fc2ブログ
2022. 07. 04  
ガパオライス

7/4(月)の天気頭痛予報: 台風4号が4日に九州に上陸しそうです。湿った空気の影響で奄美・九州・四国・近畿南部は大雨に注意してください。北日本と東日本は午後を中心に雷雨の恐れが。蒸し暑いため、引き続き熱中症にご注意ください。九州、四国、中国地方で気圧が大きく低下します。体調の悪化に警戒ください。

◎ゲリラ豪雨や線状降水帯など、激しい雨が降ったあと数時間~数日後に、確りした地震が起きることがあります。

FWuna5XacAADUBq_convert_20220703174001.jpg

FWuV83_convert_20220703175051.jpg


政治家というのは選挙になるとペコペコする。到底できそうもないことを、しますと約束する。そういう行為を彼らにさせるほど、彼らの競争、すなわち選挙には、人を夢中にさせる魔力があるのだろう。

アメリカの大統領選挙は、アメリカ人の半分くらいが気がふれたようになる。大統領選の前に共和・民主両党それぞれに候補者の絞り込みがあって、興奮の波は二度来る。2008年、民主党の予備選で、ヒラリー・クリントンがバラク・オバマに敗れたときのことは、人物の鑑定を生業(なりわい)とする私にとって、いまだに興味が尽きない。

ヒラリーは断然人気だった。「私が大統領に当選した瞬間、アメリカに歴史が作られるのです」演説の中で何度も、彼女はそう言った。満場の聴衆(とくに女)がキャーッと叫ぶ。彼女は絶叫が終わるのを待たずして続ける。「しかし私が大統領選挙に立つのは、私が女だからではありません。自分が大統領として最適任だと信じるからです」再び盛大な拍手。ヒラリー・クリントンは、懸命にジェンダー(性別)を消そうとしていた。

ところが、ニューヨーク・タイムズの世論調査が、妙な結果を出した。ヒラリーと同じほどの年齢で高学歴、高収入、既婚女性の多くは、ヒラリーを支持していないというのだ。答えた人の三分の一は「私の知人の多くもヒラリーを拒否している」と答えた。わずか千五百人強を調べただけだが、いつも「当たる」調査なのである。

女性が自分と似た女性を嫌う。それは同性ゆえの嫉妬なのではないかと、ニューヨーク・タイムズは分析していたが、それは違う。ヒラリーには「人をイラつかせる何か」がある。

5c63864e2400007002a238cc_convert_20220704011956.jpeg

リーダーには、二つの資質が必要だといわれる。「Competence」(有能であること)と「Warmth」(人間としての温かみ)である。前者は「男性性」であり、後者は「女性性」だ。この二つがバランスよく高いことが求められる。

しかし、どちらにも秀でるのはなかなか難しいものだ。結局、「できる」けれども、温かみがなく、「冷たい」人であるとか、「温かい」人だけれども、「できる」という感じではない、などと、どちらかが突出してしまうことが多い。

ヒラリーの場合は、非常に「有能」で「できる」ことは誰もが認めるところだが、「冷たい」印象がまとわりつく。

不幸なことには、これに「ヒステリック」なイメージが加わってしまった。眉間にしわを寄せ、力んだ話し方に、「なんで彼女はいつもそんなに叫んでいるんだ」と揶揄する声があった。

こうしたことが、彼女の致命的な欠点となってしまったのである。

人が「温かく見えるか、冷たく見えるか」は、人の印象を形作る上で、最も大切な要因である。

加えて政治家には、人々の「感情」を支配する力が必要になる。ロジック、「理」だけでは勝てない。

そんなことを考えながら、参院選の候補者を眺めていると、とても楽しめる。

今回の参院選で、ひとつのキーになってくる数字が82である。憲法改正の発議に必要な3分の2は、非改選を含めて166議席だが、この数字に到達する今回の改選議席数が82だ。

改憲に積極的な勢力としては自民党、公明党、日本維新の会、国民民主党があるが、この改憲勢力がどれだけ議席数を伸ばせるか。ただ公明党は改憲には極めて消極的な政党ではあるが。


d2905f52e69becfd44ec57d8437773cb.jpg


7月4日(月)の運勢

【一白水星】
周囲の動向に気を配って、手を貸してあげたり、さりげなく励ましたりすることが開運のポイント。少しの気遣いが、巡りめぐって福を呼ぶ。気持ちにピンと張りが出て、黙々と身体を動かすような一日に。細々としたことがよく片づく。計画通りに物事は進んで行くから大丈夫。

【二黒土星】
目のつけどころがいいので「これ良さそう」と思ったら試すといい。忙しさと引き換えに成果は上々。ただ今日になって新しく持ち込まれた話は、注意して。おいしそうだけど、中身の腐った話です。アイデア豊富で、それがうまくハマるような日。計画していたことも順調に推移。

【三碧木星】暗剣殺。ネットワークを通じての意見交換は積極的に。協力し合うことでメリット大。相手の胸を開かせ、すっと懐に入っていけるような日。ただ、突発的なことで慌てるようなこともある。また、計画していたことが上手く運ばないようなら、火曜日にもう一度トライしてみよう。

【四緑木星】今日は判断が甘いので欲は出さぬこと。急な話は慎重に対処して。相手の言葉の裏を読むようなクセをつけましょう。目先の責務だけ果たせたら、今日は花丸。日々のルーティンを大切に。身近な人から厄介事を持ち込まれる暗示があるが、不明瞭な問題には深入りしない方が得策。

【五黄土星】運気強し今日の忙しさは幸運の土台になる。ここから始まる大勝負。誰かとうなずきあっている感じも。まずは味方との意識あわせ。素晴らしいサポートに恵まれ、自分のアクションが広い範囲に影響を及ぼすことになる。ここでの踏ん張りは高い評価につながる。勝負運よし。

【六白金星】突発的なことが起こって慌てることも。三碧と九紫の人のつき合いでストレスがたまる人もいる。計画通りに物事が進まないジレンマあり。契約事と散財には注意。世間の噂や中傷はなるべくスルー。それでも気分はリラックス。美味しい物を頂いたり、芸術や趣味にふれ気分転換。

【七赤金星】スケジュールに変化が生じそうだが、今日は発想の転換が吉と出る。あれがダメならコレで、みたいな柔軟な考え方で乗り切れる。今までの流れが一つ止まり、ここで一つ潮目は変わる。日課の見直しで調子が上がる。負担に感じることを一旦やめてみる。家族のことで心配なことも。

【八白土星】直感と運の強さは申し分なし。賑やかさや忙しさがひと回り大きくなる。どんなことも、広く浅く、スピーディに進めよう。頭の回転、実行力が抜群。やろうと思いつつ後回しにしていたことも片づけてしまいたい。その実行力はある。ただ、人の批判や争いごとは控えましょう。

【九紫火星】日破。物事の進展が遅れがち。思考が堂々巡りに陥りやすい。疲れが出やすいので無理のない行動をしよう。負担に感じる習慣はサボってよし。体調いまいちで、眠い日。気合いを入れてやることは明日以降に回そう。今日は雑用を片づけたり、情報収集といったことに専心。


NEXT Entry
N国立花に教えたい「種としての適者生存」
NEW Topics
10日に内閣改造
8月運勢
立秋
鑑定スケジュール 【最新】
園井恵子を知っていますか
中国軍 台湾周辺に弾道ミサイル発射
ひとはなぜ逃げないのか?
ペロシ台湾訪問、台湾海峡波高し
山上容疑者「真の動機を隠すために別の動機を語っているのか?」
魔の5年
摂養
鑑定スケジュール
台湾海峡緊迫、ペロシ下院議長訪台をめぐって
「以熱治熱」炎暑の薬膳
死刑
無償の愛を垂れ流す「壊れた蛇口」
8月の転居と旅行、回避するのが得策
「執着を手放す」という「水生木」メソッド
土用の養生(=コロナに罹る前にまず養生)
鑑定スケジュール 
大暑
高熱に麻黄湯
猛暑が心に与える影響
新・悪の枢軸
真面目さの裏に隠された「敵意」
「私、女辞めたの」
ワクチン4回目、熱発す
鑑定スケジュール 【最新】
世界のリーダー相次ぐ辞任
例年以上に体調を崩している人が多い
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

れいらん

Author:れいらん
ご訪問ありがとうございます。

東洋占術歴45年になります。占い師とは「人を幸せに導く職業」だと思ってきました。同時に、多くの方のさまざまな悩み苦しみに接し、人ひとりが人生を生きく抜くことの困難さに思いを馳せずにはいられません。思えば私たちの人生はこころの旅であり、こころには喜びが必要です。こころがつらいとき、どんなに強い人でも自分を支えていくのは難しいことです。その苦しみからどうやって抜け出すか、私の占いが少しでもお役に立てれば幸いです。占いを通じて多くの方々の人生に接してきました。その喜びや哀しみに共感し、一喜一憂する日々はまた、私自身のこころの旅でもありました。

長きにわたり、ご紹介のお客さま限定の対面鑑定をしてまいりましたが、少しでも多くの方のお力になりたいと思い、このブログからの電話鑑定も受け付けることにいたしました。電話が苦手という方にはメール鑑定もご用意しておりますが、電話の方がよりニュアンスが伝わりやすいと存じます。

東洋占術にはそれぞれ得意とする分野があり、ご相談の内容によりもっとも適切な占術をこちらで判断の上、鑑定いたします。

ご依頼の方は、カテゴリの「鑑定の申込み方法」をクリックし

 leilan808@gmail.com

まで、ご連絡くださいませ。

月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR