2016. 08. 22  



こちらは台風直撃でオリンピック閉会式どころではないのですが、日本のメダル獲得数は金12、銀8、銅21の計41個で過去最多。ゆとり世代、たいしたものでございます。

彼等の秀でた特徴は過剰なライバル心がなく素直でやさしいところですが、ギラギラした野心がないのは裏を返せば連帯感を生み出しやすいことにつながるのか、ゆとり世代は団体戦やペアになると妙に強みを発揮する。チームへ貢献しようという意識が強く、仲間への気遣いが真摯で半端ない。孤高な競技ゆえもあって協調性のないアスリートの代表格といえば水泳選手なのですが、ゆとりのスイマーには往時の生意気盛りだった鈴木大地や北島康介の面影はない。企業においても、この世代に限ってはチームやペアで仕事に取り組ませれば良いのではないかとさえ思う。

加えて現代はアスリートのトレーニング・メニューも研究され尽くしているのでしょう。メディカルケアのみならず、いまやメンタルコーチの心理サポートまでついている。1968年、星飛雄馬は伴宙太のしごきに耐え、青雲高校のグランドでコンダラを引っ張っていた。ど根性が精神の支柱だった時代とは隔世の感がある。

放映時間の問題もあって、まともに観戦した競技は一つもないのですが、陸上男子400メートルリレーで日本の最終走者があのウサイン・ボルトに並んでバトンを受け取り、米国を振り切って銀メダルを獲得したのには驚かされた。ネグロイドの聖域みたいな陸上競技でモンゴリアンのゆとり君たちがけなげにも銀メダル。

一方吉田沙保里が敗れたときは、現実を受け入れ切れぬ自分を持て余してしまった。怪獣に負けたウルトラマンをテレビで見てる幼児の気持ち。「負けることあるの?吉田が守ってきた地球はこれからどうなるの?」といった謎の感情に支配された。

女子ハンマー投げ、金メダルのポーランド姐さん・アニタの獣のような咆哮と圧巻のバディも忘れ難い。並んで写真を撮りたいと思いました。

今大会初参加となった難民選手団も忘れられない。内戦などによって住む場所を奪われ、祖国から離れた場所で生活しているシリア、南スーダン、エチオピア、コンゴ民主共和国出身の10人の難民選手。彼等は現在、ドイツやベルギー、ケニアといった国々で暮らしているという。これはドイツの弁護士出身であるバッハ会長らしい大英断。IOCはヨーロッパ貴族の天下り先で、中にはバッハ会長やセルゲイ・ブブカのような人もいるが、王侯貴族のクラブ組織は依然としてブラックボックスである。

さて、ブラジルは国土が広いので日本からの方位は都市によって違うのですが、リオデジャネイロに関しては「北」であることが確定したと思います。「北東」であれば、五黄殺・歳破・月破のオンパレードですから、このメダル数は有り得ない。

ちなみにサンパウロは「北東」です。一昨年、東京からサンパウロに赴任された知人がおり、転居以降彼の身に何が起こったか逐次報告いただいたのですが、これは北東で間違いない。

また、東京周辺からリオの方位は、北東に近い「北15度」で間違いないはずで、試合中に右脚がつったり、ぎっくり腰を発症された選手は東京在住の方々ではないでしょうか。7月の月盤・二黒の月破が出るので、ことごとく右側を痛めることになります。とは申せ、一流のアスリートは怪我に関して言い訳しないのですね。それは自分の責任だと。方位のせいなんですよ。

最後に閉会式の安倍マリオ。すでにマリオがなんだか判っていないのですが、リオだからマリオなのかしら。好き嫌いは別として、オリエンタリズムとサブカルチャーの融合なのだと考えれば、日本のアピールとしては上出来。女王陛下のボンドガールというのもあった。

下世話を承知で、百合子知事の加賀友禅と西陣の帯が高級そうで、神楽坂の芸者衆などピタリと値段を言い当てるので和服は怖いのですが、着物と帯で片手の七桁でしょうか(笑)大雨に祟られたのが気の毒で、洗い張りのことばかり心配してました。

スポーツへの造詣がないものですから、的外れなオリンピック談義ですみません。何分にもお目こぼしを。



スポンサーサイト
2016. 08. 11  



8月8日午後3時、天皇陛下のお言葉を謹んで拝聴。目配りの行き届いた文章の見本であるのと同時に、思ったより踏み込んで言及しておられたとの印象。これは強いお気持ちの発露であり、私は今上陛下のストライクど真ん中の剛速球と受け止めた。

先帝陛下から引き継がれた祭祀と行幸を中核とする天皇制、わけても今上は個性を出されてきた。雲仙普賢岳火砕流で被災された人々の前、何のためらいもなく床に膝をつかれたときは驚愕したものだった。

政治的発言を封印されながら、国家を代表する「象徴」という非合理を模索されてきた28年の深き聖徳。そこに今上の強い自負があり、次代にスムーズに継承させたいという思いが伺える一方で、代替わりによって先帝と今上が作り上げた流儀が変わってはならないという、これは注文でもある。

平たく申せば陛下は、「皇室を何とかせよ」と迫っておられるのだ。その深刻な理由は、皇室典範改正をめぐる10年越しの神経戦にある。

小泉首相が「女性・女系天皇容認、長子優先」を柱とする典範改正案の国会提出を準備していた2006年2月、秋篠宮妃ご懐妊が報道されるや、当時の安倍官房長官は改正無用を小泉氏に直談判し、報道も誘導して一週間後、断念に追い込んだ。典範改正案は陛下のご意向があったとされるのに、アプリオリというのか時代錯誤の「万世一系」論者たちが封印して早や10年。

奇しくも安倍政権の今、天皇の退位表明というお言葉は、男系継承しか認めない、かえって皇室の存続を危うくする勢力に対する身を挺したご下問とも受け取れる。41年ぶりに男子皇族が誕生したとはいえ、皇室の現状はなお「安定的な皇位継承」には程遠い。にもかかわらず、典範改正案は棚上げされたままできた。旧民主党の野田内閣で「女性宮家」の創設が検討されたが、これも立ち消えたままになっている。

鳥羽伏見の戦い以来、「玉を握る」のが政権の基本となった。かの玉音放送のときの「日本の一番長い日」はだからこそ起こったといえる。それを見て作られた日本国憲法は時の内閣が常に「玉を握る」ことにした。今日の時点では、陛下のお気持ちを尊重し、生前のご退位をお認めしたいという線で自民党から共産党まで一致している。(天皇制を敵視してきた共産党の変節は注目に値するのだが・・・)これは良くも悪くも時の政権にとって得がたい政治的資産となる。それをどう使うかはこれからのことで、政治は皇室をどうしたいのか、そこを考えずにはいられない。

「女性活躍社会」を掲げる安倍政権が、女性・女系天皇を否定する矛盾を突かれ、女性皇族の結婚後の身分から宮家創設まで、いよいよパンドラの箱を開けることになる。憲法第一章「天皇」規定の改正論にも波及することになろう。しかし官邸の本音は、生前退位は典範をいじらず、今回限りの特例として素通りしたいのに違いないが、陛下のお言葉には皇室存続への真剣な取り組みを督促する重みがあった。これは生半可な事態ではない。

十二支では日本国を「巳」とするが、これは律令国家建設と天皇への中央集権化は「乙巳の変」の後に行われたとされる「大化の改新」に由来するからである。つまり「巳」年から国家がスタートしたという考えに基づく。しかし、天皇権力が強くなる理由のひとつとして、「壬申の乱」の存在を考慮すべきであると私は考えるので、「申」という十二支も日本国にとっては見逃せないと思っている。

奇しくも今年は「申」の年であり、「巳」もまた暦の二匝目で中宮。このタイミングでの今上のお言葉なのである。おそらく正式なご退位は2019年、陛下満85歳のときになるのではないか。

失礼を顧みず申し上げるなら、陛下があのお歳でパラオに行幸されたときは、さすがにもうご充分ではないかと思いましたが、陛下はもっとあちこち戦歿者の慰霊に行きたいと真摯に願っておられる。シベリアにもビルマにも。おそらく皇位を離れられても国民のためのご活動はお続けになるのだろう。しかしもう、普通の余生を過ごされてもいいのではないか。国民の多くはそう願っています。


2016. 08. 06  


音楽に国境はないと言われます。美しいメロディや心弾ませるリズムを楽しむことに共通言語は必要ないし、感性は宗教や民族を超えたところにあって、それはスポーツも同様でしょう。BSやWOWOWで海外のサッカーが放映されているところをみると、純粋にサッカーを楽しんでいるファンが日本にも多数いて、スポーツもまた音楽と同様に国境がないと感じます。

オリンピックは平和の祭典を標榜しており、それは紛れも無く多文化主義を意図しているのですが、その多文化主義が失敗の過程にあるのは昨今の不穏な中東やヨーロッパ情勢を見ていれば、いやが応にも判ることです。オリンピックも曲がり角に来ていると感じます。加えて開催国ブラジルの国内事情、ロシアのドーピング問題など暗いニュースが相次ぎ、オリンピック人気の凋落に拍車をかけました。

日本からの方位に言及すると、リオデジャネイロは北になるかと思います。ただ、東京からみれば限りなく北東に近い北15度の地点であり、これは「月破」の方位になります。一方、大阪からですと北の中心となって「月破」を免れますが、これとて地図上のことで、実際に行ってみなければ何とも言えません。

「月破」ならば、ロンドンのようなメダルラッシュとはなりませんので、リオの方位に関しては日本選手団の活躍如何で把握できるはずです。相変わらずスポーツには詳しくなく、オリンピックが楽しみということもないのですが、方位のこととなるとアドレナリンが出ますので、方位実験の一助として、また選手個人の運勢との絡みなども鑑ながら、リオ五輪をチェックしてゆきたいと思います。


今日は原爆を投下したアメリカの現職大統領が初めて広島を訪問した年の8月6日です。核兵器の悲惨さと平和の尊さを語り継いでこられた方々に心から敬意を表します。そして広島の平和記念資料館を訪れる人が少しでも増えることを願います。



2016. 08. 03  



「大雨時行」は七十二候の三十六番目で、たいうときどきふる。夏の雨が時に激しく降るころであり、二十四節気「大暑」の末候。今年は8/1~8/6まで。

8月に入ってからというもの、関東では雷と集中豪雨が3日続いています。自然のリズムによりそう七十二候という暦は本当にどんぴしゃりで、生きとし生けるものの息吹にみちた暦であることがよく判ります。

昔も今も、人は似たような季節のうつりかわりに身を置いていたのでしょうが、昔の人が思う大雨とは「夕立」のこと。しかし現代の大雨といえば、誰が名づけたか「ゲリラ豪雨」。ゲリラとはスペイン語で小さな戦争を意味しますが、イメージとしては奇襲。災害に結びつくポテンシャルを持つ降り方の場合に使われるようです。

最近つとに、気象予報士から「夕立」という言葉が聞かれなくなり、「ゲリラ豪雨」が幅をきかせているのは何とも淋しい限りです。このままでは夕立が死語になってしまうのではないかと。情緒が消え失せてゆくのは世の習いでしょうか。


  夕立に走る軒先君がいた映画みたいな恋のはじまり

  カフェテラスゲリラ豪雨に襲われし二子玉(にこたま)という非武装地帯


即興で作ってみても、この違い・・・。

天気予報で「ゲリラ豪雨」という言葉を聞くにつけ、イケメンのチェ・ゲバラやベトコン(南ベトナム解放民族戦線)が、あの世から一斗樽の雨をぶちまけているような錯覚に襲われます。


2016. 08. 01  



東京都知事選挙は小池百合子の圧勝に終わった。

今年は「二黒土星」の年で、その象意は「老女」。old lady に焦点が当たり、「老女躍進の年」と言っても過言ではない。事実英国も、テリーザ・メイが首相の座に就いた。

躍動感みなぎる小池さんを老女にカテゴライズするのは一瞬の躊躇があるけれど、生理学的にとらえれば64歳は老女であり、59歳のテリーザ・メイも老女、かく言う私も紛うかたなき老女である。

彼女は「崖から飛び降りる覚悟」であると発言し話題にもなったのだが、小池百合子には「ジャングル大帝レオ」が郷愁としてあったのだろう。レオ煩悶の背景には南アフリカのアパルトヘイトがあり、擬人化すれば、レオはネルソン・マンデラであった。

内面は気の弱い人だから、それをカバーするかのごとく、あるいは自分を奮い立たせるかのごとく吠えるのであるが、百合子は叩かれれば叩かれるほど闘志を燃やすタイプであり、根は協調性のない反逆児である。

長きにわたり「予定調和」でやってきた東京都の政治。前もって落としどころを決めておき、未決の既成事実を積み上げ、誰も決めないが、都民の総意で決めたかのごとく見せる東京都議会。

そこへ反逆児の百合子が乗り込んでゆくのであるから、今までの予定調和は木っ端微塵に吹っ飛ぶわけで、そこに都民は期待したのであろう。スーザン・ソンタグではないが、女は何かをめざしたら、決してためらわない。

「老女躍進」のひそみにならえば、アメリカ大統領選はヒラリー・クリントンが勝利することになるのだが、上から目線というのか、あの高飛車な演説と高慢ちきな態度はなんとかならないものだろうか。トランプはバカ殿だけれども、どこか愛嬌がある。

こなたヒラリーは、どう見ても意地悪ばーさんだ。蒋介石の妻だった宋美齢に似た匂いを感じるのは私だけであろうか。宋美齢とは、米中という世界の二大国を動かして結びつけ、大日本帝国を叩き潰したドラゴンレディである。彼女はアメリカ最高峰の名門女子大ウェルズリーの出身であるが、ヒラリーもまたウェルズリーを首席で卒業している。いわく因縁のある二人の猛女なのだった。

やっぱりばーさんにも多少の愛嬌、多少の可愛い気がないと。自戒を込めて。


   はづすまで美女でありけりサングラス



プロフィール

れいらん

Author:れいらん
ご訪問ありがとうございます。

東洋占術歴40年になります。占い師とは「人を幸せに導く職業」だと思ってきました。同時に、多くの方のさまざまな悩み苦しみに接し、人ひとりが人生を生きく抜くことの困難さに思いを馳せずにはいられません。思えば私たちの人生はこころの旅であり、こころには喜びが必要です。こころがつらいとき、どんなに強い人でも自分を支えていくのは難しいことです。その苦しみからどうやって抜け出すか、私の占いが少しでもお役に立てれば幸いです。占いを通じて多くの方々の人生に接してきました。その喜びや哀しみに共感し、一喜一憂する日々はまた、私自身のこころの旅でもありました。

長きにわたり、ご紹介のお客さま限定の対面鑑定をしてまいりましたが、少しでも多くの方のお力になりたいと思い、このブログからの電話鑑定も受け付けることにいたしました。電話が苦手という方にはメール鑑定もご用意しておりますが、電話の方がよりニュアンスが伝わりやすいと存じます。

東洋占術にはそれぞれ得意とする分野があり、ご相談の内容によりもっとも適切な占術をこちらで判断の上、鑑定いたします。

ご依頼の方は、カテゴリの「鑑定の申込み方法」をクリックし

 leilan808@gmail.com

まで、ご連絡くださいませ。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR