2012. 10. 14  


今週は、20日(土)から土用に入ります。

大事な契約(実印を捺すようなこと)、ショッピング、草むしり等は、
19日(金)までにしておきましょう。

土用の禁止事項は、下記をご参照ください。

 「土用に関する質問への回答」

今までの鑑定経験から申し上げますと、土用中の手術も避けた方が無難です。
そのときは手術がうまくいったかにみえても、必ずあとから再手術になったりするものです。

また、このブログを、「土用中の引越し」で検索される方が多いのですが、
土用中に引越しされても問題は起こりません。

最近は、「土用殺」などという新語を目にするのですが、誰が作ったのでしょう?
このようなものに、振り回されないでください。

ただし、今回の土用は、「年月同盤」の時期にあたりますので、
どなたも、ご旅行や引越しはお避けください。


今、「ハナミズキ」という曲を聴きながら、このブログを書いています。
こんな素敵な曲があったことを、今日はじめて知りました。

私は若い頃から、ジャズばかり好んで聴いてきましたので、
日本の楽曲というものに正直なところ疎くて、

夏川りみの「涙そうそう」という曲も、2005年頃にアメリカ人の友だちから、
「この曲、とってもいいよ」と、CD をプレゼントされ、はじめて知ったくらいです。

実は、今日、20歳の誕生日を迎えた女性がおりまして、
今晩は、ずっと彼女のことを思っていたのです。

Aちゃん、最愛の人はこの世からいなくなっても、貴女の心の中でずっと生き続けてゆくのです。

「君と好きな人が百年続きますように」

「ハナミズキ」


寒くなりましたが、みなさまにとりまして、どうか良き一週間でありますように。


10月15日(月)  午前10時~正午  午後2時~午後11時  

10月16日(火)  午前10時~正午  午後2時~午後11時

10月17日(水)  午前10時~正午  午後2時~午後11時

10月18日(木)  午前10時~正午  午後2時~午後11時

10月19日(金)  午前10時~正午  午後2時~午後11時

10月20日(土)  地方出張鑑定

10月21日(日)  地方出張鑑定



過去に一度でも私の鑑定を受けたことがある方々は、
手元に資料(生年月日や鑑定の内容を記したもの)がありますので、
メールで鑑定日時をお申込みいただかなくてもかまいません。

寄せられる相談事の70%は「すぐ、回答が欲しい」ものばかりです。
私が電話に出ないときは、他の電話に出ている、対面鑑定の最中、のいずれかです。

大変ありがたいことに私を気遣ってくださる方が多く、
「今日、電話してもいいですか?」と丁寧にメールをくださる方が非常に多いのですが、
そういうときは、思い切って電話を入れてみてください。

悩み事が解決してゆく過程で、物事は必ず変化していきますから、
「状況が変わってきたのですが、どう対処したらいいですか?」ということが往々にしてあります。
ここが解決のポイントで、変化のときに判断を誤らないことが重要なのです。

そういうときは、「れいらんさんは忙しいんじゃないか?」と気遣う必要はありません。
すぐ話してくださると、こちらも、より良い解決法が見つけやすいのです。

ただし、急がない場合であれば、事前にメールにて日時を申し込まれる方が、
確実に時間をお取りすることが可能です。

はじめての方は、事前に日時をお申込みいただいての相談となります。
カテゴリ「鑑定の申込み方法」をご参照ください。



スポンサーサイト
NEXT Entry
年月同盤で起きた東日本大震災
NEW Topics
本日は「処暑」、なぜか埼玉
ローマの休日
申の月の「寅の日」
鑑定スケジュール(~8/31)
金正恩、ひとまず緊張から緩和への決断
気になる今年の稲穂
米国、北朝鮮渡航者に8月中の国外退去呼び掛け
暑気払い
政治の夏
追悼 ジャンヌ・モロー
安倍首相、「7」のつく年は要注意
本日、土用に入ります
ジャンボ宝くじ当てよう会 サマー・ジャンボ
酉年生まれ、ご注意遊ばせ
小暑、7月のはじまり
Comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

れいらん

Author:れいらん
ご訪問ありがとうございます。

東洋占術歴40年になります。占い師とは「人を幸せに導く職業」だと思ってきました。同時に、多くの方のさまざまな悩み苦しみに接し、人ひとりが人生を生きく抜くことの困難さに思いを馳せずにはいられません。思えば私たちの人生はこころの旅であり、こころには喜びが必要です。こころがつらいとき、どんなに強い人でも自分を支えていくのは難しいことです。その苦しみからどうやって抜け出すか、私の占いが少しでもお役に立てれば幸いです。占いを通じて多くの方々の人生に接してきました。その喜びや哀しみに共感し、一喜一憂する日々はまた、私自身のこころの旅でもありました。

長きにわたり、ご紹介のお客さま限定の対面鑑定をしてまいりましたが、少しでも多くの方のお力になりたいと思い、このブログからの電話鑑定も受け付けることにいたしました。電話が苦手という方にはメール鑑定もご用意しておりますが、電話の方がよりニュアンスが伝わりやすいと存じます。

東洋占術にはそれぞれ得意とする分野があり、ご相談の内容によりもっとも適切な占術をこちらで判断の上、鑑定いたします。

ご依頼の方は、カテゴリの「鑑定の申込み方法」をクリックし

 leilan808@gmail.com

まで、ご連絡くださいませ。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR