fc2ブログ
2023. 12. 04  
550229a1114dc31b0ac27ec24a8e7e7a_(2)_convert_20231206173602.jpg


香港民主化の支柱「周庭(アグネス・チョウ)」の亡命宣言

香港民主化の精神的支柱であるアグネス・チョウが、香港を離れカナダにいることを明かし、事実上の亡命宣言をした。

「一生、香港に戻れない…」というところで、不覚にも涙があふれてしまった。齢をとると涙もろくなるが、それだけではない。異国に長く暮らした経験があるので、アグネスの心の奥に在る、消し去りがたい望郷の念、これが痛いほど分かる。

しかも動乱の時代に、故国ポーランドに帰りたくても帰ることができなかったフレデリック・ショパンに、アグネスの人生が被ってしまう。ショパンの没後、彼の心臓はコニャックに漬けられ、お姉さんの手によってやっとポーランドに帰ることができた。

「ポロネーズ」にはじまり「マズルカ」に終わったショパンの創作活動。それは、忘れがたき故国ポーランドへのオマージュである。




香港民主運動のシンボル的存在、周庭(アグネス・チョウ、27歳)が、香港警察に逮捕されたのは、2020年8月。天安門事件と同じような衝撃だった。違いは、天安門のような大規模な一斉抑圧か、アグネスのような支柱を逮捕し見せしめのための脅しかだが、目的は同じことである。

「一国二制度」政策の下、具体的政策のありかたは中国政府が決めるのだから、香港民主化運動の幹部が逮捕されるのは予想されていたことだった。アグネスは、中国共産党にとって目の上のコブだった。

しかし、日本や欧米諸国で有名になったアグネスに手を出せば、欧米の反感が高まることは分かっていながら、逮捕へと踏み切った背景には、欧米ができることは限定的だと見切ったからだ。香港問題で、欧米が中国に対して軍事力を行使することは考えにくく、できるのは経済制裁や人の往来の制限ぐらいだ。

たとえ欧米の制裁を受けても、中国にとっては、香港を完全に掌握することの方がより重要だということ。

ジョージ・オーウェルの『動物農場』は、とある農園の動物たちが、劣悪な農場主を追い出して理想的な共和国を築こうとするが、指導者の豚が独裁者と化し、恐怖政治へと変貌していく過程を描く。

スペイン内戦に自ら参加した体験を持つジョージ・オーウェルが、人間を豚や馬などの動物に見立てることで20世紀前半に台頭した全体主義やスターリン主義への痛烈な批判を寓話的に描いた物語である。

資本主義を打倒して共産主義政権を樹立した結果、前よりも酷い階級格差が生じてしまう皮肉。

日本の近隣諸国は、第二次世界大戦で敵国日本を倒して共産主義政権を樹立した結果、戦前の日本よりも酷い全体主義国家になっている。

アグネスは今年9月に香港を離れ、カナダの大学院に留学した。

「日本の皆さん、自由を持っている皆さんがどれくらい幸せなのかを分かってほしい。本当に分かってほしい」

アグネスの言葉が心に沁みる夜だ。

20210211124619_convert_20231204163732.jpg
花様年華(よき時代の香港が描かれている大好きな映画)

香港のまとめをしてみましょうね。れいらんの「誰にでも分かる香港事情」いっきま~す。

アヘン戦争のときにイギリスが奪い取ったのが、赤い香港島の部分。これが南京条約。で、アロー戦争のときにイギリスは九龍を奪う。こっちは北京条約。香港島と九龍はイギリスに割譲されてしまったので、返す必要はなかった。そして日清戦争のあとの中国分割のときに、またイギリスは清国政府と協定を結んで、新界と島部を99年間レンタルする条約を結んだ。つまり香港は三段階で広がっていった。

①南京条約で英領
②北京条約で英領
③英の租借地(99年間)
 1898(明治31)~1997(平成9)

③の租借地だけは1997年に返す約束になっていた。

710A015A-02B0-4443-A41E-0238ECEAA5B4_convert_20231204164948.jpeg

さて、第二次世界大戦で中国は連合国側に立った。それで同じ連合国のイギリスは戦後労働党政権だったが、これは社会主義政権だから中国共産党にめちゃ甘い。ということで1949年に毛沢東が政権をとると、労働党のクレメント・アトリー首相は③を返還するとすぐ約束するのね。「ゆりかごから墓場まで」なんてのは、社会主義者のアトリーが始めたことで、これは後に英国病と呼ばれる、働かないであわよくば公金チュウチュウで食べさせてもらおうという人々を量産した。

で、1980年代になって中国は改革開放によって、どんどん経済成長していった。この経済力を背景に中国はイギリスと交渉して、97年には①~③を全部返してくれませんかと言ってきたのだ。それをイギリスは受け入れた。その代わり鄧小平は「イギリスは中国にどんどん投資してもいいですよ」と、餌をまいた。

2762 中国は見る(1503) イギリスのサッチャー元首相 中国を4回訪問 鄧小平とやりあう: 有縁ネット

当時のイギリスはマーガレット・サッチャーの時代。彼女は保守党党首で反共だから、当時のソ連と丁々発止をやって、それで「鉄の女」なんてソ連のマスメディアが揶揄した。

サッチャーは鄧小平に、「分かりました。すべて返還します。ただし……」と条件をつけた。「香港はこれまでイギリス型の言論の自由を認めてきました。イギリス政府を批判することも自由でした。あなたの国はどうなんですか?」と尋ねる。「中国に返還したとたんに自由が奪われて、秘密警察が横行するようでは困りますよ」「せめて返還から50年間は、香港の自由を約束してくれませんか」とサッチャーは要求し、これを鄧小平が呑んだのが「84年香港返還協定」だった。天安門事件の5年前の出来事である。

その後、天安門があってイギリスとの関係も冷えるのだが、約束通り97年にイギリスは香港を返還した。50年間は自由主義を保証するという「一国二制度」体制を認めさせたうえでのことだった。このとき中国は江沢民の時代になっていた。

この直後に鄧小平は亡くなる。彼の功績は改革開放で中国が豊かになったことと、香港返還を約束させたことである。ここから2020年までは香港の自由はそれなりに守られていて、香港議会は選挙によって選ばれていた。

しかし香港というのは、中国共産党から見ると諸刃の剣なんですね。まず香港には西側諸国からお金が入ってくる。それゆえに、この窓は開けて置いた方がいいということになった。同時に、香港の自由が中国本土に伝染してしまうと、再び天安門事件のようなことが起こる恐れがある。ならばどっちをとるか? 

カネよりも共産党一党独裁をとったのが習近平である。彼は、徐々に香港に対して言論弾圧を強めていく。これに香港の人々が反発して2019年には学生たちを中心に100万人のデモが香港の街を埋め尽くしてしまった。天安門のように軍隊は出動しなかったが、このときは警察が暗躍した。

で、2020年に北京の全人代が「香港国家安全法」を制定。これは香港において共産党への批判は許さない。香港の独立を求める運動は許さない。外国からの支援を受けることは許さない。そして取締りは中国政府の出先機関が行うとした。

これで完全に香港の自由は失われた。つまりサッチャーと鄧小平の間で交わされた「50年間は香港の自由を守る」という約束は、習近平によって破られたのである。とても残念なことだが、香港に自由は無くなって、多くの若者が逮捕された。

彼らの精神的支柱がアグネス・チョウだった。彼女は2020年に逮捕されたが、そのときのPTSD、そして鬱病に苦しめられたという。

「この数年、恐怖から逃れる自由がどれだけ貴重なのかを切実に感じている」「言いたいことも言えるし、したいこともできる」「自由は得難いものだ」

12月3日、27歳の誕生日を自由な空の下で迎えたアグネス・チョウは、現在の心境をこう語った。子の四緑木星。


9_(12)_convert_20231204174708.jpg


---------------------------------------------
養生
GAfTIQXbUAAgnfk_convert_20231204182815.jpg

5日(火)は、西日本の太平洋側や北日本の日本海側で雨の降るところが多くなります。関東など東日本も雲が多くなる見込みで、昼間の気温は今日より少し下がる見込みです。太平洋側で気圧が大きく低下しますので体調の維持に注意してくださいね。

2023-12-04_182556_convert_20231204182652.png


けんたさんの「鶏ぶつ切りスープ」


けんたさんのサイト「ぷちぐる」←開設されて18年になるそうですが、その頃から拝読しています。長いことほんとうにお世話になって、感謝しかありません。「座右の書」がまさに一緒なんですよね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

12月5日(火)の運勢

【一白水星】運気強し。やりたいと思ったその瞬間がやりどき。やめたいと思ったその瞬間がやめどき。今日は超シンプルでいい。カンが正しく働くから、良さそうと思えばやってみれば良し。危ないと思ったら手を出さない。ただし人は見下さない。感謝しよう。「ありがとう」を言おう。

【二黒土星】今日は自分のためにやりたいことをやる。ただ「どうしたら、やりたいことが見つかるの?」という人がいる。これが問題になる人は小さい頃から自分の意見を否定されて育った人に多い。否定されるから「やりたいものを無くす」という形で適応してきた。先ずは美味しいものでも食べてみる?

【三碧木星】「ツイてない」と思う日はあまり動かない方がいい。一時的なものだし、今日は突発的なことが起こりやすい日だからね。何しても文句を言う人はいるのよ。気にしていたら何もできないわ。自分のやることが誰か一人にでもプラスになるのなら、それでいいのよ。二黒と四緑に注意。

【四緑木星】暗剣殺だけど運気よし。どんな感情も時間がたてば落ち着いてくる。ネガティブな感情だけでなくポジティブな感情も。「好き」「欲しい」という気持ちも、時間をおけば冷静になる。一目惚れしやすい人、衝動買いしやすい人は、気持ちが盛り上がっているときこそ、クールダウン。

【五黄土星】気分がもやもやしたり、不安だらけのときはのんびり過ごす。疲れているときに無理して頑張っても、良いものはできないのよ。何もしないのも大事な仕事です。ポーっとできるときは、心乱すものがない喜びを味わいましょう。一瞬でもいいから。疲れやすいので無理しないでね

【六白金星】昨日よりも元気が出てくる分、人の為に時間を取られるけれど、できる範囲で協力しよう。どんな人にも各々の人生があって、苦労して悩んで生きている。そしてその人にしかその人の気持ちは分からない。みんな孤独で頑張っているのよ。人への尊厳ってそこの理解から始まる。

【七赤金星】日破。誤解されると訂正したくなるけど、訂正することでかえって誤解されることもある。場合によっては放置しておいたほうがいいことも。誤解してもらってはどうしても困る人だけに誤解をとけばいいのよ。「誤解するのも自由だしね」って思うとスッキリする。それでも今日は元気。

【八白土星】運気は強いけど、「話通じないな」って感じの人に出会ってしまったら2秒で諦めて感情をオフに。スルーする力はとても大事。でも、スルーすると相手に申し訳ないって気分になる人もいるけど「人じゃなくて、建設的じゃない言動をスルーする」のね。無視とは違うから大丈夫。

【九紫火星】運は最初から当てにすると無くなるのよ。「やれるだけのことをやって、もう、後は運にお任せするしかない」って人が運を味方につけられる。「運がいいから、これぐらいで何とかなるだろう」って甘えちゃダメよ。運にも心があるからね。それでも頑張れないときは「ぼちぼち」で。


NEXT Entry
SNSで不快な相手の監視がやめられない
NEW Topics
鑑定スケジュール 【最新】
2024年は「生成AIのカンブリア爆発初期」
春は地震の季節
草木萠動(そうもく めばえ いずる)/秘密保護法改正は日本復興の鍵
幸せなほうじゃのう
二月は逃げて走る/アメリカ・中国・ドイツ「驕れるものは久しからず」
ひとりでも安心! 大地震を生き延びる防災
中山記念、阪急杯 予想とひとり反省会
逮捕された中国女性は「呉麗香」/石岡タロー
鑑定スケジュール 
霞始靆(かすみ はじめて たなびく)/秋葉原の中国秘密警察に公安が動いた
天皇誕生日によせて「陽はまた昇る」
習近平の台湾併合「方法論」/春の「プチうつ病」
タッカー・カールソンの「プーチンインタビュー」とナワリヌイの死
パニック障害「身体の中を子豚が走る」ナゾ
雨水/土脉潤起(つちのしょう うるおい おこる)
フェブラリーステークス 予想とひとり反省会
『ある行旅死亡人の物語』
鑑定スケジュール 
黒い肌をした「赤い貴族」ミシェル・オバマ
セックスせずに妊娠したい
「婚活」こんな人には要注意
魚上氷(うおこおりをいずる)/牛乳の摂り過ぎは未病か
この日に買えば最強【バレンタイン・ジャンボ宝くじ】
犬も暴れる五黄の寅
初午/「スギ花粉」今年はメチャクチャ早い!
N響事件と小澤征爾/建国記念の日
鑑定スケジュール 
五黄の日/魔除け/バブル崩壊後の中国は80年代ソ連と同じ道をたどる
黄鶯睍睆(うぐいすなく)/自分にパワハラしたお局が憎くて忘れられない
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

れいらん

Author:れいらん
ご訪問ありがとうございます。

東洋占術歴46年になります。占い師とは「人を幸せに導く職業」だと思ってきました。同時に、多くの方のさまざまな悩み苦しみに接し、人ひとりが人生を生きく抜くことの困難さに思いを馳せずにはいられません。思えば私たちの人生はこころの旅であり、こころには喜びが必要です。こころがつらいとき、どんなに強い人でも自分を支えていくのは難しいことです。その苦しみからどうやって抜け出すか、私の占いが少しでもお役に立てれば幸いです。占いを通じて多くの方々の人生に接してきました。その喜びや哀しみに共感し、一喜一憂する日々はまた、私自身のこころの旅でもありました。

長きにわたり、ご紹介のお客さま限定の対面鑑定をしてまいりましたが、少しでも多くの方のお力になりたいと思い、このブログからの電話鑑定も受け付けることにいたしました。電話が苦手という方にはメール鑑定もご用意しておりますが、電話の方がよりニュアンスが伝わりやすいと存じます。

東洋占術にはそれぞれ得意とする分野があり、ご相談の内容によりもっとも適切な占術をこちらで判断の上、鑑定いたします。

ご依頼の方は、カテゴリの「鑑定の申込み方法」をクリックし

 leilan808@gmail.com

まで、ご連絡くださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR