2017. 06. 13  


先週末から体調を崩している人が多く、入院された人もいて心配しています。

また、そこまでではないものの、心がザワザワして落ち着かないという相談も多いのです。

原因は磁気モノポールの影響です。モノポールに関しては量子物理学の世界では「存在するか否か」で、未だ論争中なのですが、彗星が太陽に近づくと磁気モノポールの量は増えるという考察があります。

確かに、彗星が太陽に接近すると、体調が悪い、心が落ち着かないといった相談が一気に増えます。

宇宙カレンダーを見ると、先週末から彗星が太陽に接近していますから、やはり磁気モノポールの影響を見逃すことはできません。

磁石にはN極、S極の二つの磁極が必ず存在し、この組み合わせを磁気双極子といいます。ところが磁気モノポールとは、N極のみ、S極のみを持つ磁石、磁気単極子のことで、この量が増えると、どうも人間の自律神経に影響するのでしょう。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」が存在します。交感神経は昼間活動するときに優位になる神経で身体を活動的な状態にします。副交感神経はリラックスして食事をするときや休息するときに優位になる神経です。

副交感神経が優位になると、心臓の拍動が緩やかになり、血管が広がり血流が促されるため、心身がゆったりとした気分になります。また、消化液の分泌や排便を促す働きがあります。

モノポールは単極子なので、どうも二つの自律神経のバランスを崩し、交感神経のスイッチを入れたままの状態にしてしまうのではないかと思います。要は、ストレスという負荷がかかりっ放しの状態になっているわけです。

そのため、心がザワザワしたり、免疫の落ちている人だと体調を崩すということになります。

こうしたときは、副交感神経のツボを刺激しましょう。

たとえば、ストレスで心がザワつくとき、イライラするときは、上の図にある「労宮」と「内関」のツボをゆっくり揉んでいるだけで、自然と心が落ち着いてきます。子どもが癇癪を起こすときも、「ママのおまじない」と称して、やさしく揉んであげましょう。これだけで、奥さまは魔女。立派な魔法使いです。

心が疲れてしまったら、「少府」と「神門」です。一日に何回押して 刺激してもかまいません。「少府」は手をにぎったときに、小指の先が当たるところです。「神門」は、手首の手のひら側にある横じわの内側で小指側の端にあります。

副交感神経を優位にして自律神経のバランスを正常にするツボが、「少商」、「商陽」、「中衡」、「少衡」、「少沢」です。

こうしたときに体調を崩したり、不安定になる人は、不思議と気持ちのやさしい人ばかりで、周囲への気遣いが多い人たちです。

反して、ラスボス系(魔王)のタイプは周囲に当り散らしてウップンを晴らすので、案外と平気なのです。当り散らされる側は、たまったもんじゃないですけど。

やさしい系のみなさん、ラスボスの餌食にならない工夫が大事。ラスボス系からは適当に逃げるのよ~。逃げられない立場にあるのなら、ラスボスが吠えたら冷静に観察してなさいね。

あの人たち、滑稽だから(笑)そう思えるようになったら、もう大丈夫。

この世を生きてゆく知恵です。


朝ドラ「ひよっこ」に、大家さん役で白石加代子登場。白石といえば早稲田小劇場。狂気女優で、他を圧倒する存在感300%ぐらいの実力派でしたが、今回は芸者上がりのアパートの大家役。(××上がりという言葉は差別だと仰る人もいますが、昭和40年当時は哀しいかな、職業に敢然と貴賎があった時代。だから敢えて使います)

赤坂芸者は「芸者ヒエラルキー」のトップの座にあれど、その赤坂芸者が料亭でも置屋でもなく、ひなびたアパートを持つところに一つの屈折がある。芸者としての丁々発止の果てに、戦争を挟んで自身のアパートを持つまでには、それなりに「したたかな女の歴史」があったわけで、白石は不敵な心を養って来た女としてラスボス感満載(笑)さすが白石加代子。妖しく、気持ち悪い。

  梅雨寒や口角下げて笑む老女

  

スポンサーサイト
2017. 04. 11  

(画像はクリックすると大きくなります)


新聞の「人生相談」を読んでいて、それが親身なアドバイスではあっても、精神論をふりかざすだけでは、相談者には何の役にも立たないだろうと思うケースがある。

上掲、70代後半のお父さんは、「老人性うつ病」を疑うべきであろう。

70歳まで現役で仕事をしてきた人が、退職によって環境が激変する。このときの精神的ダメージは非常に大きく、無気力にもなるのも致し方ない。

「やらなきゃいけない」と頭で分かっていても、それを行動に移すパワーがない。「ああ、また出来なかった・・」と落ち込むことの連続、そして焦り。

かかりつけの医師がいらしたら、「気力がなくなった」ことを相談するのが良いと思う。このケース、先生たちはすぐピーンと来るはずで、慣れていらっしゃる。

私の母の晩年は、「眠れない」「胃がおかしい」「痩せてきた」という身体の抑うつ症状を訴えることが多くなり、かかりつけの先生に相談したら、軽い抗うつ剤を出してくれた。

そのとき先生は、付き添っていった私に「老人性うつ」であることを話してくれ、私も母にはそれを告げず、結局3~4日で食欲も戻り、口数も多くなった。寝巻きの袖が長いとか言って、裁縫箱を出して、袖を切って縫い直している姿を見て、もう大丈夫と安堵したのだった。

老人性うつ病



2017. 04. 03  


(この記事は、4/3朝に書きかけたものです)

おはようございます。今日からわが子を保育所に預ける方も多いのではないでしょうか。

よくお参りする神社の近くに保育所があって、毎年この時期は大泣きするチビチビたちの姿をよく見かけます。別れるときの辛さ、お迎えに行ったときの笑顔、もらい風邪などなどあって、4月は、親も子も保育所も、頑張りどきですね。近所のばあちゃんは「せつない光景」に、つい、もらい泣きしてしまう。弱ってきたのかな、自分(笑)

ママたち、復帰直後の職場は慣らし運転で行きましょうよ。「いったい何をやってるんだろう。これで良かったんだろうか?」と、思うこともあるかもしれませんが、集団の中で専門家の手による保育もわるくない。そして保育士さんは親のことも支援する専門職。子どもさんのことは遠慮なく相談してほしい、とは(私のお客さまの)保育士さんたちの言葉。

あるパパが、保育所に預けているわが子のお迎えを初体験したときの話が忘れられません。彼いわく、「自分を見つけたときのわが子の笑顔は格別だった!」と。それからは仕事を調整。ママとかわり番こで迎えに行くようになったのだとか。保育士さんとも、保育内容について意見交換したりされているらしい。

思えば、親が子どもに密に接してあげられる時間なんて、子どもの人生にとっても、親の人生にとっても、ほんの少しの間です。

さて、暦の上では明日が「清明」。しかし節変わりが23時と遅いので、実際には5日(水)から4月がスタートする。

土用は、4月17日から5月4日まで。

  をさなくて昼寝の国の人となる


2017. 01. 27  


魔除けでしょうか・・。




2017. 01. 25  



経済評論家の山崎元(はじめ)さんが、「個人のお金の運用はこれだけでいい!シンプルで正しい方法」という、良記事を書いておられます。バクチは苦手、というみなさんには、とても為になる記事。

ご参照ください。


山崎さんの記事






プロフィール

れいらん

Author:れいらん
ご訪問ありがとうございます。

東洋占術歴40年になります。占い師とは「人を幸せに導く職業」だと思ってきました。同時に、多くの方のさまざまな悩み苦しみに接し、人ひとりが人生を生きく抜くことの困難さに思いを馳せずにはいられません。思えば私たちの人生はこころの旅であり、こころには喜びが必要です。こころがつらいとき、どんなに強い人でも自分を支えていくのは難しいことです。その苦しみからどうやって抜け出すか、私の占いが少しでもお役に立てれば幸いです。占いを通じて多くの方々の人生に接してきました。その喜びや哀しみに共感し、一喜一憂する日々はまた、私自身のこころの旅でもありました。

長きにわたり、ご紹介のお客さま限定の対面鑑定をしてまいりましたが、少しでも多くの方のお力になりたいと思い、このブログからの電話鑑定も受け付けることにいたしました。電話が苦手という方にはメール鑑定もご用意しておりますが、電話の方がよりニュアンスが伝わりやすいと存じます。

東洋占術にはそれぞれ得意とする分野があり、ご相談の内容によりもっとも適切な占術をこちらで判断の上、鑑定いたします。

ご依頼の方は、カテゴリの「鑑定の申込み方法」をクリックし

 leilan808@gmail.com

まで、ご連絡くださいませ。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR