2016. 09. 01  


8月下旬、太平洋に三つの台風(9・10・11号)が発生。

まず11号が8月22日に三陸沖を北上し北海道に被害をもたらしました。続いて9号は千葉の房総半島に上陸、これは関東一円がやられています。そして今回の10号。観測史上はじめてという岩手県への上陸。その後青森・北海道と弓なりに北上し、これもまた甚大な被害をもたらしました。

この三つの台風進路にあった地区は、今後地震に気をつけてください。現在、東洋暦では地震が起こりやすい状況になっているのですが、台風の通り道には特に地震が起きやすいので、9月7日まで要注意です。

折りしも93年前の今日は関東大震災のあった日です。

1923年(大正12年)9月1日11時58分、相模湾北部を震源とする海溝型の巨大地震が発生。地震そのものの規模は最大級とは言えないが、人口密度の高い地域と、火災により観測史上最大規模の死者14万人、現在の貨幣価値に換算して約320兆円という甚大な被害をもたらしました。

11時58分32秒に発生したM7.9の本震から3分後の12時01分にM7.2、5分後の12時03分にM7.3という巨大な揺れが三度発生した「三つ子地震」であることが最新の研究で判明しています。つまり、本震の震央が神奈川県西部、続いて東京湾北部、山梨県東部が三つの地震の震源となっていたそうで、地震の主要動が10分間にわたって継続したと言われています。

被害は東京、神奈川、千葉、埼玉、静岡、山梨に及ぶ広大な地域で震度6以上の揺れが発生。震度7の地域は、本震の震央とされる神奈川県の小田原から鎌倉にかけての相模平野一帯から横浜、東京、房総半島南部にと広範囲に広がり、ことに20cm以上の強い揺れは1分以上続いたとも伝えられています。

今回の台風進路にあった地区のみなさんは何度も大きな地震を経験していますので、防災の準備は怠りないと存じますが、どうか再チェックをお願いします。

大きな地震が来ないことを祈って。

スポンサーサイト
NEXT Entry
暦は8月から9月へ
NEW Topics
本日は「処暑」、なぜか埼玉
ローマの休日
申の月の「寅の日」
鑑定スケジュール(~8/31)
金正恩、ひとまず緊張から緩和への決断
気になる今年の稲穂
米国、北朝鮮渡航者に8月中の国外退去呼び掛け
暑気払い
政治の夏
追悼 ジャンヌ・モロー
安倍首相、「7」のつく年は要注意
本日、土用に入ります
ジャンボ宝くじ当てよう会 サマー・ジャンボ
酉年生まれ、ご注意遊ばせ
小暑、7月のはじまり
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

れいらん

Author:れいらん
ご訪問ありがとうございます。

東洋占術歴40年になります。占い師とは「人を幸せに導く職業」だと思ってきました。同時に、多くの方のさまざまな悩み苦しみに接し、人ひとりが人生を生きく抜くことの困難さに思いを馳せずにはいられません。思えば私たちの人生はこころの旅であり、こころには喜びが必要です。こころがつらいとき、どんなに強い人でも自分を支えていくのは難しいことです。その苦しみからどうやって抜け出すか、私の占いが少しでもお役に立てれば幸いです。占いを通じて多くの方々の人生に接してきました。その喜びや哀しみに共感し、一喜一憂する日々はまた、私自身のこころの旅でもありました。

長きにわたり、ご紹介のお客さま限定の対面鑑定をしてまいりましたが、少しでも多くの方のお力になりたいと思い、このブログからの電話鑑定も受け付けることにいたしました。電話が苦手という方にはメール鑑定もご用意しておりますが、電話の方がよりニュアンスが伝わりやすいと存じます。

東洋占術にはそれぞれ得意とする分野があり、ご相談の内容によりもっとも適切な占術をこちらで判断の上、鑑定いたします。

ご依頼の方は、カテゴリの「鑑定の申込み方法」をクリックし

 leilan808@gmail.com

まで、ご連絡くださいませ。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR