2014. 07. 14  


私、鑑定と、メールの返信につぐ返信で、怒涛のような2週間を過ごしておりました。ブログの更新が出来ず、申し訳なく思っております。ようやく時間が取れるような感じになってきましたので、今週はブログをアップしていきたいと思います。

土用が近づいて来ましたので(7/20~8/6)、お庭のある方々、今週は草むしりですね。暑いですから、熱中症に注意してください。お水と塩飴を用意してね。

先だって、沖縄のミッキー(マウス)ちゃんから面白いメールが届きました。

「五黄殺とか暗剣殺、歳破に月破などなど、方位には、どうしてこんなにも凶殺が多いのでしょうか?」

このメールを拝見して、思わずニンマリしました。いいでしょ、この素朴な疑問。

ミッキーは事情があって、大学進学がかなわなかったお嬢さんでした。しかし、学問への思い断ち難く、8年間、一生懸命働いてお金を貯め、この8月、いよいよオーストラリアへ向けて旅立ちます。こうした経験を積み上げて来た子は、困難に陥ったとき、じっと耐え忍ぶ力、それを跳ね返すバネを持っています。だからミッキー、異国で、決して負けるでないぞ。海外には謙譲の美徳など存在しません。黙っていても、気持ちを察してくれる、そんな人は皆無です。モジモジしていたら、置いていかれるからね。自分の意見ははっきり言うこと。そして自分の頭で考え、ガンガン突き進むのよ。沖縄人の誇りを胸に、がんばれ!

さて、ミッキーの疑問にお答えしますね。東洋暦とは宇宙を、そして、そこで起こる様々な森羅万象を現しているのです。つまり、あの暦の中には「この世」が凝縮されているということです。まず、これをしっかり抑えておきましょう。

我々がこの世に生きていることは、とてつもない幸運です。私の、そしてあなたのラインは、人類が発生したとされる200万年の昔から現在まで脈々と続いているのです。もし途中で、我々の祖先に致命的なアクシデントが起きていたら、私たちはこの世に生まれていないわけです。

時には猛獣に襲われても、闘って生き延びた祖先もいたでしょう。暴風雨、雪崩、崖崩れ、食糧難、幾多の天災に遇い、無数の伝染病や病気にかかり、戦国時代の闘いの中でも生き延びて、生殖までこぎつけた。だからこそ、今、こうして、私たちはこの世で生を謳歌しているわけで、少なくとも私たちの先祖は、生殖を行えるほどのエリートだったということです。

その一方で、無限ともいえる血統が、ラインの途中でなくなっています。メスを得ることのできなかったライン、病死、事故死、戦死したライン。弱肉強食という大自然の掟によって、滅びたラインの方がはるかに多かったというのが、この世の現実なのです。

そう考えれば、この世を凝縮した東洋暦に、やたら凶殺が多い理由がお判りになると思います。

そうした凶殺の一方で、大自然の中、種を保存していく方位もまた存在するわけです。私はこの「種をインスパイアしていく方位」の研究に半生を費やして来ました。そのわりに、自分自身は種の保存に失敗していたりするのですが(笑)とまれ、これが与えられた人生というものなのでしょう。自分は失敗したが、代わりに、種を保存していくためのアドバイスを死ぬまで続けていくことで、この世に貢献していくという生き方。

東洋暦の中には、種を断ち切ってしまうような凶殺が存在する一方、種を保存していこうとする祐気(すぐれた気)が存在する。つくづく、大自然はバランスによって成り立っていることが、ここで判ります。

人間の世界でも、人類は生き延びるに十分な人口に達し、現在は人口爆発という飽和状態に近づいています。となると、大自然はバランスを取りますから、次にくるのが人類を減らす淘汰のシステムに間違いないわけで、それは太陽が大きな鍵を握っているわけです。地球も人類も太陽に生かされていると考えれば、東洋の叡智(本当はインドの叡智)が作り上げた東洋暦を上手に利用し、一人でも多くの人が生き延び、大自然という共有遺産を次世代に繋いでいかねばならないと、真に考えます。

最低限、転居の方位だけでも凶殺を避けるよう努力すること。運命の土台は転居にあり。引越しの方位がよくなかった人々が、いくら良い方位へ旅行したり、お水取りしても、それはしょせん焼け石に水。まず、良い引越しの方位によって運命を好転させていくことが専決です。

人の運勢はバイオリズムのように上昇と下降があります。転居によって運の土台を築いた人々は、上昇曲線はより高く、下降曲線はフラットになるものです。この運勢というもの、生年月日によって、一人一人違うのですね。

今朝、ワールドカップでドイツが優勝しました。しかし、アルゼンチンのしたたかな守備に、(私的にはつまらない)予定調和のごときゲルマンのパスが邪魔されていたのも事実。

一つには、ドイツ監督の運勢が、ここにきてイマイチ。主力のミュラーも運勢イマイチ。ドイツが救われたとすれば、神の子・メッシが6月までは絶好調だった運勢、それがブラジル時間・7月6日から、ガクンと落ち込んでしまったことです。

先月までは快調だったものが、今月になったとたん、どうも歯車が合わない、仕事が捗らない、人間関係がうまくいかない、トラブル続きだ、これらすべて個人の運勢によるものですが、転居によって良い方位を取っている人は、精神にブレがなくなり、アクシデントが少ないのもまた事実。ですから、積極的に、転居によって良い方位を取っていただきたい。転居が無理な人は方違えをしましょう。

それにしても、アルゼンチンは残念であった。あの、うさん臭さ、大好きでした。やっぱり、優等生より悪童がかわいい。監督なんか、トリオ・ロス・パンチョスみたいな顔して、後ろにひっくり返りそうになったり(笑)とくに、ハビエル・マスチェラーノは、とても「子の七赤」とは思えないような粘り強さ。生まれ月の「午」と、日盤の「戌」が出てくるのでしょうね。アルゼンチンは、メッシとGK、あとは9人の足・足・足。

私も四年後まで、しっかりサッカーの勉強をします。ついでに南米の虚をつく、騙しの文化も。あれは逆立ちしても、日本人が持てないものの一つですね。



鑑定を申し込まれる方は、事前にメールにてご希望の日時をご一報ください。
なるべく早くこちらから返信メールをお送りいたします。

二度目以降のお客さまで、お急ぎの場合は当日お申込みになられてもかまいません。
この場合、鑑定料は後払いでもかまいませんので。
(ただし、スケジュールが満杯のときは、お断りすることもございます)

必ずしもご希望の時間をお取りすることが出来ない場合もありますので、
「何時~何時までなら可能です」とメールいただければ助かります。

はじめての方は、カテゴリ「鑑定の申込み方法」をご参照ください。

「鑑定の申込み方法」




        

7月14日(月)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

7月15日(火)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

7月16日(水)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

7月17日(木)  午前09時~午後2時  午後8時~午前0時 

7月18日(金)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

7月19日(土)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時          

7月20日(日)  休業  

7月21日(月)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

7月22日(火)  午前10時~午後4時   午後8時~午前0時



  


スポンサーサイト
NEXT Entry
夏休み期間中、ハワイへ長期滞在してもいいの?
NEW Topics
木をみて森をみず
秋華賞雑感
秋華賞
鑑定スケジュール(~10/25)
好日
大丈夫? 韓国通貨”ウォン”
ジャンボ宝くじ当てよう会 ハロウィン・ジャンボ
恩讐の彼方に
寒露
哀惜
ラスヴェガス銃乱射
五黄なるもの
スプリンターズステークス
10月相場
衆議院解散
Comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Re: No title
> アルゼンチン、本当に残念でしたね。誰に聞いても、ドイツが勝つと私の周りも言いましたがマラドーナとの比較からメッシに解放されてされてほしかったです。彼は十分にスーパースターですから。
> ドイツに負けたブラジルまでが、こうなればドイツに優勝して欲しいなんてアウェイ感半端なくて南米って?と思いました。
> 泣かないメッシが、本当に切なくてこれがネイマールならギャン泣きだったことでしょう。
> また、四年後楽しみはとっておきますね。

Kさん、コメント有難うございます。

はじめてのワールドカップでしたが、いろいろと勉強になりました。弟が解説してくれた、オフ・サイドやファールも理解しました(笑)弟はブログを読んで、笑っていると思いますが。

メッシのゴールが入らなくなった頃から(ベルギー戦からかな)彼の運気はガタンと落ち始めたのです。心配していたら案の定でした。彼の重圧は想像を絶するものでしょうね。日本のサポーターと違って、南米のサポーターは、はっきりダメだしします。40年前の広島市民球場のヤジを思い出しました。映画「仁義なき戦い」の本拠地ですから、凄みのある広島弁が飛び交っていましたよ(笑)ブラジルのサッカー場は、きっと40年前の広島市民球場と一緒だったにちがいない。

アルゼンチンとブラジル。190年くらい前に戦争していますからね。世界中どこでも、お隣同士は仲がわるいです。東アジアもそうですけどね(笑)バルカン半島など、いまだに怨念を残していますもんね。あそこは、旅してみると、民族間のどうにもならない恨みを感じて、ゾッとします。

ドイツ対ブラジルは、途中からせつなくなって、もう観ていられない。私、早朝からお風呂掃除はじめましたよ。

あと、観戦中に一度泣きました。ブラジル対チリで、PK戦でブラジルが勝った瞬間。チリの選手の、魂を抜かれたような表情がアップになって・・・ラテンの人々は感情を隠しませんでしょう。その絶望の瞳に、おばちゃんは涙腺が弱くなってしまいました。

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

れいらん

Author:れいらん
ご訪問ありがとうございます。

東洋占術歴40年になります。占い師とは「人を幸せに導く職業」だと思ってきました。同時に、多くの方のさまざまな悩み苦しみに接し、人ひとりが人生を生きく抜くことの困難さに思いを馳せずにはいられません。思えば私たちの人生はこころの旅であり、こころには喜びが必要です。こころがつらいとき、どんなに強い人でも自分を支えていくのは難しいことです。その苦しみからどうやって抜け出すか、私の占いが少しでもお役に立てれば幸いです。占いを通じて多くの方々の人生に接してきました。その喜びや哀しみに共感し、一喜一憂する日々はまた、私自身のこころの旅でもありました。

長きにわたり、ご紹介のお客さま限定の対面鑑定をしてまいりましたが、少しでも多くの方のお力になりたいと思い、このブログからの電話鑑定も受け付けることにいたしました。電話が苦手という方にはメール鑑定もご用意しておりますが、電話の方がよりニュアンスが伝わりやすいと存じます。

東洋占術にはそれぞれ得意とする分野があり、ご相談の内容によりもっとも適切な占術をこちらで判断の上、鑑定いたします。

ご依頼の方は、カテゴリの「鑑定の申込み方法」をクリックし

 leilan808@gmail.com

まで、ご連絡くださいませ。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR