2014. 11. 23  


長野県北部で震度6の地震がありましたが、揺れの強かった地区のみなさま、大丈夫でしたでしょうか。余震で眠れない夜をお過ごしになったことと存じます。昨夜、白馬村でいちばん被害の甚大だった神城地区のお客さまから「家族全員無事」とのメールを頂戴し安堵しております。ご存知のように白馬はスキーのメッカで、こうした地域は雪の重みに耐える丈夫な家を建てているのですが、白馬村の家々が倒壊したニュースを見るにつけ、震度5強ではなく6強~7ではなかったかと思います。

長野県北部はフォッサマグナの西辺(糸魚川・静岡構造線)にあたり、ここが揺れるとフォッサマグナの延長線上にある新潟焼山(やきやま)が噴火する可能性があります。このブログの愛読者には登山愛好家のかたも多数おられるのですが、ここからしばらく新潟焼山は避けられた方が賢明ではないでしょうか。

以前にも書きましたように、日盤の「二黒」と十二支の「辰」が重なると、巨大地震が起こる確率が増します。

(11月22日)

8 4 6 戌寅子
7 9 2 亥酉辰
3 5 1 卯丑巳

東洋暦の世界ではこれを、大地(二黒)が振動(辰)するから地震が起こるとしていますが、もっと科学的な言い方をするならば、こうした盤のときは必ず太陽風磁場の磁気圏が活発になっています。ゆえに地震が起こるのでしょう。占いというから反射的に迷信として反発する人が多いのですが、方位とか運勢といったものは電磁波の研究であり、そこには一定の法則があるとするのが東洋暦でしょう。

たとえば、解散総選挙のときは広域地震がよく起こります。これも太陽活動とは無関係ではないということです。

11月21日から29日まで地震注意のサインが出ていましたので、ブログに書かなければと思っていましたが、アップが遅れて申し訳ありませんでした。長野方面に限らず、他の地域でも大きめの地震が起こる可能性があります。29日まで引き続きご注意ください。

ところで、高倉健死去のニュースをみて、落胆された方も多いのではないでしょうか。悪性リンパ腫とのことで、これは北東の方災です。よく海外に行ってらしたようですから、方災はいろいろありましたでしょうね。8月に御茶ノ水の順天堂に入院されたとのことで、これが月盤「北東の五黄殺」方位でした。3ヶ月目の11月に容態が急変。健さんご自身も関係者も亡くなるとは思っていなかったことでしょう。

驚いたのは、中国外務省の鉄仮面・洪磊報道官が哀悼のスピーチをされたこと。日本に対して憎たらしいことばかり言う鉄仮面がなんとも辛そうな顔をして悲嘆にくれるなんて・・・ありがとう洪磊さん。健さんがあれ程までチャイニーズに愛されていたとは知りませんでした。映画や音楽に国境はない。

ホノルルのヌウアヌ・アヴェニュー、ダウンタウンの山側地区ですが、坂道を昇りきったところに大きな霊園があります。友人のご両親(日系二世)がここに眠っていらして、あまりお墓参りもされていない様子なので、友人に代わってよくお墓の掃除に出かけていました。私はこの界隈に住んでいたのですが、日本人を見かけることはほとんどない地区です。

ある日、左手に花束を抱え、愛用のポルシェ(と名づけたショッピングカート)にお掃除道具を入れて、ヌウアヌの坂をてくてく昇って行ったら、向こうから下りてくる男性がいる。至近距離になって心臓がバクバクしました。健さんなのです。どうして、こんな所に健さんがいるの。ショックのれいらん。

思わず足を止め、深々とお辞儀して顔をあげたら、上掲写真のような笑顔で、「お墓参りですか」と日本語で仰られました。お辞儀をするのが日本人、日系人ならば「ハ~イ」と笑顔で挨拶、ハワイに慣れている健さんにはこの区別がついているのでしょう。

健さんと私には共通の知人がいて、その人は浪花千栄子さんの養女Tさん。浪花千栄子さんは京都の嵐山で竹生という旅館を経営されていたのですが、健さんが離婚したあと半年ほど、浪花さんが竹生に匿ったそうです。そのとき、Tさんが身の周りのお世話をされていたとのこと。「高倉健・再婚」などとゴシップを流されたこともあったと、のちにTさんは笑っていましたが、しばし健さんとTさんのお話で盛り上がりました。あとから思うに、どうして健さんはヌウアヌにいたのでしょう。健さんもお墓参りにいらしていたのかな、とも思います。別荘はカハラにありました。テネシー・ワルツとともに、宝石箱に仕舞っておきたい大切な思い出です。


私事で申し訳ございませんが急な用事で、今週は電話ならびにメール鑑定をお休みさせていただきます。急ぎのご相談がありましたら、24日(月)の午前中ならばお話できます。



鑑定を申し込まれる方は、事前にメールにてご希望の日時をご一報ください。
なるべく早くこちらから返信メールをお送りいたします。

二度目以降のお客さまで、お急ぎの場合は当日お申込みになられてもかまいません。
この場合、鑑定料は後払いでもかまいませんので。
(ただし、スケジュールが満杯のときは、お断りすることもございます)

必ずしもご希望の時間をお取りすることが出来ない場合もありますので、
「何時~何時までなら可能です」とメールいただければ助かります。

はじめての方は、カテゴリ「鑑定の申込み方法」をご参照ください。

「鑑定の申込み方法」



  

11月22日(土)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

11月23日(日)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

11月24日(月)  休業

11月25日(火)  休業

11月26日(水)  休業

11月27日(木)  休業

11月28日(金)  休業 

11月29日(土)  出張

11月30日(日)  出張

12月01日(月)  出張     
  


  

スポンサーサイト
2014. 11. 14  


友人に11月生まれの女性がいます。あるとき彼女が、「私ね、毎年誕生日の頃から気分が落ち込むのよ。運勢的なものと何か関係があるのかしら?」と、訴えかけてきたことがありました。

彼女からの連絡にはサイクルがあって、元気なときは仕事とアウトドアに忙しいらしく、ほとんど連絡がないのですが、決まって冬になると「どよ~んとした愚痴っぽいメール」が入って来るのです。

気分が落ち込みはじめると、ジャンクフードの過食もはじまります。「ポテトチップスって、そんなにおいしい?」と聞きたくなるほど食べるのですが、それがおかき類だったり、とにかく糖質の高いものを食べ続ける傾向があります。本人もそれが良くないことだと重々承知しているのですが、やめられないのです。

しかも、「わたしは猫になりたい。一日中、こたつで丸まっていたい・・」などと言い出すのです。インドアのタイプならば、猫になって、おこたでぬくぬく・・・というのは判るのですが、彼女はアウトドアのスポーツが大好きな人なのです。

これが例年、11月から2~3月頃まで続くのですが、彼女の場合は運勢云々ではなく、「ウィンター・ブルー/冬季うつ病」です。いろいろアドバイスするのですが、頑固で他人の言うことを聞かない人なので、ずーっと同じことを繰返しています。普通なら、あきれて何も言わなくなるものですが、私もバカがつくお人好しなので、懲りもせず世話を焼き続けています。

この友人にかぎらず、11月頃(早い人ですと10月頃)から、冬季うつ病のはじまる人が結構な割合でいます。夏のうちは元気でいられるのに、冬になるとどうにも気分がすぐれない。やる気がなくなって、何もかもが面倒くさい。人付き合いが億劫。倦怠感、炭水化物の過食、過眠といった症状が顕著になります。いわば、冬眠のクマさん状態。

その原因は、日照時間が短くなることです。地域によっては雪や曇天が続き、太陽光を浴びることができないことから、高緯度地域ほど発症率が高くなるそうです。確かに、イギリスの国民の20%は冬季うつに罹るそうです。

自分にもそうした傾向があると思い当ったら、なるべく日光に当たる工夫をすることが肝心です。私は夏も冬も、雨が降っていなければ、朝日の昇る時間になるべく戸外を歩くようにしています。典型的なインドアタイプで、かつ通勤のない仕事なので運動不足の解消になるのですが、朝日に当たることを心がけますと、冬季うつになはなりません。

また、午前中に陽の入る部屋を仕事部屋にして、なるべく陽に当たるようにしていますが、西や北向きに部屋のある人には、下記のようなものもあります。冬季うつの人には一定の効果が認められています。


ブライトライトME+ブライトライトME+
()
ソーラートーン・ジャパン株式会社

商品詳細を見る


冬季うつにかぎらず、うつ病の原因と指摘されるのが神経伝達物質である「セロトニン」不足。これを増やすには、光に当たる、運動をする他に、食事で増やす方法もあります。せロトニンは必須アミノ酸の一種、トリプトファンから作られるので、肉・魚・卵といったたんぱく質の摂取を心がけましょう。また、トリプトファン吸収にはビタミンB6が必要なので、レバー、青魚、にんにく、胡麻、唐辛子、海苔も食べましょう。

一般的なうつ病は、まじめで責任感の強い人、完璧主義者、周囲にどう思われているか気にしやすい人が、往々にしてなりやすいのですが、冬季うつは多少いい加減な人でもなりますよ(笑)冬になると、どうにも気分がすぐれない人は、上記のようなことを心がけてみましょう。

朝日、運動、食事が大事ですが、頑張れない人は「ブライトライトME+」のような器具を使って光療法をしてみることをお奨めします。



2014. 11. 07  


競泳の冨田尚弥選手が、9月に行われたインチョン・アジア大会において報道陣のカメラを盗んだとされ、韓国で略式起訴された問題で6日、冨田選手は記者会見で、「盗んでいません」と疑いを否定しました。

占ってみますと、9月25日午前11時48分が犯行の行われた日時だとすれば、冨田選手は盗んでいないと出ます。

これは韓国におけるJOC の対応がまずい。事なかれ主義が、かえって深刻な事態につながってしまったという例。

冨田選手は監視カメラ映像は不鮮明であったと証言しているのですが、JOC が慌てて開いた記者会見で、「監視カメラに写っていたのは冨田選手だったか?」という質問に、「(着衣に)ジャパンとあった」と答えています。

韓国の警察に同道したJOC の関係者も、相当な心理的ストレスを受けていたはずで、そうした上での刷り込みや先入観、韓国捜査関係者からの教示によって、不鮮明な映像が冨田選手に見えてしまうことは、「目撃証言の心理学」では常識。

認知心理学者であるエリザベス・ロフタスの、「目撃証言」は、誤った情報によって人間の記憶がいかに歪められるか、実際にあった刑事裁判を例にあざやかに示した名著です。


目撃証言目撃証言
(2000/03/24)
エリザベス ロフタス、キャサリン ケッチャム 他

商品詳細を見る


どうも日本人は簡単に謝りすぎるのではないでしょうか? 私は、渡米したばかりの頃、日本での感覚がなかなか抜けなくて、やたら「ごめんなさい」を連発していたらしいのです。「私の英語がヘタでごめんなさい」と言うと、「謝ることないよ。僕だって日本語が判らないから、お互いさまだよ」なんて慰めてもらっていたものです(笑)

こうしたワタクシの控え目な態度を、スタンレー・ハラというハワイ州の上院議員だったおじいちゃんが、「貴女はまるで大和なでしこのような女性だ!」と。うちの弟が聞いたら、「ねえちゃん、そりゃ詐欺だ」とつぶやきそう。あの頃は英語の語彙が少なくて、「百万ドルのほほえみ」で勝負するしかなかったのです。

だんだんアメリカに慣れ、英語にも慣れると、アメリカ人はめったなことで謝らない人々だということが判ってきました。自分の非なんて、まず認めない。十八番のセリフは、「It's not my fault.」「あたしが悪いんじゃないわよ」 これはもう、あいつら、よく言うフレーズ。

長く住んで判ったことは、日米の文化の差異なんですね。日本人にとって「ごめんなさい」は人間関係の潤滑油ですが、アメリカ人にとって「I'm sorry.」は損害賠償の対象になるのです。これが判ってからは、私も「ごめんなさい」なんて絶対言わない、ビッチに変身。大和なでしこ七変化です。海外へ行ったら、謝罪は損害賠償の対象になるということを肝に銘じましょう。

冨田選手、方災なんですね。2010年からアメリカ留学していたようですが、渡米したときが「北東の暗剣殺」で、今回の帰国が「西北の五黄殺」。ここで、一発逆転の方位を取ったら、状況がくつがえるのだけど。応援してやりたいが。



鑑定を申し込まれる方は、事前にメールにてご希望の日時をご一報ください。
なるべく早くこちらから返信メールをお送りいたします。

二度目以降のお客さまで、お急ぎの場合は当日お申込みになられてもかまいません。
この場合、鑑定料は後払いでもかまいませんので。
(ただし、スケジュールが満杯のときは、お断りすることもございます)

必ずしもご希望の時間をお取りすることが出来ない場合もありますので、
「何時~何時までなら可能です」とメールいただければ助かります。

はじめての方は、カテゴリ「鑑定の申込み方法」をご参照ください。

「鑑定の申込み方法」





11月10日(月)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時  

11月11日(火)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

11月12日(水)  出張

11月13日(木)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

11月14日(金)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

11月15日(土)  午前10時~午後4時

11月16日(日)  休業

11月17日(月)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

11月18日(火)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

11月19日(水)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

11月20日(木)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時      
  


  


2014. 11. 04  

Eugene Smith 「楽園へのあゆみ」 1944年 サイパン 

(この記事は松田さんの許可を得て書いております)

一昨日、鑑定を受けてくださった松田さんの悩みは、「検診で見つかった大腸ポリープを放置すべきか、否か」というものでした。

普通なら、すぐ切除だと考えますが、彼女は近藤誠先生の「医者に殺されない47の心得」と、「どうせ死ぬならがんがいい」の二冊をお読みになっているのです。昨年、母のことがあったので、この二冊は私も読んでいます。

松田さんは10月21日に大腸内視鏡でポリープを3つ切除。そのとき、S字結腸にも0.8mm のポリープがあったのですが、それは取り逃がしたそうです。S字結腸をグリグリやられて痛くてたまらなかったと。「あんな痛い思いをするのは、もうイヤなんです」と、何度も仰いました。よっぽど痛かったのでしょう。

確かに、10月21日は土用中であり、処置を受けた病院は「南の暗剣殺」方位という、時期+方位のダブルパンチ。S字結腸のポリープが上手く取れなかったのもよく判ります。医師の腕が云々といった問題ではなく、これはもう「めぐり合わせ」というものです。

主治医は、3つとも良性ではあるが、年月の経過で悪性に変化する可能性のあるものであること。取り逃がしたS字結腸のポリープは2~3ヶ月以内にもう一度内視鏡で取る必要がある。見た目ですぐ良性とわかるポリープなら1年以内でいいが、悪い顔つきをしていたので早く取らないといけない、と話されたそうです。

しかし松田さんは、近藤誠先生の「がんは放置しておけ」という説にやや傾倒していらっしゃるのです。先生はその著書の中で「検診では全がん死亡率は下がらず、何の役にも立っていない」と断言され、確かに、「早期発見が実はラッキーではない」とまで書いておられます。

「松田さん、近藤先生の本以外にも、リサーチしてみましたか?」と尋ねたところ、「いいえ、近藤先生の本だけです」とのこと。

占うと、S字結腸のポリープはがんと出ます。

「私は医者ではないので、ポリープを切除するかどうかは、最終的には松田さんが決断しなければならないのですが・・・」と話し、私が松田さんならどうするかというお話をしました。

近藤先生の「がん放置療法」は、そのがんが「がんもどき」だったら命には関わらないので放置して大丈夫、そのがんが「本物のがん」だったらどんな治療をしても効果がなくむしろ命を縮めるので放置で良いというものです。

しかし、「治らなくてもかまわない」のであれば、近藤先生のように放置でいいのですが、私ならば「父が生きているうちは、どんなことがあっても死ねない。逆縁は親不孝だ」と考えているので、出来ることなら治したい。

がん研究の世界的な第一人者ロバート・ワインバーグ博士は、「大腸がんに関しては検診の普及によって死亡率は減少しはじめている」とし、「それは早期発見と腫瘍の外科的切除で、腫瘍進展の早期までしか進行していないものを除去できるからだ」と明言しています。

つまり、「がんもどき」と捉えて放置していた(早期治療で治るはずだった)早期がんが進行して、治らない進行がんになってしまう可能性だってあるわけで、私ならばすぐ「S字結腸の悪い顔つき」を内視鏡で切除してもらいます。10月の南方位は暗剣殺でも、11月なら大丈夫です。痛いのがイヤなら痛み止めを強くし、寝ている間にやってくださいと主治医に懇願します。

松田さんにご了承を得てまでこの記事を書いたのは、近藤先生の説も一理あるのでしょう。しかし、それはがんの種類にもよると思うのですね。ワインバーグ博士のようなエビデンスからの考察を読むかぎり、松田さんの主治医の見解が間違っているとは決して思えないのです。

彼女は主治医に、「先生・・・私、放置します。近藤先生の本には放置がいいと書いてありましたから」と、つい言ってしまったそうです。しかし主治医はイラッともせず、おだやかな口調で、「放置したために開腹して腸の一部を摘出ってなことになるのは最悪なんですよ。早いうちに内視鏡で取るのがいちばんです」と諄々と諭されたそう。人間のよく出来た先生だと思います。

松田さんの深層心理には治りたいという思いがあるから検診を受けたのだと思うのです。そのあとで読んだ、近藤先生の著書を信じてどうしても放置したいのならば、それはそれで一つの選択肢だと思います。しかし、放置した「悪い顔つき」のポリープが進行して、後悔する可能性が自らにあるのなら、専門家の話を聞いてしっかり納得したうえで治療を受けるほうが論理的な判断ではないでしょうか。



2014. 11. 02  


10月31日、日銀の黒田総裁が大規模な金融緩和を発表しました。午後2時頃、ニュース速報が流れましたが、とっさに「これで消費税10%が決まったな・・・」と思いました。「黒田のばかやろう」ともつぶやきましたが、これはワタクシとしたことが、ちょっとお下品でした。

黒田日銀総裁は財務省出身で、このかたも「心の本籍地」は財務省。しかも主計畑を歩んできたバリバリのタックス・マンです。金融に長けた日銀生え抜きの総裁なら、この場面で絶対に金融緩和はしないはずで、事実、追加緩和は賛成5、反対4という僅差で決定したそうです。相当危ない橋を渡りはじめました。(その昔、円を守り抜いた前川春雄日銀総裁のような人が本当に懐かしく思える)

当ブログに経済や国際関係の記事を書きますと、「難しくて判りません」と一部に不評なのですが、(ごめんなさい。大事な局面なので今回は書きますね)まず、「金融緩和」について判りやすく解説しますと、日銀がお札をいっぱい刷って、世の中に出回るお金の量をどかんと増やすことで、景気を刺激する金融政策です。

一般的に金融緩和といえば金利を下げて、企業や個人がお金を借りやすくし、投資する意欲を高めようとするのですが、現在銀行同士で短期間貸し借りする市場の金利は実質ゼロ%まで下がり、日銀はこれ以上下げられないのです。

そのため、現行ではお金を刷りまくる政策しか取れない。実際には造幣局でお金を刷らないで、金融機関がもつ国債を日銀が大量に買うことによって市場にお金を流し、銀行が企業や個人に長期間貸すときの金利が下がるようにするのですね。しかし、これだと、誰かが銀行に借金をしなければお金は銀行でストップしてしまう。

自民党の水面下では政策闘争が行われているはずで、今回の量的緩和で財政出動派が勝利したことが判ります。(二階さんが自民党の総務会長に就いたことが、その伏線ですね)これで自民党のお家芸であるバラマキがはじまるのです。

また、金融緩和をすると日本円の量が他国の通貨に対して相対的に増え、円の価値が下がることから為替は「円安」になります。しかし原発をストップしている今、火力発電に必要な石油や天然ガスへの依存度が高まる中での円安は輸入コストを押し上げます。当然に電気代やガス代は値上げせざるを得ない。同様に原材料や食料の輸入コストも上がりますからインフレとなって、物価は上がります。庶民のふところには痛い、値上げオンパレードになりますね。

しかし、インフレでいちばん喜ぶのは政府なのです。国内総生産(GDP)の240%もの債務残高があるわけで、インフレになれば政府債務は軽くなり、長期国債を購入すれば長期金利の上昇を押しつぶせる。これが誰も口に出さない、アベノミクスの究極の目的。(言葉を変えれば、1500兆円もの金融資産を貯め込んで使わない、富裕層と高齢者のお金を召し上げるような政策)

もう一つ、約130兆円の公的年金資金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が国内債券を現行の約60%から中長期的に35%に下げる一方、国内株式を25%に上げる見通しを打ち出していますが、これは無茶苦茶な政策。

こんなの株式のプロたちに合法的に収奪されるだけです。「リスクを取りながら高収益を目指す」とか、ふざけたことをぬかしていやがるんですが、この話には本当に腹わたが煮えくり返っていて、以下は極妻の岩下志麻みたいな姐御が「覚悟しいや」という気概で書いていると思ってください。

たかだか独立行政法人ごときに負えるリスクだと思っているのか。少なくとも、1億円飛ばしたら、一人ずつ責任者に死んでもらう法律でも作ってやらにゃ、責任なんか取るわけがない。生命保険にでも入ってもらえば、損失回収できる。それなら、金算段の理屈は通っている。こんな巨額な金、運用させたら、運用先がちょろまかして抜くだけ。桁がぜんぜん違うから、向こうは一回インチキに成功すれば一生安泰に暮らせるんだよ。だから、米国でも年金は米国債一択になって、市場では運用しない。しかもこのお金、政府のものじゃない。我々の年金なんだから。

今日の結論。これで「バブル再来」です。株価は上昇しますが、借金してまでやらないようにね。

11月7日、やっと土用が明けます。「お買い物したい気持ちをグッとこらえています」というメールをたくさん頂戴していますが(笑)、バンバン買ってくださいね。

5日あたり、地震がありそうです。大きくないことを祈って。



鑑定を申し込まれる方は、事前にメールにてご希望の日時をご一報ください。
なるべく早くこちらから返信メールをお送りいたします。

二度目以降のお客さまで、お急ぎの場合は当日お申込みになられてもかまいません。
この場合、鑑定料は後払いでもかまいませんので。
(ただし、スケジュールが満杯のときは、お断りすることもございます)

必ずしもご希望の時間をお取りすることが出来ない場合もありますので、
「何時~何時までなら可能です」とメールいただければ助かります。

はじめての方は、カテゴリ「鑑定の申込み方法」をご参照ください。

「鑑定の申込み方法」





11月01日(土)  午前10時~午後4時  

11月02日(日)  午前10時~午後4時

11月03日(月)  休業 

11月04日(火)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

11月05日(水)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

11月06日(木)  出張            午後8時~午前0時

11月07日(金)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

11月08日(土)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

11月09日(日)  休業

11月10日(月)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時
  


  


プロフィール

れいらん

Author:れいらん
ご訪問ありがとうございます。

東洋占術歴40年になります。占い師とは「人を幸せに導く職業」だと思ってきました。同時に、多くの方のさまざまな悩み苦しみに接し、人ひとりが人生を生きく抜くことの困難さに思いを馳せずにはいられません。思えば私たちの人生はこころの旅であり、こころには喜びが必要です。こころがつらいとき、どんなに強い人でも自分を支えていくのは難しいことです。その苦しみからどうやって抜け出すか、私の占いが少しでもお役に立てれば幸いです。占いを通じて多くの方々の人生に接してきました。その喜びや哀しみに共感し、一喜一憂する日々はまた、私自身のこころの旅でもありました。

長きにわたり、ご紹介のお客さま限定の対面鑑定をしてまいりましたが、少しでも多くの方のお力になりたいと思い、このブログからの電話鑑定も受け付けることにいたしました。電話が苦手という方にはメール鑑定もご用意しておりますが、電話の方がよりニュアンスが伝わりやすいと存じます。

東洋占術にはそれぞれ得意とする分野があり、ご相談の内容によりもっとも適切な占術をこちらで判断の上、鑑定いたします。

ご依頼の方は、カテゴリの「鑑定の申込み方法」をクリックし

 leilan808@gmail.com

まで、ご連絡くださいませ。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR