。欲しい物を買う。推しを推す。少し学びよく遊ぶ。旬のものを食べる。十分な睡眠をとる。

【七赤金星】○○してくれるかな、××してほしいな、受け身で生きていくのは辛いものよ。相手の反応次第で不安になってしまうからね。〇〇したい、××しよう、今日は能動的に生きましょ。いろんな世界を探検するのは、あなた。希望はあるか無いかじゃなくて、持つか持たないか。運気よし!

【八白土星】自分の生きる世界と他人の生きる世界は違う。でも同じ空間にいるから、ついつい同じ土俵にいると思ってしまう。それは大きな勘違い。土俵が違うんだから、嫉妬も比較もマウンティングも、全く意味がない。気にしなくて大丈夫。マウンティングされたら、離れるのが一番。

【九紫火星】運気強し。やりたいと思ったその瞬間がやりどき。やめたいと思ったその瞬間がやめどき。今日は超シンプルでいい。カンが正しく働くから、良さそうと思えばやってみれば良し。危ないと思ったら手を出さない。ただし人は見下さない。感謝しよう。「ありがとう」を言おう。

NEXT Entry
この日に買えば最強【バレンタイン・ジャンボ宝くじ】
NEW Topics
鑑定スケジュール 【最新】
2024年は「生成AIのカンブリア爆発初期」
春は地震の季節
草木萠動(そうもく めばえ いずる)/秘密保護法改正は日本復興の鍵
幸せなほうじゃのう
二月は逃げて走る/アメリカ・中国・ドイツ「驕れるものは久しからず」
ひとりでも安心! 大地震を生き延びる防災
中山記念、阪急杯 予想とひとり反省会
逮捕された中国女性は「呉麗香」/石岡タロー
鑑定スケジュール 
霞始靆(かすみ はじめて たなびく)/秋葉原の中国秘密警察に公安が動いた
天皇誕生日によせて「陽はまた昇る」
習近平の台湾併合「方法論」/春の「プチうつ病」
タッカー・カールソンの「プーチンインタビュー」とナワリヌイの死
パニック障害「身体の中を子豚が走る」ナゾ
雨水/土脉潤起(つちのしょう うるおい おこる)
フェブラリーステークス 予想とひとり反省会
『ある行旅死亡人の物語』
鑑定スケジュール 
黒い肌をした「赤い貴族」ミシェル・オバマ
セックスせずに妊娠したい
「婚活」こんな人には要注意
魚上氷(うおこおりをいずる)/牛乳の摂り過ぎは未病か
この日に買えば最強【バレンタイン・ジャンボ宝くじ】
犬も暴れる五黄の寅
初午/「スギ花粉」今年はメチャクチャ早い!
N響事件と小澤征爾/建国記念の日
鑑定スケジュール 
五黄の日/魔除け/バブル崩壊後の中国は80年代ソ連と同じ道をたどる
黄鶯睍睆(うぐいすなく)/自分にパワハラしたお局が憎くて忘れられない
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

れいらん

Author:れいらん
ご訪問ありがとうございます。

東洋占術歴46年になります。占い師とは「人を幸せに導く職業」だと思ってきました。同時に、多くの方のさまざまな悩み苦しみに接し、人ひとりが人生を生きく抜くことの困難さに思いを馳せずにはいられません。思えば私たちの人生はこころの旅であり、こころには喜びが必要です。こころがつらいとき、どんなに強い人でも自分を支えていくのは難しいことです。その苦しみからどうやって抜け出すか、私の占いが少しでもお役に立てれば幸いです。占いを通じて多くの方々の人生に接してきました。その喜びや哀しみに共感し、一喜一憂する日々はまた、私自身のこころの旅でもありました。

長きにわたり、ご紹介のお客さま限定の対面鑑定をしてまいりましたが、少しでも多くの方のお力になりたいと思い、このブログからの電話鑑定も受け付けることにいたしました。電話が苦手という方にはメール鑑定もご用意しておりますが、電話の方がよりニュアンスが伝わりやすいと存じます。

東洋占術にはそれぞれ得意とする分野があり、ご相談の内容によりもっとも適切な占術をこちらで判断の上、鑑定いたします。

ご依頼の方は、カテゴリの「鑑定の申込み方法」をクリックし

 leilan808@gmail.com

まで、ご連絡くださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR