fc2ブログ
2022. 07. 06  
コルシカ(西北)

7/6(水)の天気頭痛予報: 台風から変わった低気圧が通過、関東甲信・東海・近畿では大雨になる恐れ。水害に警戒をお願いします。 気圧は東日本などを中心に午前中に⤵低下が大きくなり、午後は⤴上昇して変動が大きくなっていくでしょう。体調に気をつけましょう。 気温は東西日本を中心に気温が高く、蒸し暑くなりそうです。

FW5Xw3NUEAAmhax_convert_20220705200111.jpg


マイケル・ジャクソンは強い不眠に悩んだ末、主治医に全身麻酔薬を投与され、呼吸が止まって亡くなった。

眠るために命を落としてしまうことなど、本来あってはならない。マイケル自身も、このような形の結末は不本意だったに違いない。

彼は二か月間も熟睡していなかった。一度でいいから全身の力を抜いて、しっかりリラックスし、マイケルを苦しめた痛みや倦怠感から解放されたかったろう。そしてスッキリと目覚め、一日の始まりを迎えたかったはずだ。

michaeljackson_convert_20220705234916.jpg

横になってもまんじりともせず、寝返りばかり打ってつらい、という悩みは「ぜいたくな悩み」と映ってしまうかもしれない。30代のころ「眠れない」と医師に訴えたら、「睡眠不足で死ぬことはない」と、慰めにもならない言葉を投げつけられたことがあった(笑)

睡眠薬というものは必ずしも「快眠」の望みをかなえるものでもない。効き目がマイルドだと眠るまでにひどく時間がかかったり、眠りが浅くて夢見が多く、朝起きても昨日の疲れを引きずっているように感じられたりすることもある。

一方、麻酔薬は深い昏睡状態に導く。過去に二度、手術のために全身麻酔をした経験があるのだが、「あーあ、よく寝た!」と思って麻酔から覚めたことがない。麻酔で寝てから目覚めるまでが、ほんの一瞬のように感じられるのだ。「え、もう終わったの!」みたいな、あの感じは麻酔ならではの不思議さだ。自然な睡眠と違って深い麻酔では、時間経過を意識する部分も麻痺してしまうのであろうか?

だから、マイケルが一命をとりとめ、うまく麻酔から目覚めたとしても、「一瞬で目が覚めてしまった。グッスリ寝られなかった」と主張し、主治医にもっと強い麻酔を迫ったのではないだろうか。そんなふうに思えてならない。

亡くなった日(2009年6月25日)の前にも、繰り返し麻酔薬を投与していて、ついに致死量を超えてしまったのであろう。

マイケルの死は「夏至」の直後であった。五行説では「火気」の盛んなころであり、心血不足から不安感が強まり、ことに不眠が酷くなっていたのであろう。

季節の上で、夏のこの時期は「不眠」に悩む人がとても増える時期である。

漢方で、不眠症を効能とする漢方薬はあることはあるが、これらはいずれも病的なほどに高まった精神活動を鎮めたり、衰えた体力を回復させたりするのが主な作用であり、「眠らせる」ための薬ではない。

体力が回復すると眠れるようになるものだ。あまりにも心身が消耗してしまうと、神経が過敏になって眠れなくなる人もいる。オーバーヒートした神経系の活動をクールダウンさせるのも、そこそこ体力が残っていないとできない。

酸棗仁湯(さんそうにんとう)という漢方薬は、疲れすぎて眠れない場合に使われる薬の代表格である。この薬の興味深いところは、不眠はもちろんのこと、過眠(寝すぎてしまう人)にも効くという点。睡眠と覚醒のリズムの異常にも効果があるのだ。

つまり「眠れないものは眠れるように」「寝すぎてしまうものは適切な睡眠時間で目が覚めるように」そして「寝たり起きたりの時間が乱れているものは、安定したリズムになるように」と調整してくれる効果がある。

考えてみれば当たり前で、神経が休まるように体力を回復させるのがこの薬の本来の役割なので、疲れすぎて返って寝すぎてしまうような人にも良いわけだが、こんな芸当は西洋医学の「眠らせる薬」には全くできない相談である。

5200056D1032_006.jpg

ただ、世の中には「酸棗仁湯」を飲んだら、余計に具合が悪くなった人もいる。私のお客さまだ。それは、こういうわけだった。

彼女は、幼少のころから母親に厳しくしつけられた人だった。母親の前では気を抜くことができない。朝早くから夜遅くまで、家事を手伝わされていたそうだ。疲れて少しでも寝坊したり、日中うたたね寝をしたりすると、母親からこっぴどく叱られ続けたため、リラックスしたり睡眠をとることに罪悪感を抱くようになってしまったのである。

つまり、「酸棗仁湯」で眠くなると、どこからともなく罪悪感が生じてしまい、具合が悪くなっていた。

こうなると、もはや漢方薬を含め、あらゆる薬物治療は不適切で、カウンセリングなどの手段が必要と思われた。

しかし彼女は、漢方医の人となりをとても信頼していたので、自身の生い立ちを素直に話したところ、先生はさらにマイルドな作用の漢方薬を処方してくださり、今も継続している。不眠症の治療の難しさを改めて思い知らされるケースである。

動物にはなくて人間だけみられる病気、それが不眠症である。

不眠はズバリ「心」が不安定であることから起こる。五行説で「心」は火気に分類される。炎が燃え盛るように、「心」には熱をもって上昇していく性質がある。

夏の暑さに連動して「心」は活発に働くため、今の時期は「心」が消耗しやすい。だから夏は「不眠」に悩む人が多くなるのだ。

そして五臓の母である「肝」が不安定であると、その影響を子たる「心」がまともに影響を受けてしまい不安定になって、不眠となる。マイケル・ジャクソンの不眠は、おそらくこれだろう。

漢方では「酸棗仁湯」「抑肝散」「帰脾湯」がよく処方される。これらのいいところは、西洋医学の睡眠薬と違って、依存性がないことである。


ゲルニカを見つめる子ども
guernica-kid_convert_20220705173707.jpg


7月6日(水)の運勢

【一白水星】早め早めの行動が大事。
直感の強さは申し分なく、細かいことによく気がつき、判断も的確。ただ持久力に欠けるので、スピーディに行動しよう。一日の予定は早めに始めて早めに切り上げるような感じでいきたい。連絡は待っていないでこちらから確認を。人を動かす力がある。

【二黒土星】
気分の上がらない日。こういう日はじっくり責める姿勢が向いている。自分一人の世界にこもって黙々と取り組む、みたいなことが功を奏す日。押し入れをごそごそしているような、それがちっともイヤじゃない。焦って行動しても今日は調子が悪いし、眠い。ゴロンと昼寝もよし。

【三碧木星】とても正直な気持ちになって、人を立てたり、人に尽くすような気持ちで、物事がうまく回っていく日。後にその行為は、嬉しい形で返って来る。スマホやパソコンといったヴァーチャルな世界を離れ、手や身体を小まめに動かして働こう。地道な作業をコツコツ進めたい日。

【四緑木星】アイデア豊富でそれがうまくハマる日。ただ今日の出会いは要注意で、他人のゴタゴタした話を聞かされ、かかわると厄介なことになる。そうしたことも含めて、何か意外なことが起きても、慌てず騒がず落ち着いて対応すればよし。計画していたことは順調に捗るので心配要らない。

【五黄土星】語らいの日。遠くに住む人から心温まるような連絡が入る人も。交渉や話し合いは、自分から条件を出せば有利に進む。相手の胸を開かせ、すっと懐に入っていける。つかず離れずの微妙な距離感を保つこと。商売ならば風のようにさっと来て、利益を上げよう。ネット詐欺に注意

【六白土星】自分の考えをしっかり説明しつつ、自分のペースを堅持したい。周囲から振り回されるようなことが起こりやすく、ともすれば厄介なことを持ちかけられます。出来ないことは、断りましょう。むしろ、自分の好きなことを楽しんで上手な気分転換をしたい。自分メンテの日です。

【七赤金星】暗剣殺。運転は慎重に。気が大きくなっているので、鼻っ柱も強くなりがち。人と接するときはちょっぴり自我を抑えて、誠実であることを心がけよう。価値観が合わない相手とは、適度な距離感を保つことも大事。それでも運気は旺盛です。の陽気に幸運が動き出す。勝負運あり。

【八白土星】
なんとなく気分がリラックスして、遊び心がわいてくる。美味しい物を頂いたり、芸術や趣味にふれ上手に気分転換したい日。生きる楽しさを味わおう。ただ、突発的なことが起こって慌てることも。七赤と九紫の人のつき合いに注意して。契約事は慎重に。散財しやすいので注意。

【九紫火星】日破。身内や友人知己にイライラさせられる。物事の進展も遅れがちで、グチが出やすいので無理のない行動を。一方、これは変えられないと思ってたけど、変えてもいいかな…そんな発想が出てきたりする。計画していたことは比較的順調に進む日。年輩の人は転ばないように。

NEXT Entry
小暑
NEW Topics
宗教が捨てられる時代/映画『TOMORROW 明日』
10日に内閣改造
8月運勢
立秋
鑑定スケジュール 【最新】
園井恵子を知っていますか
中国軍 台湾周辺に弾道ミサイル発射
ひとはなぜ逃げないのか?
ペロシ台湾訪問、台湾海峡波高し
山上容疑者「真の動機を隠すために別の動機を語っているのか?」
魔の5年
摂養
鑑定スケジュール
台湾海峡緊迫、ペロシ下院議長訪台をめぐって
「以熱治熱」炎暑の薬膳
死刑
無償の愛を垂れ流す「壊れた蛇口」
8月の転居と旅行、回避するのが得策
「執着を手放す」という「水生木」メソッド
土用の養生(=コロナに罹る前にまず養生)
鑑定スケジュール 
大暑
高熱に麻黄湯
猛暑が心に与える影響
新・悪の枢軸
真面目さの裏に隠された「敵意」
「私、女辞めたの」
ワクチン4回目、熱発す
鑑定スケジュール 【最新】
世界のリーダー相次ぐ辞任
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

れいらん

Author:れいらん
ご訪問ありがとうございます。

東洋占術歴45年になります。占い師とは「人を幸せに導く職業」だと思ってきました。同時に、多くの方のさまざまな悩み苦しみに接し、人ひとりが人生を生きく抜くことの困難さに思いを馳せずにはいられません。思えば私たちの人生はこころの旅であり、こころには喜びが必要です。こころがつらいとき、どんなに強い人でも自分を支えていくのは難しいことです。その苦しみからどうやって抜け出すか、私の占いが少しでもお役に立てれば幸いです。占いを通じて多くの方々の人生に接してきました。その喜びや哀しみに共感し、一喜一憂する日々はまた、私自身のこころの旅でもありました。

長きにわたり、ご紹介のお客さま限定の対面鑑定をしてまいりましたが、少しでも多くの方のお力になりたいと思い、このブログからの電話鑑定も受け付けることにいたしました。電話が苦手という方にはメール鑑定もご用意しておりますが、電話の方がよりニュアンスが伝わりやすいと存じます。

東洋占術にはそれぞれ得意とする分野があり、ご相談の内容によりもっとも適切な占術をこちらで判断の上、鑑定いたします。

ご依頼の方は、カテゴリの「鑑定の申込み方法」をクリックし

 leilan808@gmail.com

まで、ご連絡くださいませ。

月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR