2018. 06. 19  

「待ってよ~」と叫びながら、親すずめの後を追いかけて


この度の地震で被災された皆さまに、お悔やみとお見舞いを申し上げます。

犠牲者がゼロでないのは残念ですが、正直、震度6弱で大火事もなく、倒壊した建物も少なく、一週間もせずに日常が戻りそうなのは、ある意味奇跡に近いことではないでしょうか。

阪神淡路大震災を教訓に、防災に強い街を作ってきた結果なのだと、感心させられております。

震度6は相当な衝撃ですのに、大都市大阪が機能している事実。

昨日はたくさんのお客さまから、メール、ラインを頂戴しました。

「地震起きたとき、われながらお人よしだと思ったのは、ここでこんだけ揺れてるなら震源地は壊滅的打撃じゃないの?、と思ってネットで確認したら、自分とこが震源地そのものだった。ちょっと安心しました」という高槻市のお客さまからのライン。

思わず、クスッとさせられましたが、ご自身が震度6の衝撃の中におりながら、よそさまを気にかけている彼の心根(こころね)に、ちょっと涙ぐみました。卯四緑の青年。

不思議なことですが、転居や方違えで良い方位をとられ、プラスのスパイラルに入っておられる皆さまは、通勤通学の途上で、誰ひとり電車の中に閉じ込められた人はいなかったこと。

丁度、電車を下車したところで地震に遭遇したという方が多かったのですが、寄せられた中で、なるほど、プラスのスパイラルに入っていると、こんなことが起こるのかと思わされたラインがありました。

神戸在住の方で、大阪まで出勤途上で地震に遭遇されました。

「私が足止めされた駅は、普段は特急に乗り換える場所。いつもなら、そのまま乗り換えて…きっとどこかで車内缶詰になっていたでしょう。ところが今日は、その駅の手前で急に差し込みが来てトイレに。いつもより一本遅い特急に乗る羽目になるのか…。それで助かった。駅での足止めで済んで、しかも歩いて帰宅できる駅で助かりました」と。

この方は、方違え一回、転居一回と、この5年ほどの間に、二度もミシュラン三ツ星級の方位をとられているのです。

方位の力に守られているんですね。

東日本大震災のとき、私も同じような体験をしました。本来ならば、あの時間、私は築地で知人と会う予定があった。ところが前日に電話があり、彼はお弔いで急きょ、名古屋まで行かなければならない。ついては、午後の約束を午前中に変更してくれないか、という申し出。

私も脳天気なので、ならば約束時間より早めに出かけ、築地の場外で朝ごはん、るんるん、とばかり二つ返事で承諾。

その日は築地で食料も仕込み、午後2時前、神楽坂の自宅へ戻り、地震に遭遇したのでした。

築地で買い求めた鮭のアラで津軽の味「じゃっぱ汁」を作り、金八先生の再放送でも観ながら食べるか…杉田かおるが大きなお腹を抱え、今まさに産まれる、そんなときにグラグラと襲撃を受けたのでした。

ここから、しばらく余震が続きますが、「地震でもないのに常に揺れている気がする」人もいらっしゃるかと思います。

「地震酔い」というらしいのですが、私も東日本のときにその兆候がありました。

「めまいの女」ゆえ仕方ないのですが、何とかしようと思い、ペットボトルにお水を入れて、卓の上に置いときました。

「あれ、揺れてる?」と思ったら、ペットボトルのお水を見る。「あ、大丈夫…」。

これで症状が無くなりましたので、ご参考まで。


  地震(ない)多き月なり水を発注す




スポンサーサイト
2018. 06. 18  



大阪で震度6の地震がありました。

お客さまのなかでご心配のことなどありましたら、フォローしますので、何なりとメール、ラインをお寄せくださいませ。



2018. 06. 16  

料理に救われる朝もある (かぼちゃ入りラタトゥイユ)


にしても寒い。

厚手の掛け布団をしまってなくて良かった。

早朝、ベッドの中でビル・エヴァンス、Waltz for Debby…

1961年、NY ヴィレッジ・ヴァンガードで行ったライブを収録したアルバム。

放牧へ出たいけれど、おうちで心の微調整。

さて、現実に戻って…

東京都心の高級物件の売れ行きに影がさし、いよいよマンション価格の崩壊がはじまった模様。

やはり、2020年まで持たなかったわね。

完売したばかりの、東京ピカイチ高級住宅街の高級物件が、「新築未入居」のまま、1割近くが売り出されているらしい。

これは転売目的で買った人が、思うように買い手を見つけられずにいるわけです。

ほかにも、本来ならばチラシにはならない2億、3億円といった物件が、新聞の折り込みチラシや不動産情報サイトで、目につくようになったという。

超高級物件は一般人は買わないので、販売業者は、まず自社の顧客である投資目的の富裕層に営業し販売する。

一般の人が目にする広告が打たれたということは、富裕層の顧客だけでは、さばけなくなったことの表れ。

誰でも見られるネットサイトで公開されているものは、売れ残っている物件と考えて間違いない。

マンションは、購入後5年以内に売却すると、短期譲渡所得として売却益の4割が税金として持っていかれる。

他にも登記費用や仲介手数料などもかかっているので、短期転売ねらいなら、本来2割程度は上乗せしないと割が合わないのだが、とてもその価格では買い手がつかなくなっている。

価値が下がらないとされてきた千代田区、港区、中央区といった都心の一等地に建つ高級物件も、例外ではない。

今なら、まだ売り抜けられると考え、分譲価格よりも高値で売りに出しているものもあるが、その価格で買い手がつくには難しく、実際にはそれ以下で取引されることになるのだろう。

これからは経費損覚悟で、せめて分譲時の価格で売れればいいとあきらめる人が増え、さらに価格は下がっていく。

最終的に、不動産価格が上がりはじめた2013年の水準くらいまで暴落するかもしれない。

1億円以上の物件を積極的に購入してきたのは投資家たちで、特に中国人投資家の爆買いがすさまじかった。

彼らは2020年のオリンピックまでは不動産価格が下がらない、なんて誰も信じていない。

短期譲渡5年の税金と天秤に掛けながら、皆が売るタイミングを計っている緊張状態が続いている。

ここからは、最後にババを引くのは誰か、この戦いになってゆく。

2019年、不動産の場所に五黄が入りますから、この流れは来年になって、全国へと波及していきます。

地方で売りたい人は、急げや急げ!

今、マンションを買おうと思っている人は、金利や消費税UPの情報に振り回されずに、少し待った方がいい。

それでも購入したいというなら、新築だけでなく、管理組合の運営がうまくいっている中古マンションも視野に入れるべき。

そして、何があるか分からないので、金利が低いからとローンを目いっぱい組むのは止めましょう。


  税金の納付書届く梅雨寒し




Bill Evans - Waltz For Debby [Full Album]
2018. 06. 14  



FEDの政策変更、いよいよ本格的な金融引き締めがはじまった。

今年2度目の利上げ。

年内はもう2回の利上げを見込んでいると。

3月の見込みよりも、1回多くなった。

これまでの延長線ではあるにしても、利上げペースを緩めるという一部の期待には大きく反するもの。

今後も余程のことがない限り、利上げを続けるという強い意志を示した。

ドル円は一気に上昇した後、大きく反転し、円高に振れているが、ロスカット狙いの罠?

新興国通貨が大きく下落し、リスクオフの流れで円が高くなり…そんな展開か。

「北特需」で中韓株が好感されているが、この手のあわてふためいた買いは、だいたい、悲惨な結末に。

 世界の株価


昨日の朝、友人から連絡があり、ご主人と二人で川崎競馬の「東京オークス」へ行くという。

深夜、彼女から結果報告。

「ルメールさま~」って、ソプラノで応援しているおばさまがいた!

川崎競馬で「さま~」は、インパクトありすぎだな(笑)


  言論の自由なんちゃら梅雨寒し

  


的場さん、日本一まで、あと8勝!


2018. 06. 13  

疲れちゃったのかな、子すずめちゃん、地面にぺったり座り込んで


発達障害の男児をもつママ、来る日も来る日も、あっちに頭下げ、こっちにお詫びの連続。もう一杯一杯。

それでも、精一杯やってる貴女はスゴイよ!

かあちゃんの愛は、何にもまさる。

つらいときは、遠慮しないで、いつでもぶつけておいでなさいね。吐き出す相手がいるだけでも、少しはラクになるから。

明日、手術する友人がいて、手術の前日は不安だろうと思い、深夜1時半頃「手術の朝、お百度詣りするから大丈夫だよ。今日は気持ちをラクにして、一日過ごしてね」とラインしたら、速攻で返信がきた。

思わず、「まだ起きてんのか!早く、寝ろ、恵子!」と返信したが、女が入院するとなれば、家族のためにやっておかねばならぬことも多々あって…大変なのよね。分かる。

ミシュラン三ツ星みたいな最高方位の病院で手術できるから、安心してね、恵子さん♡

米朝首脳会談。

仕事の合間にトランプの記者会見だけは、かろうじて観ることができた。

トランプは、何度言うんだというほど「歴史的」を連発していた。そして記者会見の長かったこと。よほどうれしかったんでしょう。

メンツを重んじる北朝鮮というお国柄、北のリーダーとして金正恩の顔を立て、トランプは実を取ったということか。

米朝「非核化」確認、これは良かった。

日本の新聞には「金正恩の体制保障」と書いてあるが、米国は「核を破棄したら、体制維持ね」としており、「破棄しなければ、経済制裁は続けるから、そこんとこ、一つよろしく」としている。一応、カン所は抑えている。

金正恩は、如何に核の破棄を引き伸ばすか、ここに知恵をしぼりたいのはヤマヤマなんだけど、破棄しなければ経済制裁は続けられるわけで、そこらをトランプはニコニコ笑顔で、脅したという感じかしら。

「破棄しなければ経済制裁は続ける」これが、今までの米国が取ってきたスタンスと違う点。

ポンペイオが「時間はかかる」としているから、リビアにやったようなプロセスを踏むのかも。

ここから見えてくることは、いずれ在韓米軍は朝鮮半島から撤退するということだろう。ゆえに日米同盟は今以上に強化されてゆくということ。

日本にしてみれば、もう韓国に気を遣う必要はなくなるわけで(今までは米韓同盟があるから、気を遣ってきたのだ)、ポジティブに受けとめればいいのかもしれない。ただし、日本の安全保障体制はもっともっと備えが必要になる。つまり憲法改正。

これは結局、「米中対決」がシンガポールを舞台に行われたということではないのか。

中国にしたら、北の問題で米国にいつまでも躓いてて欲しい。一方、米国はさっさと片をつけて、南シナ海における中国との対決、これをやりたい。

まさに「米中対決」の時代がやってきた、それを、われわれは目前で見させられた、2018年6月12日。


  梅雨寒や煙り真白に溶鉱炉

  

  

プロフィール

れいらん

Author:れいらん
ご訪問ありがとうございます。

東洋占術歴40年になります。占い師とは「人を幸せに導く職業」だと思ってきました。同時に、多くの方のさまざまな悩み苦しみに接し、人ひとりが人生を生きく抜くことの困難さに思いを馳せずにはいられません。思えば私たちの人生はこころの旅であり、こころには喜びが必要です。こころがつらいとき、どんなに強い人でも自分を支えていくのは難しいことです。その苦しみからどうやって抜け出すか、私の占いが少しでもお役に立てれば幸いです。占いを通じて多くの方々の人生に接してきました。その喜びや哀しみに共感し、一喜一憂する日々はまた、私自身のこころの旅でもありました。

長きにわたり、ご紹介のお客さま限定の対面鑑定をしてまいりましたが、少しでも多くの方のお力になりたいと思い、このブログからの電話鑑定も受け付けることにいたしました。電話が苦手という方にはメール鑑定もご用意しておりますが、電話の方がよりニュアンスが伝わりやすいと存じます。

東洋占術にはそれぞれ得意とする分野があり、ご相談の内容によりもっとも適切な占術をこちらで判断の上、鑑定いたします。

ご依頼の方は、カテゴリの「鑑定の申込み方法」をクリックし

 leilan808@gmail.com

まで、ご連絡くださいませ。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR