2015. 03. 17  


ブログのアップが大幅に遅れてしまい申し訳ございません。

日本のメディアはほとんど取り上げていないのですが、カリフォルニアの干ばつが深刻化しています。今年の十二支である「未」には「砂漠のごとき乾いた土」という現象があることは年頭のブログに書きました。ほとんど雨らしい雨も降らずに雨季が終わり、ハイテク巨大企業グーグルが本社を置くマウンテンビューは先週、水不足の非常事態宣言を出しています。今後は深刻な山火事が起こり、一方では用水を確保できない農業が打撃を受けることになります。

カリフォルニアは州単一でも世界第8位のGDPを持ち、これはアメリカ全GDPの13%を占めるというインパクトのある州です。好調なアメリカ経済の足元を揺るがす問題となってゆくのはシェール問題などの比ではありません。これは世界の株価に影響する問題となります。

この水不足ですが、やがて中国やインドにも波及していくことでしょう。地球は水の惑星といわれていますが、98%が海水で、淡水は2%。しかしその大部分は南極や北極の氷山などで、私たち陸上生物が利用できる水は全体の0.01%にも満たないそうです。地球上の水すべてが風呂桶一杯の水だったとすると、私たちが使える水はわずかに一滴。

そうした環境の中で、日本企業の海水淡水化技術は世界のトップレベルなのですが、これを役人が取り仕切っているため、世界の水メジャーに太刀打ちできない状況が続いてきました。結局、役所にいる人間には現地に合わせようという発想がない。意欲も能力もない。一方、企業サイドも、高い技術があっても国内の閉鎖的な水道経験しかない。いかんせん、これでは海外に通用しないわけです。欧州勢を中心とする水メジャーのような、技術設計から運営管理に至るすべてのサービスを、包括的に提供できる存在が日本にはない。これがクリアできれば、水ビジネスはわが国の国益に大きく寄与する産業になると、私は地団駄踏んで悔しがっているのですが、これができるのは商社なのでしょう。

さて、大塚家具がとんでもないバトルを繰り広げていて、経営者のみなさんは我が身に置き換えてご覧になっていらっしゃることでしょう。外野に徹すれば、けっこう面白いんですけどね。あの娘さんは父親に気質がそっくりです。共通するところは、自分の考えに刃向かう者は断固として排除するという、独裁者気質。これはもう、生年月日がどうたらなんて問題ではなく、遺伝です。

父親は現場の叩き上げですが、この独裁者気質が効を奏したのは、慣習として問屋が仕切っていた家具業界を敵にまわしてでも、メーカー直接仕入れを敢行した点。二つ目は、売れ残った物は返品するという委託販売が当たり前だった当時の業界に、買い取り方式を導入。しかも大量仕入れで徹底して買い叩いた点。ゆえに大塚家具はデパートの3~4割安く高級家具が買えると評判になったのでした。これは文章に書けば簡単ですが、この父ちゃんは革命者、家具業界のコペルニクスです。

未・三碧の人で、月命も三碧。三・三ですから裏の七赤が出て、仕入れのセンスは良かったはず。しかし、この独裁者気質は七赤の持ち味ではないわけで、これはもう大塚家に流れる血としか言いようがありません。敵を設定して、これらを向こうに廻して闘わせたら、アドレナリンがどっと噴出するタイプなのです。この血が大塚家具を創った。

長女の久美子さんは才媛かつ美人さんですが、このアドレナリン・ドバッの父親気質をそっくり引き継いだ。どっちも独裁者だから衝突するのは当然なのですが、独裁者には独裁者の気持ちが分かるもので、この父娘、実は家族の中でいちばん分かり合える間柄。ちょっと冷静になれば、アミーゴな二人に逆戻りできるのに。

惜しむらくは、パワーポイント使って披露くださった経営戦略が、現場を知らないコンサルが作ったような薄っぺらさで、久美子さんに父ちゃんのような「はじけた」ところが全然ないのは残念なこと。経営者に限らず、無から有を生み出す人間には、既成の概念を追っているだけではダメで、そこを一つポーンと飛び越えたものがないといけない。彼女には、「創業という地獄」を経験したこともなければ、今日食べる飯の心配はおろか、ボーナスを出せずに従業員に頭を下げた経験もない。

ここで大抵のコンサルは、二代目は「180度真逆の組織づくり」を目指せ、などと言う。しかし、独裁者の父にそっくりさんの娘に、自立自走型の組織経営なんてどだい無理な話。泥クサイ話になりますが、孫正義にあって、ホリエモンに欠けているものは、「じじい殺し」という必殺技。(嫌いですけど)孫さんは政財界の大物に真正面からぶつかって夢を語り、彼らはその情熱にほだされ、支援を約束する。孫さんのような相手の懐に飛び込んでゆく力が久美子さんにあれば、父親とはぶつからなかった。

父親が作ったビジネスモデルは粗利が高いはずで、富裕層にはまだ受け入れられるし、中国の富裕層といった大塚家具が取り込んで来なかった太い客層を開拓していけば、まだまだ捨て難いものがある。その上で、単品買いの若年層を取り込むビジネスモデルを開拓していけば、既存の大型店舗との相乗効果が得られる。古いものが何でもダメと決め付けるのではなく、温故知新、古い知恵と新しい知恵が組んだとき企業は大きくなる。これを「乾の哲理」と言う。でも、もう遅いか。。。

3/21~3/29、大き目の地震に注意してください。

Spring has come.



鑑定を申し込まれる方は、事前にメールにてご希望の日時をご一報ください。
なるべく早くこちらから返信メールをお送りいたします。

二度目以降のお客さまで、お急ぎの場合は当日お申込みになられてもかまいません。
この場合、鑑定料は後払いでもかまいませんので。
(ただし、スケジュールが満杯のときは、お断りすることもございます)

必ずしもご希望の時間をお取りすることが出来ない場合もありますので、
「何時~何時までなら可能です」とメールいただければ助かります。

はじめての方は、カテゴリ「鑑定の申込み方法」をご参照ください。

「鑑定の申込み方法」



                  

3月16日(月)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時    

3月17日(火)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時  

3月18日(水)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

3月19日(木)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時             

3月20日(金)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時  

3月21日(土)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時           

3月22日(日)  休業

3月23日(月)  出張

3月24日(火)  午前10時~午後2時  出張

3月25日(水)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

3月26日(木)  出張  

3月27日(金)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時 

3月28日(土)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

3月29日(日)  休業 



  

スポンサーサイト
2015. 03. 03  
_1_~1
(河津桜・西村さん撮影)

川崎市川崎区の多摩川河川敷で中学1年生の上村遼太君が殺害された事件。今夜、お通夜が営まれているそうで、思わず手を合わせました。こんな残酷な殺し方、ヤクザだってしないのに。多摩川河川敷は国交省の管轄になるそうですが、ここに上村君の供養塔を建立していただけないものでしょうか。上村君のご冥福を衷心よりお祈りいたします。

報道によれば、上村君は2013年8月に隠岐の離島・西ノ島から川崎市の臨海地区へ転居されたようです。2013年8月は五黄の年の五黄の月ですから、八方位に暗剣殺の作用が出てきます。当ブログでは、この月の転居や旅行は避けるようにアドバイスしてきたのですが、8月という月柄もあってやむなく転校するお子さんたちも多々いらしたでしょう。上村君の転居は方位としては東でした。

このとき、東方位には、年盤「子の三碧」、月盤「卯の三碧」がまわっていました。十二支の「子」と「卯」が重なった方位は「無礼ノ刑」という非常に悪い方位で、方災が何倍にもなって降りかかってくるのです。

上村君の生年月日が分かりませんのでこれ以上のことは書けませんが、推察するに2001年9月生まれだったでしょうか。アメリカで9.11があった頃、この世に生を享けたのだとしたら、あれはついこの間のような気がします。彼が大好きだった隠岐で中学生になっていたらこんな悲惨な目に遭わなかったと思うと、正しい方位の取り方の啓蒙運動は今後も続けていかねばならないと認識を新たにしました。

これが九星気学では、隠岐から川崎は「東」ではなく「東南」方位として捉えるはずで、年盤・月盤ともに「四緑」で、なぜこんなことになるのだろうと考えるでしょう。九星気学の方々には、そろそろ気付いてほしいと願っています。方位はすべて45度であり、十二支を中心にすえて考慮すべきです。加えて、年月同盤のときの転居や旅行を避けていただきたい。

以前、このブログのコメント欄に「方位は謎だらけ」というコメントを残してゆかれた方がいましたが、正しい取り方をすれば方位はちっとも謎ではありません。良くも悪くも結果ははっきり出てきます。たとえば、病気の遠因となるものは過去の転居歴ではっきり出てきますし、転居していなければ家の増改築が遠因となります。

今日、西神田では高層の区営住宅で火事があったようです。今年は震宮に一白暗剣殺がまわっていますので例年よりも火事が多いです。しかし、千代田区はさすがにお金持ちで区営住宅が高層マンションというのには驚きました。かつて飯田橋に事務所がありましたので、この界隈は毎日のように歩いていましたが、バブル期に街が大きく変貌し、私はそれをもの哀しい思いで眺めていました。90年代までは寺社建築のような銭湯もあった一角で、お正月以外にも伸し餅を売っている和菓子屋がありました。母乳の出がわるい友人に頼まれて、よくここへお餅を買いに来たものです。現代では否定されているようですが、昔はお餅を食べると母乳の出が良くなるといわれたものでした。

ところで高層マンションで火災があったとき、火元の部屋よりも下の階にいる住人は部屋にとどまった方が安全という見解もあります。煙は上に上がるので、火元よりも上層階の人々は逃げなければならないのですが、下層階の人は窓を閉めて部屋にとどまることも一策です。とはいっても、じっと部屋にいるのも怖いわね(笑)逃げるときはすべての窓と玄関のドアをきちんと閉めて逃げましょう。

(ここまでは昨日の夕方書き進めていたのですが、夜の部の鑑定が深夜まで及びましたので、続きは朝書いています)さて、3/6から暦は3月・卯の月に入ります。今年は未(ひつじ)の年ですから、今月のような卯の月は「三合月」となって方位の効果が何倍にも高まります。良い方位が取れる方々は積極的にトライしてください。

3月上旬は公立高校の入試ですね。今週は毎朝神社へお参りして、みんなの合格を祈っています。落ち着いて、時間の配分を考えながら問題に取り組んでくださいね。今年の高校入試は一白と九紫の子たちです。出かける前に、お母さんかお父さんに、背中に「の」の字を書いてもらいなさいね。大事なおまじない。「サクラサク」そんな願いを込めて、今回の写真は西村さんが撮ってくださった「河津桜」にしました。がんばれ、がんばれ!


鑑定を申し込まれる方は、事前にメールにてご希望の日時をご一報ください。
なるべく早くこちらから返信メールをお送りいたします。

二度目以降のお客さまで、お急ぎの場合は当日お申込みになられてもかまいません。
この場合、鑑定料は後払いでもかまいませんので。
(ただし、スケジュールが満杯のときは、お断りすることもございます)

必ずしもご希望の時間をお取りすることが出来ない場合もありますので、
「何時~何時までなら可能です」とメールいただければ助かります。

はじめての方は、カテゴリ「鑑定の申込み方法」をご参照ください。

「鑑定の申込み方法」



                  

3月02日(月)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時    

3月03日(火)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時  

3月04日(水)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

3月05日(木)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時             

3月06日(金)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時  

3月07日(土)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時           

3月08日(日)  休業

3月09日(月)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

3月10日(火)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

3月11日(水)  出張

3月12日(木)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

3月13日(金)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時  



  

プロフィール

れいらん

Author:れいらん
ご訪問ありがとうございます。

東洋占術歴40年になります。占い師とは「人を幸せに導く職業」だと思ってきました。同時に、多くの方のさまざまな悩み苦しみに接し、人ひとりが人生を生きく抜くことの困難さに思いを馳せずにはいられません。思えば私たちの人生はこころの旅であり、こころには喜びが必要です。こころがつらいとき、どんなに強い人でも自分を支えていくのは難しいことです。その苦しみからどうやって抜け出すか、私の占いが少しでもお役に立てれば幸いです。占いを通じて多くの方々の人生に接してきました。その喜びや哀しみに共感し、一喜一憂する日々はまた、私自身のこころの旅でもありました。

長きにわたり、ご紹介のお客さま限定の対面鑑定をしてまいりましたが、少しでも多くの方のお力になりたいと思い、このブログからの電話鑑定も受け付けることにいたしました。電話が苦手という方にはメール鑑定もご用意しておりますが、電話の方がよりニュアンスが伝わりやすいと存じます。

東洋占術にはそれぞれ得意とする分野があり、ご相談の内容によりもっとも適切な占術をこちらで判断の上、鑑定いたします。

ご依頼の方は、カテゴリの「鑑定の申込み方法」をクリックし

 leilan808@gmail.com

まで、ご連絡くださいませ。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR