2015. 04. 28  

Sonny Rollins

三碧の年は「世相が騒々しい」のですが、年月同盤ともなりますと三碧が倍加する感じで、広島空港でアシアナ航空機が着陸に失敗したかと思えば、首相官邸に微量のセシウムを忍ばせたドローンを飛ばすやからがいたり、米メリーランド州・ボルティモアでは黒人の暴動に非常事態宣言が出されました。南米チリのカルブコ火山が43年ぶりに大爆発というニュースもありました。

ネパールの大地震。24年前カトマンズを中心に旅したことがあるのですが、「地震の巣」と呼ばれる地域にしては単純に煉瓦を積み上げただけの建造物が多く、あそこをマグニチュード7.8の直下型地震が襲ったら、万事休すでしょう。国際空港はカトマンズにしかなく、陸路から救援物資やインフラ復旧のための重機を運ぶにしても、インドと中国からしか入っていけないのです。ところが、ネパールはインド・中国という二大大国の緩衝地帯で、両国から軍人を含めた救援隊が多数入りますと、新たな火種ともなりかねない。そうした意味では、地政学的に非常に難しい場所です。(お釈迦さまはネパールのルンビニに生まれ、北インドで仏の悟りを開きました)今年は西の五黄殺方位。

ネパールの惨状を見るにつけ、耐震がいかに重要か再認識させられます。これから家を建てられるかたは、まず耐震を最重要課題に据えるべきと考えます。新たに土地を求める場合は、ハザードマップ等で地盤を調査しましょう。今、鎌倉や逗子の海沿いに建つ豪邸が多数売りに出ています。みんな山側に住居を移そうとしている。しかし、あの三陸大津波を見てしまいますと、たとえ湘南の一等地であっても、誰も手が出せない。環太平洋が地震サイクルに入ってしまった今、由比ガ浜や江ノ島の家を買うことは、ババ抜きのババを掴まされるようなものです。

さて、年月ともに一白暗剣殺ゆえ、精神病質者による殺人事件が多いのですが、一方千葉では18歳の女の子が生き埋めにされるというヤンキー集団の惨忍な事件も発生しました。なんとも腑に落ちないのは(亡くなった人を鞭打つようで申し訳ないのですが)、18歳の小娘がホストに入れあげるとは、どういうことなのか。若い男をお金で買うのはクーガー(もはや男には振り向いてもらえないけれど、金だけは持っている肉食系おばさん)のすることであって、古くは岡本かの子の「老妓抄」の世界。若いツバメなどという、いまや死語に近い言葉もあった。若人よ、男にもてたかったら、吉永小百合を見習えば良い。日本の男は「カマトト(を装う)女」には、コロッとだまされるのです。って、サユリストから抗議が来そうですが、世間にはな~んにも出来ないフリして、男を踏んで上手に階段をのぼる女もいる。若いもんが、男に金なんか貢いじゃいけない。

土用の真っ只中とはいえ、ついに、Apple Watch が発売されました。脈拍なんか測れちゃうらしいのですが、今後10年間でウェアラブルデバイスは医療現場を大きく変えるでしょう。病気の早期発見だけでなく、病気の発症リスクを事前に認識できるようになってゆくはずです。UCバークレーのソフトウェア開発者Aron Roberts氏は、「このテクノロジーは、いつも人員不足に悩まされてきた医療業界を救うことになるでしょう」と述べています。

すでにサンディエゴでは、自宅療養中の患者の身体に装着したいくつかのセンサーを手首に取り付けた装置に集約し、病院に送って蓄積しているそうです。容体の悪化を検知すると医師などにアラームが通知され、患者がボタンを押して医師の助けを求める機能も装備されています。サンディエゴというからには、モバイル・ヘルスケアの推進に熱心なクアルコム(Qualcomm)あたりが牽引しているのでしょう。メディカルセンサー系のベンチャーはアメリカの独占状態ですが、ここから大き伸びますね。(長期投資向き)私も、ばあちゃんになったらウォッチつけて、ままひこさんにチェックしてもらおうっと。「むむむ、急激に心拍数が上がっている。さては昼間っからビールを飲んでおるな・・・」とか、バレちゃうんでしょうね(笑)

29日からGWがはじまるかたもいらっしゃるでしょう。どうぞ、楽しい休日をお過ごしください。



鑑定を申し込まれる方は、事前にメールにてご希望の日時をご一報ください。
なるべく早くこちらから返信メールをお送りいたします。

二度目以降のお客さまで、お急ぎの場合は当日お申込みになられてもかまいません。
この場合、鑑定料は後払いでもかまいませんので。
(ただし、スケジュールが満杯のときは、お断りすることもございます)

必ずしもご希望の時間をお取りすることが出来ない場合もありますので、
「何時~何時までなら可能です」とメールいただければ助かります。

はじめての方は、カテゴリ「鑑定の申込み方法」をご参照ください。

「鑑定の申込み方法」


                  

4月27日(月)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時    

4月28日(火)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時  

4月29日(水)  出張

4月30日(木)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時             

5月01日(金)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時  

5月02日(土)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時           

5月03日(日)  休業

5月04日(月)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

5月05日(火)  休業

5月06日(水)  休業

5月07日(木)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時  

5月08日(金)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時 

5月09日(土)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

5月10日(日)  休業 



  

スポンサーサイト
2015. 04. 14  


昨日(12日)は朝から、山手線(池袋ー田町)と京浜東北線(東十条ー田町)がずーーーっと止まっていて、人身事故にしては復旧に時間がかかっているなと思ったら、神田ー秋葉原間の線路内で架線を支える柱が倒れていたそうで、事故につながらなかったのは不幸中の幸いでした。

「倒れる」という現象は八白土星のもので、今年は八白の定位置である「艮・ごん」が歳破であるという事情もありますが、昨日の倒壊はちょっと違います。専門的な話になりますが、暦の分析に興味のある人であれば、これは「お勉強ポイント」がたくさんある内容なので書きます。

今年の年盤は北である「坎・かん」に八白が入っていて、癸15度は歳破の影響を受けています。さらに今月は、九星年月同盤ですから、月盤でも北に八白が入っている。つまり、年月で八白と八白が重なっている状態。こうしたときは裏が出てくるもので、暦が陽遁のとき、八・八は五黄に返る。そこへもってきて、昨日の日盤は、北に三碧の日破が入っていました。歳破+八・八の裏である五黄+日破という、実に不気味な布陣だったのです。

九星気学ですと、八・八の裏は七赤というのですが、それならば昨日の倒壊事故は起っていないわけです。陽遁時の八・八は五黄に返るから恐しい。これは方位にも当てはまります。今月、出張などで北へ行かねばならない人は、無理に契約をまとめたりしますと、後からゴタゴタします。五黄の作用が出ますから。適当にお茶を濁して戻っていらっしゃい。

建設現場の足場が倒れたり、ビルの古びた看板が落下してきたりもします。かに道楽のかにの看板、あの脚が一本落ちてきたって、頭を直撃したら怪我しますよね。都市伝説で、かに道楽のかにの脚は人力で動いているというのがありました。看板の裏でアルバイトが自転車をこぐと、かにの脚が動くからくりなんだそうで、時給750円。張り切ってこぐと、1200円までアップするらしい。いかにも大阪発の都市伝説らしくて、個人的には好き(笑)

今朝、日経を読んでいたら、昨日の倒壊事故の記事にこんな一文がありました。「就職説明会に出席するため、つくばエクスプレス(TX)で秋葉原駅に来た茨城県の女子学生(22)は「品川駅まで行く予定だが、乗り換え方が分からず遅刻は避けられない。まさかこんなことになるなんて……」と途方に暮れていた」と。茨城の女の子、人生の良い勉強になったね。

秋葉原駅から総武線(黄色い電車)で浅草橋駅までひと駅。そこで都営浅草線に乗り換えれば品川駅までそんなにかからない。こうしたときは途方に暮れていないで、i-Phone ですぐ調べる。いや、そこまでしなくても駅に掲げてある路線図みれば解ります。「よし、何としてでもたどり着いてやる!」というしぶとさと発想の切り替えができる子は、この先就職しても、日常茶飯事のように起こる仕事上の突発事項や異例事項にもすばやく対処できるようになります。会社側はこうした子が欲しい。とっさの判断力を養いましょう。

気象庁が、小規模な噴火が起きる可能性があるとして蔵王山に火口周辺警報を発表し、「御釜」と呼ばれる火口湖から2キロから3キロ程度の範囲では噴火に伴う噴石などに警戒するよう呼びかけていますが、今月はその可能性あり。行楽シーズンなのに蔵王の観光業は商売あがったりですね。地震は4/26~5/4が要注意なんですが、噴火があるとすれば、この期間でしょうか。

ヒラリー・クリントンが米大統領選に立候補表明しましたが、この人は手練手管の老妓で、議会などの応答はパーフェクトだし、連邦政府に太いパイプもある。ウォール街と仲良しで、お金を集めるのも大得意なのだが、古今東西を問わず、いずこも老妓は性格がわるいもので、そのせいか旦那のビルほどの人気はない。なぜ?と不思議に思うほど、アメリカのおじさんには人気がないのです(笑)民主党の対抗馬にエリザベス・ウォーレンが出てくれば、外野としてはおもしろいのですが、本人は出馬を否定しています。この二人、実に対照的な女性政治家なのですが、九紫のクリントンと六白のウォーレンの「猛女の対決」が見たい。

4/17から土用に入ります。


鑑定を申し込まれる方は、事前にメールにてご希望の日時をご一報ください。
なるべく早くこちらから返信メールをお送りいたします。

二度目以降のお客さまで、お急ぎの場合は当日お申込みになられてもかまいません。
この場合、鑑定料は後払いでもかまいませんので。
(ただし、スケジュールが満杯のときは、お断りすることもございます)

必ずしもご希望の時間をお取りすることが出来ない場合もありますので、
「何時~何時までなら可能です」とメールいただければ助かります。

はじめての方は、カテゴリ「鑑定の申込み方法」をご参照ください。

「鑑定の申込み方法」


                  

4月13日(月)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時    

4月14日(火)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時  

4月15日(水)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

4月16日(木)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時             

4月17日(金)  出張  

4月18日(土)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時           

4月19日(日)  休業

4月20日(月)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

4月21日(火)  午前10時~午後2時  午後8時~午前0時

4月22日(水)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

4月23日(木)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時  

4月24日(金)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時 

4月25日(土)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

4月26日(日)  休業 



  

2015. 04. 02  

パブロ・ピカソ&ブリジッド・バルドー

(実はこのブログ記事は3/29に書きはじめたのですが、なかなか完成までいかず、本日になってしまったことをお詫び申し上げます)

4月(4/5~5/5)は九星の年月同盤です。このブログを最近になって読みはじめたみなさんのために説明しますと、4月は九星の年盤と月盤が同じになるわけです。このような月に転居や旅行をされますと、方位の作用が強すぎるため逆効果になります。例えるならば、適量のお薬は病気の症状を和らげますが、量が多ければ毒になるのと同じです。

ところが今月はゴールデンウィークがあります。なかには旅行を予定されている方々もいらっしゃると存じます。年月同盤の旅はあんまり楽しくないですし、三ヵ月後の7月になれば必ずや体調を崩します。取った方位によって出方が違うのですが、原因不明の不定愁訴が続くケースが多いのです。

しかも病気ばかりではなく、人に振り回される、迷惑を掛けられるという事態も起こってきます。これが面白いことには、取った方位の九星の人にやられます。例えば、「西南」には九紫火星がまわっていますが、今月、東京にお住まいの方々が伊豆半島なんかへ旅しますと、7月に九紫の人に面倒を掛けられます。九紫には中年女性という象意がありますから、40代以上の中年女性に振り回されたりもするのです。

ゆえに、どうしても遠出しなければならない人は、覚悟して行くこと。方位の作用を実体験すると思って。あなたの周囲に旅行プランを練っている同僚や友人もいることでしょう。方位を信じない人に、「あ、今月の旅行はダメよ~」なんて言っても迷惑がられるだけですから、その人が7月にどんな様子になるか黙って見ていましょう。水が飲みなたくない馬の鼻づらを掴まえて、無理やり川へ引っ張っていっても、蹴られるだけですから。人の世とはこんなものです。

大変心配なのは、天皇・皇后両陛下が4月8日から戦没者の慰霊にパラオを公式訪問されることです。この3月から7月まで、陛下のご運が良くないのです。先だっても、風邪を引いていらっしゃるのにご公務を勤められていらっしゃったそうで、どうか風邪のときはご静養いただきたいと多くの国民は願っています。

皇居から見ますとパラオは南方位。両陛下が7月にご体調を崩されなければ良いのですが。南の方災は首から上の疾患が多く、皇后さまの頚椎症が悪化されないことを祈ります。加えて、今月の南には七赤がまわっていますから、右肺。その特徴として、咳が長引くのです。南北の旅は日付変更線を通らないだけに体力的にはラクですが、ご高齢の両陛下にっとって一泊二日の強行軍は大変なご負担ではないでしょうか。先の戦争でパラオは激戦地であっただけに、霊を弔いたいという陛下のたっての思いがあってのご訪問ということですが、海上保安庁の巡視船にご宿泊されるそうです。海が荒れないことを祈って。

さて、中国が主導して設立する国際金融機関「アジアインフラ投資銀行」が話題になっています。私のなかで、これは「土用マター」でして、中国が最初に提唱したのが2013年10月の土用中。北京に21カ国が集まり、設立の覚書(MOU)に調印したもの、2014年10月の土用中。これは先々、問題が起こるということを暗示しています。参加を見送った日本の判断は正しい。

どだい、中国に公平なガバナンス(統治)なんか期待する方がおかしいのであって、中国は参加国からの出資でアジアのインフラ整備に寄与したいと言うが、あの国のことだもの、融資基準なんてあって無きがごとしでしょう。中国の鉄道や原発、その他インフラを売るためなら、ギリシァにだって融資する。普通、銀行は倒産寸前の会社にお金は貸さないものですが、中国なら自国のものを売るためには、貸すでしょう。他国の出資金が焦げついたって、おかまいなし。そんなことがまかり通ったらどうなるか? ギリシァはドイツやフランスといったEUからの借金を踏み倒して、新たな資金を得ることが可能になる。そうすると、ギリシャにならって借金を踏み倒す国が続出。そして、中国主導のアジアインフラ銀行からお金を調達、なんてことになれば国際金融はめっちゃくちゃ。日米はこれを懸念しているわけです。今年は西(金融の象意)に五黄殺が入っています。こうしたときにはじまる投資銀行がゴタゴタしないわけがない。対中は一白暗剣殺で、中国の篭脱け詐欺に発展か。なんて、ちょっと言いすぎかしら(笑)

若い方々は「篭脱け(かごぬけ)詐欺」なんてご存知ないかもしれませんが、弁護士さんに聞くと、今でもよくある詐欺のひとつなんだそうです。銀行のような信用のある建物を利用するのがこの詐欺の特徴で、ニセの銀行員に扮し応接室で現金なんか受け取ったら、さっさと裏口から逃げるという手口。

高木彬光の推理小説「白昼の死角」には篭脱け詐欺が次々と出てきます。これは夏八木勲主演で映画にもなりましたが、例えばこんなシーンがありました。空きビルの1階をたった1日だけ借り切って、社名の看板など実に立派なのです。社内には(実は日雇いのアルバイト)社員が忙しく日常業務をこなし、誰が見てもニセモノなんて思い及ばぬ舞台を作り上げる。そこへ自社振出の手形を換金してもらうために、金策に困り果てた会社の経理部長(鈴木ヒロミツ)がオロオロしながらやってくるのです。通されるのは奥の応接室。堂々と応対する詐欺師の夏八木勲。この見事なにわか舞台で経理部長はまんまと騙され、手形をパクられる。翌日、現金を受け取りに来ると、そこはもぬけのから。

フランス南東部での独ルフトハンザ子会社の旅客機墜落で、故意に墜落させた疑いを持たれているアンドレアス・ルビッツ副操縦士がうつ病を会社側に報告していたことが明らかになったそうですが、今年は精神病者による犯罪が多発する傾向にあるのは、すでにブログに書いた通り。東の一白暗剣殺ゆえ、若い男性が問題を起こします。

4/17・午後5時頃から土用に入ります。またか~という感じですが、5月5日まで続きます。


鑑定を申し込まれる方は、事前にメールにてご希望の日時をご一報ください。
なるべく早くこちらから返信メールをお送りいたします。

二度目以降のお客さまで、お急ぎの場合は当日お申込みになられてもかまいません。
この場合、鑑定料は後払いでもかまいませんので。
(ただし、スケジュールが満杯のときは、お断りすることもございます)

必ずしもご希望の時間をお取りすることが出来ない場合もありますので、
「何時~何時までなら可能です」とメールいただければ助かります。

はじめての方は、カテゴリ「鑑定の申込み方法」をご参照ください。

「鑑定の申込み方法」



                  

3月30日(月)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時    

3月31日(火)  出張            午後8時~午前0時  

4月01日(水)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

4月02日(木)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時             

4月03日(金)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時  

4月04日(土)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時           

4月05日(日)  休業

4月06日(月)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

4月07日(火)  午前10時~午後2時  午後8時~午前0時

4月08日(水)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

4月09日(木)  出張  

4月10日(金)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時 

4月11日(土)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

4月12日(日)  休業 



  

プロフィール

れいらん

Author:れいらん
ご訪問ありがとうございます。

東洋占術歴40年になります。占い師とは「人を幸せに導く職業」だと思ってきました。同時に、多くの方のさまざまな悩み苦しみに接し、人ひとりが人生を生きく抜くことの困難さに思いを馳せずにはいられません。思えば私たちの人生はこころの旅であり、こころには喜びが必要です。こころがつらいとき、どんなに強い人でも自分を支えていくのは難しいことです。その苦しみからどうやって抜け出すか、私の占いが少しでもお役に立てれば幸いです。占いを通じて多くの方々の人生に接してきました。その喜びや哀しみに共感し、一喜一憂する日々はまた、私自身のこころの旅でもありました。

長きにわたり、ご紹介のお客さま限定の対面鑑定をしてまいりましたが、少しでも多くの方のお力になりたいと思い、このブログからの電話鑑定も受け付けることにいたしました。電話が苦手という方にはメール鑑定もご用意しておりますが、電話の方がよりニュアンスが伝わりやすいと存じます。

東洋占術にはそれぞれ得意とする分野があり、ご相談の内容によりもっとも適切な占術をこちらで判断の上、鑑定いたします。

ご依頼の方は、カテゴリの「鑑定の申込み方法」をクリックし

 leilan808@gmail.com

まで、ご連絡くださいませ。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR