2014. 10. 31  

PICASSO

仕事や家事の手が、思わず止まってしまうニュースがたまにあります。いささか旧聞に属しますが、お嫁さんが作っていたカレーを、お姑さんがいきなり流しに捨てたことから、カッとなったお嫁さんが、お姑さんの頭を鍋で叩き、首を絞めたという事件がありました。

私が「?」と思ったのは、73年も生きて来た女性が、いくら33歳のお嫁さんが気にいらないからって、作っている最中のカレーを流しに捨てるか? ということ。嫁姑のトラブルはどこにでもあることとして、なにか片付けられないものを感じます。

私のもとに寄せられる相談の中でも嫁姑問題はかなり多く、お姑さんの立場、お嫁さんの立場、双方からの相談があります。

新聞やラジオの人生相談ですと、回答者は「上手に距離を取りなさい」とか、「相手に感謝の気持ちを持つようにしたら、今の状況は少なからず改善します」などと常識的なことを言います。しかし、そんなことで解決するなら、わざわざ他人に相談はしないわけで、この世でいちばん難しい人間関係が嫁 vs 姑+小姑問題だろうと思います。

多くの場合は方災が影響しているので、転居や方違えなどをしますと次第に状況が改善していくのですが、お話を伺っていて、「これはちょっと普通じゃないな」と感じるケースがあります。

このカレー事件のお姑さんも、鑑定者としての長年の経験で「普通じゃないケース」として私は捉えました。たぶん、刃(やいば)を向ける相手はお嫁さんだけではないはずで、調べてみたら、このお姑さん、「隣家のバラを勝手に伐ってしまった」のだそう。理由は、「私はバラが嫌いだから」。

この衝動性はいささか異常と言わざるを得ない。認知症の初期というよりも、これは「境界性パーソナリティ障害」の特徴と一致します。逮捕されたお嫁さんには弁護士がつけられたと思いますが、お姑さんの精神鑑定を要求した方がいいのではないかと感じました。

こうした問題が起こりますと日本の社会では、間に入った息子(嫁からみれば夫)がだらしないからだと言う人が結構な割合でいるのです。しかし、家長的な強権を息子が発揮して解決する問題ではないわけで、もしお姑さんが境界性パーソナリティ障害であれば治療を要する問題です。単に「性格がわるい」のとは、全く違う性質のものです。

お客さまから寄せられる問題で、私が「?」と感じるお姑さん、あるいはお嫁さんの中に意外と多いのが「自己愛性パーソナリティ障害」ではないかと思われる人々です。とにかく、「貴女はいったい何様なの?」と思うほど傲慢で、優越性を誇示し、権力を求め続ける傾向があります。

それは本人だけがそう思っている極端なうぬぼれにすぎないのですが、実際にはもろく崩れやすい自尊心を抱えているため、他者をさげすみ、軽んじることで、内在された自己の脆弱性とのバランスを保とうとしているのだそうです。こうしたお姑さん(お嫁さん)を持った人はたまったものではありません。お話を伺っていても本当に気の毒で、過度なストレスから病気になってしまう方々もおります。

境界性にしろ自己愛性にしろ、こうしたパーソナリティ障害を抱えた親に育てられた子供はさらに気の毒です。もし、ご自分の親に普通でないものを感じたら、あるいは姑(嫁)の極端な気質に悩まされていたら、下記の著書は参考になるかもしれません。

パーソナリティ障害―いかに接し、どう克服するか (PHP新書)パーソナリティ障害―いかに接し、どう克服するか (PHP新書)
(2004/06)
岡田 尊司

商品詳細を見る


今まで伺った話でいちばん辛かったのは、6歳年下の友人のお母さんの話。この方は戦時中に学童疎開をしていて、戦後焼け野原の東京へ戻ったら、家族が全員、空襲で亡くなっていたそうです。隣家に住んでいた赤の他人のおじいさんが不憫に思って育ててくれたそうですが、やがて友人のお父さんと出会って結婚。ところが、この家には嫁がずにいた姉がいました。友人にとっては伯母にあたる人ですが、この人が自己愛性パーソナリティ障害だったそうです。

何かというと、戦災孤児だから親にきちんと躾けられていないと蔑まれ、針のむしろのような婚家でいびり倒されるのです。しかし、彼女には逃げて帰る実家がない。とうとうお母さんは精神に異常をきたし病院へ入院。結局そこで自殺するのです。

私たちが知り合ったのはお互いに20代の頃で、お母さんはすでに亡くなられていましたが、「お父さん、元気?」と尋ねると、「会社から戻ると、新聞の囲碁の欄を眺めながら、いつも独りで碁盤に向かっている」と言うのです。きっと、このお父さんも世間からは、「夫がしっかりしないからだ」と言われ続けたことでしょう。

友人はずっと「家の問題」について悩んでいましたが、あるときカウンセラーの先生に相談して、伯母さんの人格障害を指摘され、すべて納得がいったそうです。今は心やさしい夫と二児に恵まれ、お父さんとも同居して目黒区で幸せに暮らしています。

さて、私は今月の目標を達成することが叶いませんでしたが、引き続きブログの更新は続けていきたいと思います。また、私からメールの返信を待っていらっしゃるみなさま、この土日でお送りいたしますので、今少しお待ちくださいませ。鑑定の合間に返信していますが、どうも追いつきません。葛飾の千恵さん、土日のいずれかにお時間があれば電話をください。


スポンサーサイト
2014. 10. 29  

片岡球子

10年前、「ビル・ゲイツの面接試験」なる本が話題になりました。

富士山を動かすのに、どれだけ時間がかかるでしょう?

破竹の勢いだった20世紀末のマイクロソフト社は、アメリカの俊英たちにこんな口頭試問をしていたのかと驚いた記憶があります。マイクロソフトに入って30歳までに1億円稼ぐのがアメリカの若者の夢だった時代の話。

私が即座にひらめいたのは、出雲国風土記の国引き神話(笑)

こんな文系頭の形而上学的な解答、ビル・ゲイツが期待していなことはハナから承知しているのですが、そこはおばぁのふてぶてしさ、文系頭のエレガンス(笑)で勝負するしかない。目の前にビル・ゲイツがいると思って、いっちょトライ!


日本人にとってマウント・フジは、アメリカの自由の女神に匹敵するものです。自由の女神を勝手に動かすとなれば、これはもう ”アメリカ人許すまじ” でございましょう。しかし、崇高な神父さまたちが十字を切って、えんやこらどっこいしょと移動させれば、多少のお目こぼしはありましょう。ゴット・ブレス・アメリカ。

日本も同じでございます。ここはひとつ出雲の神さまにお願いするしかございません。ジャパニーズ・シントー・パワー。かつて日本では、国の形が東西に薄っぺらで、国造りに失敗したことがあります。そこで、朝鮮半島やら隠岐の島やらの余った土地を綱で引き寄せ、これをつなぎ合わせ造ったのが島根半島。私どもにはこうした経験がございます。(なんかゼネコン調)

マウント・フジを動かすとなれば、あれだけの大きさですから、スーパー・パワーが必要になりましょう。これは日本の神さまを総動員せねばなりません。

幸い、10月になりますと日本中の神さまが出雲で学会を開いております。やはり、ここが狙い目。最終日は11/6ですから、今回は学会後のパーティを神々に諦めていただき、マウント・フジを神通力で動かしていただく。本家本元のカミカゼで尖閣諸島にでもどかんと乗っけちゃいましょう。カミカゼって言ったってテロじゃありません。誤解なきよう。

問題はマウント・フジの「マグマ」なんですが、これはぴ~と笛を吹いてマグマ大使をお呼びする。場合によっては、ウルトラの兄弟やガメラ、忍者も馳せ参じることでしょう。いずれにしろ、あと8日お待ちください。ひと晩で動かしてご覧に入れます。

答えは「ひと晩」です。



なんて即答したら、ビル・ゲイツ、営業で雇ってくれなかったかしら(笑)

どうして、こんなことを書いているかと申しますと、練馬の姫が就職の二次試験を通過し、来月はいよいよ三次の個人面接ということで、少しでも参考になればと・・・なりませんね(笑) Y子ちゃんの最もすぐれているところは自己管理能力です。この長所を面接で上手にアピールすること。方違えの効果と、天国のおばあちゃんが守ってくれる!

では、模範解答を。


富士山をそっくりそのまま移動することは、今現在は技術的に無理なので採石作業で考える。富士山の高さを3800m、裾野の底辺の直径はその約10倍と推定すれば、その円錐形の体積は1兆6000億m3となり、実際の平らな頂上部分と中腹のえぐれ部分を少し引いて、実質、富士山の体積を1兆4000億m3と推定する。

この体積を3x2x1.2m3の積載容積を持つダンプカーに積むとすると、約2000億台分に相当する。通常の平坦な土地を掘削するのと同じような条件であることを前提にして、最新の機械などは使わずに1人でこの作業をするとすれば、ダンプカー1台分の作業には少なくとも1日はかかると推定。

したがってどこまで運ぶか、また復元までするかなどは考えないで、単純に掘削して運び出す作業に要する時間は、約2000億人日となる 。



こんな面接をくぐり抜けた若者たちが、いまやグーグルやアップルに負けそうになってるわけで、創造的な発想とはいったいなんでしょうか。天才的なひらめき?子供のような頭の柔らかさ?ニーチェのいった「小児の無垢」?

入社試験の場合、評価する面接官がその業界で身につけたコンテクストから、ありふれているか、創造的であるかが、評価されるものでしかないわけです。

結局、創造性にとって最も重要であるのは、リスクを引き受ける企業側の責任にあるのでしょう。ある発想を評価し、リスクを恐れずにその実行へゴーサインを出す決断。当然に起こるであろう初期的な不良や失敗に忍耐をもち、再トライへ寛容であること。これらのものを許容する「企業の責任」があって、はじめて創造性は豊かに結実するのだろうと考えます。中村修二しかり、マッサンしかり。

今日のブログは、私の「ボケ封じ」になりました。


2014. 10. 27  

SHINZO ABE OFFICE / AP 

世間をにぎわした宮沢経産大臣の「SMバー」問題。マスコミは「政治と金」の問題として、「これでいいのか安倍政権」という、いずこも金太郎飴のごとき切り口。ここは深読みが必要な、非常に重要な場面なのですが。

唯一、失笑を禁じえなかったのはジャパンタイムズで、slapped by S&M scandal 「SM スキャンダルで叩かれる」というタイトルを掲げていました。slap という単語には(ピシャリと音をたてて)叩くという意味があるのですね。ビンタにも使う動詞ですが、この見出しはうまい。座布団三枚。

話を戻せば、宮沢さんは旧大蔵省出身で自民党税調の中心にいた人物です。財務省の官僚が、「財務省より財務省寄り」と皮肉るほど宮沢さんにとって財務省は「心の本籍地」で、消費税10%の実現を最大テーマとする議員。今回の「SMバー」問題は、反対派が飛ばした実弾と見るべきでしょう。

それほど消費税10%をめぐって水面下で攻防戦が繰り広げられているわけで、消費税を上げられると困る人々の代弁者たる議員 vs 財務省側に立つ族議員との代理戦争の様相を呈しているのですが、これが政治です。

さらに深読みすれば、「敵は閣内に、味方は党に」配置するのが自民党の人事セオリーです。安倍晋三が石破茂を幹事長という「党」から、「閣内」へ取り込みたかった理由はここにあります。また、背後に元経世会の老獪なじいさんたちが蠢く小渕優子を幹事長にしなかったのも同様。今回の小渕経産大臣の辞任で安倍総理は疲弊しているのではないかとの声もありますが、それほどズタボロではないと考えます。

小渕優子は派閥の息がかかった人物で、宮沢洋一は財務省の族議員。安倍晋三の目指す近未来の自民党像にとって、こうした旧態然とした人々は、いわゆる内なる敵なのだろうと想像します。小泉純一郎のように明確な対立軸を作って「自民党をぶっ壊す」と声高には叫ばなくても。

本来は、12月に消費税率10%の決定をし、来年の通常国会での集団的自衛権容認に伴う安保関連法案審議といった不人気な政策をやり遂げ、支持率が下落しきったところで、自ら訪朝して拉致被害者を連れ帰り、再び内閣支持率をV字回復させる。そこで総選挙を打って勝利し、首相続投というのが安倍総理のシナリオだったと思います。ただ、本当にその「拉致カード」を切れるのか? 北朝鮮との交渉を見るかぎり、怪しくなってきました。

金正恩の運勢がよくないのです。はっきり言ってヤバイ。(ヤバイという言葉は、昔はその筋の方々が使う言葉でした。ハクいスケとか・・・)中国の「反・金正恩」がはっきりした今、彼は親中国の部下を一掃することに躍起となっている模様。そうでなければ中国からクーデターを仕掛けられる。今は拉致問題どころではないというのが真相でしょう。この最悪な運勢は来年いっぱい続きます。右脚を引きずっていますでしょう。あれは地位をおびやかされていることの暗示。

安倍晋三の運勢も、9月21日の誕生日から「下降線をたどっている」ことは事実ですが、もう一年は持つはずです。秋の臨時国会は11月30日まで。その直前に解散すれば、年内に総選挙となる。この時期であれば、12月に決める予定だった消費税率10%を先延ばしにし、その是非を国民に問うという名目が立つわけです。

消費税8%の増税で国内の景気は完全に腰折れ状態であり、今ここで10%へ増税したら廃業へと追い込まれる中小企業が相次ぐことになります。しかし財務省も税調もテコでも動かない。

それは自民税調の野田毅が、「リーマンショックのようなことでも起こらないかぎり、消費税10%は規定路線」と日経新聞のインタビューに答えていて、この人は頭がちょっとアレですね。リーマンショックは100年に一度といわれるリセッション。ここで株価が暴落する場面はあっても、リーマンのごとき歴史的リセッションが起こりえないことをハナから知っていて、この発言。昔、自民税調のドンといえば山中貞則で、ワンマンでしたが古武士のごとき薩摩隼人でした。それに比べると野田毅は財務省べったりの感あり。

たぶん安倍総理は、この景況で10%増税を回避したいのです。でも内なる敵には、こうした男たちがうじゃうじゃいるわけで、政府税調の土居丈朗慶大教授のように、「ならば対案を出せ」と理路整然と迫る学者もいる。今、この状況で対案なんてないわけで、安倍晋三は「エイッ!」とばかりに解散カードを切る可能性が高くなりました。いいんです、やれば。今ならばまだ野党が一枚岩になっていない。11月の政局から目が離せなくなりました。

今、この記事を書きながらニュースを聞いていましたら、また宮沢さんに問題が出て来たようで、まあ実弾が飛び交うこと。今のところ安倍内閣は二者凡退ですが、ひょっとしてこれは三者凡退となりますか。英語で、three up, three down と言います。どうでもいい英語は、なぜか忘れないものです(笑)

ところで私は、今月の目標を達成できるのか? 明日から怒涛の更新!



2014. 10. 13  


新、朝ドラ。ニッカウヰスキーの創業者であり、「日本ウィスキーの父」と呼ばれる竹鶴政孝と、スコティッシュの妻・リタの物語。

ニッカといえばフロム・ザ・バレルです。その品質に対し破格とも思えるような価格なのですが、積極的に宣伝しないせいか、それほど売れていません。ニッカのモノ作りに対する真摯な姿勢を感じるウィスキーで、これは竹鶴政孝の技術屋としての魂が、今もニッカには残っているのでしょう。がんばれ余市。

物語の伏線としてS社との関係がすでに出てきましたが、竹鶴はやがてS社を見限ってしまいます。それはS社が企業戦略として「悪いモノも儲けのためには作る」からで、収益にフォーカスすれば、それは至極まっとうなことです。ビジネスとは良いモノを作ればそれが売れて儲けにつながるとは、必ずしも線形的な関係になく、これがモノづくりのジレンマのみならず、会社経営の難しいところでもあります。現在のS社の隆盛と、A社の傘下に入ったニッカの今日を見ればよく判ります。

さて、物語のもう一つの伏線は国際結婚なのですが、明治の男が白人女性を妻にし、しかも生涯添い遂げたところが驚嘆に値します。たぶん夫妻のプライベートに関しては、大正時代の日本で異国の文化に苦労するリタの辛抱強さが描かれるのでしょう。

すでに姑の泉ピン子が演技せずに地でやっているのかと見まがうほど(笑)いびり倒していますが、お芝居ゆえのデフォルメとしても、当時の日本人が易々と彼女を受け入れなかったであろうことは想像がつきます。

しかも、この先には戦争という狂気の時代がやってくるわけです。大正の日本はまだ、着物でいえば「しぼりのぼかし」のようなファジーな時代ですが、昭和に入れば「市松模様」のごとき白黒はっきりした時代になって、国民も一億火の玉になるわけで、これは敵国に生まれ育ったリタにとっては厳しかったことでしょう。日本へ嫁いだことを悔やんだこともあったでしょうし、強い覚悟のもとに腹をくくっていたのかもしれませんが、いずれにしろ夫の精神的なサポートがなければ乗り越えられなかったことと想像します。

今回の物語でどこまで描かれるかは判りませんが、白人女性を妻にした竹鶴政孝の「男の苦労」も相当なものであったでしょう。日本人に限らず、これは世界の男に共通することですが、男性が国際結婚するときは、国力がちょっと下の国の女性を選ぶものです。差別的な発言として取られ兼ねないので、それを指摘する人はほとんどいませんが、事実はそう。これは文化人類学の研究分野の一つであろうと考えます。

実際に周囲を見渡せば、白人と結婚する日本女性はたくさんいますが、それに比べれば白人を妻にしている日本男性は非常に少ない。

鰐淵晴子の父親であるバイオリニストの鰐淵賢舟(長岡の人)は、ハプスブルク家の末裔のオーストリア人を妻にしていました。ハプスブルグ家というところで、こりゃまたスゴイと思ってしまうのですが、これは鰐淵賢舟氏の寛容でおだやかな人間性もさることながら、アメリカやプラハに15年も留学して西洋の習慣を身につけていたから可能なことであったと想像します。

一方、作家の獅子文六はフランス留学中にフランス女性と結婚し、日本へ連れて帰国。彼女との間に一女をもうけますが、妻はやがて精神を病み、帰国してしまうのです。当時、まだ売れない作家だった獅子文六はひとり娘を抱え七転八倒するのですが、やがてこの子を可愛がってくれるよき妻女に恵まれ戦中戦後を乗り切っていく過程は、小説「娘と私」に描かれています。

日本男児の中にあっても、獅子文六はとりわけシャイで偏屈、因業(いんごう・頑固で無情)という複雑でわがままな男ですから、明治の日本女性には諦観できても、フランスの誇りを子供の頃から叩き込まれた女性にはアイデンティティを喪失させるような夫であったと思います。

獅子文六はこうした男だから、案外ユーモア小説のような対極の世界を上手に描いたのでしょうね。その昔、今のビートたけしみたいな人気者だった柳家金五楼も非常に複雑な気質の人でしたし、植木等は酒もバクチも女遊びもしないという、僧侶の堅物な息子なのに、あれほど可笑しい。

さて、話を国際結婚に戻せば、日本の男性は国力のちょっと劣る近隣諸国の女性を好む人が多いのではないでしょうか。昭和の時代、韓国や台湾行きの飛行機はおじさんばっかりで、入国の際、パスポートを握ってイミグレーションにズラリと並ぶ日本おじさんのモミモミとした姿は、可笑しさを通り越してカワイイと思えるほどの「はしゃぎっぷり」でした(笑)。さすがに、アムステルダムの飾り窓ではあんな感じにはならないと思う。

ゆえに、白人女性を奥さんにしている日本男性にたまに出会うと、「いや~ご苦労さん」と心の中でねぎらってしまいます。近代文明は欧米諸国が牽引してきたわけで、そのプライドは彼女たちの内面にも綿々と引き継がれているわけです。こうした女たちを妻女にしたら、母親からスポイルされて育った日本男児には、何万トンもの重き荷を背負って坂道を行くがごとしでしょう。

そうした視点でも朝ドラを観たいと思っているのですが、これは脚本家の腕に期待したいところですね。竹鶴政孝がリタのプライドを受け留めていく日本男児としての苦悩。これは絶対にあったはずですから。

いずれにしても、国際結婚は難しいものだと思います。生まれ育った国が違う男女が夫婦となって、一緒に巣を作っていくことがどれほど大変なことか。ことに日本人の場合、外国人には相手の気持ちを察するという文化はありませんから、口に出さないと胸の内なんか察してくれないのです。「俺の気持ち、わかってくれよ」、「俺とおまえの仲じゃないか」なんて通用しない。これは日本人にとって案外とやっかいなものです。日本人同士の夫婦だってやっかいなのに、ねぇ(笑)


 すぐキレル妻よ見習へLED  (忍耐夫)   サラリーマン川柳より


面と向かっちゃ言えないけど、せめてものウップン晴らし(笑)
がんばれ、とーちゃん!


2014. 10. 11  


今年最強といわれる台風19号(国際名・ヴォンフォン)が沖縄に迫っています。

ヴォンフォンのスペルは、Vongfong。すずめ蜂。マカオの命名だそうですから、広東語が由来でしょうね。従来、台風の名前はキティやジェーンのような人名を米国がつけていましたが、2000年からは台風委員会(加盟国は日本ほか14カ国)が提案した140種類の名前が順番につけられているのだそうです。

この140種類の名前は気象庁のサイトで見ることが出来ます。「台風の名前」

さて、すずめ蜂のヴォンフォンですが、11日午前6時現在、那覇市の南南東約260kmにあり、中心気圧は930ヘクトパスカル、最大瞬間風速は70メートル。これは、戦後日本に上陸した台風のビッグ5といい勝負ですね。さーて、困りました。

その巨大な渦巻き雲が宇宙から撮影され(上掲写真)、飛行士の驚きの声とともにTwitterへ投稿されました。(ちなみに、私も彼のフォロワー。彼のツィートはファンタスティックで好奇心をそそります)

I’ve seen many from here, but none like this.

「ここから幾つも台風を見てきたが、こんなの見たことないよ」ですって。

国際宇宙ステーション(ISS)に搭乗中のリード・ワイズマン飛行士は、これまでも大型台風の映像をTwitter上で公開し、フォロワーの度肝を抜いてきたのですが、そんな彼ですら驚愕の声をあげているのが、今回のヴォンフォンです。

気象庁では、10日から11日にかけて沖縄・奄美・九州南部地方に対し暴風や高波への厳重な警戒を呼びかけているのですが、お客さまのAちゃん、西南の方位が良いので沖縄へご旅行されていたのですが、台風が近づいて来たので、昨夜石垣島から那覇へ戻って来ようとしたら、なんと那覇へ着陸できず、関空まで戻って来てしまったとの連絡が。

Aちゃんは旅を早目に切り上げることになったのですが、結果としてこれは正解。いま那覇にいたら、連休中に東京へ戻って来られなくなりましたね。禍い転じて福となす。Aちゃん強運!さすがのものでございます。

今回の19号ですが、日本列島を縦断するような進路で、なんとか勢力が弱まることを祈っているのですが、すずめ蜂というわりには鈍足ですよね(笑)いつまで東シナ海にいるのよ、じれったいねぇ・・・と、いささか短気になったりするのですが、ノロノロしているうちに案外と勢力が弱まるような気が・・・しませんか? 私だけかな。

みなさまもお気をつけてくださいね。

16日~24日、地震に注意。

20日から土用に入ります。



鑑定を申し込まれる方は、事前にメールにてご希望の日時をご一報ください。
なるべく早くこちらから返信メールをお送りいたします。

二度目以降のお客さまで、お急ぎの場合は当日お申込みになられてもかまいません。
この場合、鑑定料は後払いでもかまいませんので。
(ただし、スケジュールが満杯のときは、お断りすることもございます)

必ずしもご希望の時間をお取りすることが出来ない場合もありますので、
「何時~何時までなら可能です」とメールいただければ助かります。

はじめての方は、カテゴリ「鑑定の申込み方法」をご参照ください。

「鑑定の申込み方法」





10月14日(火)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時         

10月15日(水)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

10月16日(木)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

10月17日(金)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時           

10月18日(土)  休業

10月19日(日)  休業

10月20日(月)  休業 

10月21日(火)  休業

10月22日(水)  休業

10月23日(木)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

10月24日(金)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

10月25日(土)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

10月26日(日)  休業

10月27日(月)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

10月28日(火)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

10月29日(水)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時

10月30日(木)  休業

10月31日(金)  午前10時~午後4時  午後8時~午前0時
  


  

2014. 10. 10  
anne

秋の訪れが二週間ほど早かった今年。

例年ならば「暑さ寒さも彼岸まで」で、秋分の日あたりから布団(または毛布)を厚くしていくのですが、どうも今年は9月初旬からその必要性があったようです。それを怠った私は風邪と耳鳴りと呼吸器の不調に悩まされました。

同様に、9月中旬から体調を崩したお客さまが実は非常に多く、鑑定やメールにそうした内容のものがドーンと増えましたので、秋の寝冷えについてしたためてみたいと存じます。

東洋医学に詳しい方はご存知と思いますが、秋は汗が内攻しやすくなります。内攻とは自分でかいた汗が、自分の内を攻めるという意味で、ちょっとした汗ばみが秋の冷気によって身体の中を冷やしてしまうのです。

それがいちばん顕著なのは眠っている間で、寝ていて汗をかくので疲労が抜けるのだそうですが、明け方はグンと気温が下がりますから、知らずして身体がこわばっているのですね。皮膚が急激に縮み、筋肉がこわばり、血管も縮みます。

私は9月になってから、やたらと肩から背中にかけてこりを感じるようになりましたが、おそらくこれも寝冷えが原因なのだろうと思いました。告白すれば、女だてらにあまり寝相がよくないのです。漢方医によれば、真冬よりも、秋の方が人の身体を冷やすのだそうで、これは目からウロコでした。

9月から不定愁訴を感じている方のほとんどは、秋の寝冷え(汗の内攻)が原因と思われます。

特効薬は、朝、熱めのお風呂にサッとつかること。長風呂の必要はありません。ふだんの温度より2~3度熱くし(例うれば東京の銭湯の熱さ。熱いのをちょっと我慢するくらいの温度)、時間はカラスの行水程度で十分です。

不定愁訴のある方は一度体験してみられれば、その意外な効果に驚くはずです。寝冷えが原因で起こっている風邪、喘息、鼻、のど、腹痛、下痢、便秘、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、身体のだるさなど、まずは朝風呂にトライすることをお奨めします。

東洋医学では、冬へ向かってゆくときは、季節より早目早目に布団や毛布を厚くしていくと、冬用の身体が出来上がるといいます。春から夏にかけてはその逆で、掛け物を早目に薄くしていくと、夏仕様の身体が出来ていくそうです。

また、窓のすぐそばにベッドのある方は、厚めのカーテンに切り替えたり、冷気が身体に当らないよう、(いつもピンクのチョッキをお召しの)春日さんのお部屋みたいに、ダンボールでふさいだりするといいかもしれません。色気のない、昭和の男子部屋にはなりますけど(笑)

今日も頑張って更新!




2014. 10. 09  


毎月、「今月の目標」なるものを自分に課しているのですが、10月の目標は、「ブログのまめな更新、頑張って10回以上」だったにも関わらず、今月に入ってから一本もアップしていないというテイタラクぶり。はたして目標は達成できるのか?

日本中がノーベル賞の祝賀ムードなのですが、この日曜日以来、小骨がのどに突き刺さったように私の頭から離れないことがありまして・・・佐世保女子高生殺害事件、犯人とされる少女の父親の自殺です。この事件が起きてからというもの、父親は大丈夫だろうかと、非常に気になっていました。

私の頭の中には、バブル時代に世間を震撼とさせた宮崎勤の連続幼女殺害事件がありました。宮崎の父親が事件を苦にして投身自殺したことをご記憶の方もいらっしゃると存じます。おそらく母親だって死にたかったはずですが、残された家族を守るのは自分しかいないと歯を喰いしばって、生きていらしたのだと想像します。

佐世保の一家の場合は、母親の急逝が持つ意味は非常に大きかったのだろうと考えます。母親と父親は高校の同級生で、この父親をして、「妻は自分より上。とても勝てない」と言わしめているのですが、それは単に、早稲田と東大という学力の差ばかりでなく、この母親はマルチ・プレーヤーというか、よく出来た、何をさせても有能な女性だったのでしょう。

おそらくこの一家は母親が大黒柱のような存在で、この父親は夫というよりも、精神的には彼女の息子であったのではないか。ゆえに、母親が膵臓がんで昨年秋に急逝してから、この父親や娘にとっては心の支えであり、暴走する娘に対してブレーキの役割を果たしていた大黒柱の彼女が不意にいなくなって、すべてが瓦解しはじめた。

どなたも首をかしげたと存じますが、母親の死後わずか数ヶ月での父親の再婚。それも、死後すぐに婚活してのスピード婚だったという事実。こうした父親の行動は、いささか異常と言わざるを得ないのですが、同時にこの父親の人間的なもろさも感じました。精神的な支柱だった妻を失って、とても独りではいれないという、人間のもろさ。

死者をムチ打つような文章で申し訳ないのですが、私の元に寄せられる悩みには、家族関係に苦しむ方々の相談が多いので、こうした問題を、ただ他人事として見過ごすことができないのです。

ハワイにいた頃、私は日曜日の朝になると本願寺に出かけていました。キリスト教徒が日曜のミサに行くように、ハワイでは仏教徒のアメリカ人がお寺に集まるのです。私は浄土真宗の門徒ではないのですが(実家は浄土宗の檀家)、そこで伺う親鸞聖人の教えが心に響きました。

そこで出会った日系二世のご主人と、広島から嫁がれたという奥さまから伺ったお話は衝撃でした。このご夫妻は80代で、どちらも昭和初期の生まれ。ご主人の親は広島からの移民で、奥さまとはお見合いで結婚されたそうです。ご主人は米軍に所属していたので、朝鮮戦争もベトナム戦争も経験されたそうですが、ちょうどベトナムに従軍していた時期、長男が難しい年頃になっていたそうです。

奥さまが、「私が長男をしっかり見守っていれば良かったのですが、当時、舅と姑が相次いで病に倒れ、その看病に明け暮れている間に、長男がドラッグに走ってしまって・・・」。やがて、この長男は中毒者となり、傷害事件まで起こしてしまうのです。この事件は大きく報道され、長男は更生施設に入れられ、やがて刑に服したそうですが、「あのときは、毎日、死ぬことばかり考えていました」と。

そのとき彼女を救ったのは、「あそこにいる人」と手を指したところにいたのは、おだやかなお顔をした白髪の老女でした。近所に住む、日系二世の中田さんという女性だそうですが、「今、あの子についていてあげられるのはあなたしかいないのだから、つらい時期だけれども頑張りなさいね」と、毎日のように彼女の元を訪ねて来てくれたのだと。

ハワイも日本と一緒で島ですから、狭い狭い社会です。そのような環境で、人を殺そうとした息子を持つ親とは、どれほど肩身がせまかったことでしょうか。しかし、日本と違うところは、ハワイはアメリカなのです。犯罪者の家族を追いつめて、社会から排除するということはなかったそうです。

お話を伺っていて辛かったのは、弟である次男が、兄の責任を感じてか妻帯することなく、福祉の仕事に生涯を捧げられているということ。やがて親が亡くなれば、兄を見守っていくのは自分しかいないと、ご両親と兄と一緒に暮らしているそうです。その重い十字架を思うと、胸が痛みます。

佐世保の事件は未成年の犯罪であり、父親が親として責任を強く感じるのは当然のこととはいえ、社会的な責任の取り方として、自殺は正しいこととは思えないのですね。少女はいずれ社会に戻ってくるわけで、そのとき、彼女をじっと見守っていくことが、本当の意味での親としての責任ではないかと思うのです。この父親に、ハワイの中田さんのような、蔭ながら支えてくれる人はいなかったのかと、悔やまれます。



プロフィール

れいらん

Author:れいらん
ご訪問ありがとうございます。

東洋占術歴40年になります。占い師とは「人を幸せに導く職業」だと思ってきました。同時に、多くの方のさまざまな悩み苦しみに接し、人ひとりが人生を生きく抜くことの困難さに思いを馳せずにはいられません。思えば私たちの人生はこころの旅であり、こころには喜びが必要です。こころがつらいとき、どんなに強い人でも自分を支えていくのは難しいことです。その苦しみからどうやって抜け出すか、私の占いが少しでもお役に立てれば幸いです。占いを通じて多くの方々の人生に接してきました。その喜びや哀しみに共感し、一喜一憂する日々はまた、私自身のこころの旅でもありました。

長きにわたり、ご紹介のお客さま限定の対面鑑定をしてまいりましたが、少しでも多くの方のお力になりたいと思い、このブログからの電話鑑定も受け付けることにいたしました。電話が苦手という方にはメール鑑定もご用意しておりますが、電話の方がよりニュアンスが伝わりやすいと存じます。

東洋占術にはそれぞれ得意とする分野があり、ご相談の内容によりもっとも適切な占術をこちらで判断の上、鑑定いたします。

ご依頼の方は、カテゴリの「鑑定の申込み方法」をクリックし

 leilan808@gmail.com

まで、ご連絡くださいませ。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR