2018. 02. 19  

神坂雪佳 (1866 - 1942)


今日(2/19)は二十四節気の「雨水」。あまみずではなく、うすい。

ここから、2月後半スタートします。

空から降るものが雪から雨へと変わり、雪が溶け始める頃、それが「雨水」。

寒さも峠を越え、衰退し始めます。

古くは農耕準備の目安とされてきた日で、草木が芽生え、春一番が吹く頃です。

今年の冬は本当に寒かったですが、ここからは「三寒四温」が始まります。

寒い日が三日続いた後、暖い日が四日続き、寒暖が繰り返される、これは確実に春へと向かっている、証拠。

三寒四温の時期は「気温差」に注意しましょう。

人間は外気温の如何にかかわらず、身体を一定温に保ちますが、5度(一説には7度)以上の気温差はストレスになり、自律神経が乱れやすくなります。

気温がでこぼこになるこの時期、首に一枚巻いたり、羽織ったり、衣服でマメに体温調節することです。

中医学で、春と結びつきが深い臓器は「肝」。

肝は血液の貯蔵、気血の流れの調節、消化吸収の補助、精神情緒の安定、自律神経の調節など、重要な作用を担っている臓器。

春は解毒の季節ですから、肝の働きが活発になりすぎます。

イライラしている自分、情緒不安定の自分に気づいたら、「肝」のオーバーワークを疑ってみてください。

瞼(まぶた)がピクピク痙攣したり、右肩のこり、春の蕁麻疹も「肝」が深くかかわっています。

梅干、ほうれん草、小松菜、大麦、ふき、菜の花、レモン、しじみ、ひじき、こうした食物を摂りましょう。

さて「五黄の月」も後半を迎えました。

今月は、五黄のみなさんが「煮詰まって」いるのですが、一週間ほど音信不通になりたい。そんなお気持ちだと思います。

煮詰まらないためには、私の競馬みたいに、何か「逃げ場」をつくることが大事。

人生に迷ったら、人として美しい方を選べばいいし、ハッピーな方を選べばいい。

難しく考えるの止めたらいい。

そして、人を憎まない方を選べばいい。

シンプルに生きることがいちばんです。

雨水に入り、株式市場も落ち着いて来ました。


  春の風邪コップの水を鉢植に








スポンサーサイト
2018. 02. 05  

玉井伸弥(Born in 1994)


今月は、十二支では「寅」、九星では「五黄土星」となることから、注意すべきことを幾つか挙げておきたいと存じます。

五黄の月の、五黄の日は、どの方位も暗剣殺になります。ゆえに、この日の外出はご注意なさいませ。

8日(木)、17日(土)、26日(月)が、今月の五黄日になります。

ドライバーのみなさん、この日の運転はことさら慎重に。

電車通勤のみなさんは、電車遅延に泣かされる可能性大です。

ビジネスの重要な取引も、こうした日は避けること。

デートは、とかく喧嘩になるのね。


今年は「戌」ですが、これは火の墓庫。

火の墓庫とは、火が貯まっている状態。

それが、暦に「寅」が出現すると、一気に解き放たれる。

ここで注意することは二つ。

爆発や火災、そして飛行機事故。

今回と同じ暦だった36年前の2月は、ホテルニュージャパンの火災、翌日は日航羽田沖逆噴射事故が起こった。

ああ、あのとき、と思い出される方もいらっしゃるかと。

ホテルニュージャパンといえば横井英樹で、丁稚奉公からの叩き上げながら、小佐野賢治のようなインテリに対する屈折を抱えた人物とは違い、横井は能天気でお気楽だが執着心は異常という、奇矯な生涯であった。

横井は大正2年生まれ、丑の六白。

このホテル火災が横井の晩年を暗転させる。

火災現場で報道陣に対し拡声器で「本日は早朝よりお集まりいただきありがとうございます」と言い放ち、大顰蹙を買った横井は、当時20代だった私には、相当なおじいさんに見えたのだが、まだ69歳だったことに驚く。

昭和54年、北東方位、戌六白の歳破を侵したはず。田園調布の豪邸から、北東に生活の拠点を移したのであろう。

昔の人は方位のことなど分からなくても、妾宅は鬼門に構え、封じた。裏鬼門の本宅にガタガタ言って来ないように。

この横井の妾宅は当時、話題になっていたので記憶にある。されど未の女性で、この存在は、丑の横井にとって貧乏神となる。傍にいるだけで宝になる女性もいれば、逆神もいるということ。

横井は禁固3年の実刑判決を受けたが、素顔は腰が低く、服役中、他の囚人に対して丁重に接していたと、見沢知廉が記している。

悪行の限りを尽くしたが、横井は寝たきりになることもなく、最後はぴんぴんころりで、85年の生涯を閉じる。火葬された遺骨からは襲撃事件で安藤組の組員から撃ち込まれた弾丸が発見されたという。

元侯爵夫人が安藤さんに頼まねばならぬほど、煮ても焼いても食えない男、それが横井。

焼けたホテルを放置し、赤坂の一等地に不似合いな廃墟は、火災から14年後に取り壊された。

火災後も、ホテル地下で「ニューラテンクォーター」は営業を続けていたが、ここは1963年に力道山の刺傷事件が起きたことで有名。ダイアナ・ロスのショウに出かけたことがあった。

さて、五黄の日とは別に、8日、19日、23日、27日と、その前後1日は要注意日。地震も起こりそう。

方位としては、「西」が申と亥と寅の五黄と八白、丑の六白。「北東」が酉と子の七赤、近場限定で。「東」が午の一白。

今月いちばん注意すべきは、九紫火星。税務申告は抜かりなく。正直な言動を控え、あまり本音を語らないのが吉。隙を見せると、しつこく付きまとわれる。インフル注意。五黄土星は、気分のムラに注意。やる気のない日、多々あり。二黒土星、やさぐれない。交通事故、注意。四緑木星、外出したら足下注意、こけないように。一白水星、今月は眠いです。

昨日は三週間ぶり、競馬に燃えた。

「東京新聞杯」三連単取る!

夜、お風呂に浸かりながら、与作、熱唱。

♪豊がハナを切る~ へいへいほ~へいへいほ~。

最近の武豊は、ご尊父武邦彦によく似て来た。

あ、タケクニ!…と驚くことがある。

私がいちばん好きだった騎手、武邦彦。

高校生の頃、ご尊父騎乗のキタノカチドキという馬が好きで、応援していた。


  ものの芽や万物の息ことごとく








昨日見つけた今年のダービー馬!

2018. 01. 30  

古代ローマの聖バレンタイン


従来のグリーンジャンボが、「バレンタインジャンボ」と呼び名を改め登場。

一部のお客さまにジャンボ宝くじは根強い人気がありますので、いったい誰が買っているんだというガチ現実組のご意見はスルーし(笑)このコーナーは続けてまいります。

1等2億円が当たれば、庶民の悩みの、おそらく半分は解決するというもの。


    オフィシャルサイト 


買った宝くじは、金の宝飾品(ネックレス等)と一緒に封筒へ入れ、お仏壇の引き出しへ仕舞っておきましょう。お仏壇のない人は、机や箪笥の引き出しの中へ。金の宝飾品がない人は、鏡を入れておけば大丈夫です。

GOOD LUCK !


1、今回のジャンボ宝くじの購入場所はご自宅からみて「西」「東」の二方位となります。(インターネットは一回チャンスがあります)

2、各方位の購入日時はそれぞれ違います。

3、さらに、購入場所によって時間帯が違ってきます。しかも、その時間はたった10分間です。

4、もし、東京にお住まいの方が名古屋で購入する場合は、名古屋の時間帯で購入してください。

5、つまり、下記の都市名は購入場所です。

6、鑑定を受けてくださったお客さまの都市を中心に列記しています。大都市圏は都市名を省略していますのでご了承ください。

7、みずほ銀行のインターネット・バンキングで購入する場合は、現在、お住まいの都市で時間帯を選択してください。

8、購入場所を探す目的で方位を調べたい方は「あちこち方位」をお使いください。この場合、「正方位線」と「偏角を考慮」のボックスにチェックを入れ、「風水45/45」「偏角計算D2010」を選択してください。
  「あちこち方位」




西方位 2月01日(木)

東方位 2月19日(月)

インターネット・バンキング 2月14日(水)





時間帯は購入場所の都市で選びましょう。

根室・羅臼

◎西 2/1(木)13:20~13:30

◎東 2/19(月)13:10~13:20

◎インターネット 2/14(水)20:10~20:20


網走・釧路

◎西 2/1(木)13:24~13:34

◎東 2/19(月)13:14~13:24

◎インターネット 2/14(水)20:14~20:24


帯広

◎西 2/1(木)13:28~13:38

◎東 2/19(月)13:18~13:28

◎インターネット 2/14(水)20:18~20:28


旭川・富良野・新冠・新ひだか・三石・八戸・三沢・十和田・種市・久慈・宮古・釜石・大船渡・陸前高田・気仙沼・石巻

◎西 2/1(木)13:32~13:42

◎東 2/19(月)13:22~13:32

◎インターネット 2/14(水)20:22~20:32


札幌・小樽・室蘭・函館・青森・弘前・五所川原・大館・盛岡・一関・仙台・白石・伊達・福島・いわき・北茨城・日立・常陸大宮・常陸太田・東海・ひたちなか・水戸・大洗・行方・鹿島・香取・成田・銚子・上総一ノ宮・大網白里・東金・茂原・勝浦

◎西 2/1(木)13:36~13:46

◎東 2/19(月)13:26~13:36

◎インターネット 2/14(水)20:26~20:36


秋田・山形・米沢・会津若松・宇都宮・足利・太田・館林・熊谷・つくば・土浦・牛久・守谷・取手・古河・上尾・久喜・幸手・大宮・川越・さいたま・越谷・春日部・東京全域・青梅・あきる野・武蔵五日市・八王子・町田・柏・松戸・野田・白井・市川・船橋・習志野・八千代・千葉・市原・木更津・君津・富津・南房総・館山・川崎・横浜・横須賀・三浦・葉山・逗子・鎌倉・藤沢・茅ヶ崎・厚木・相模原・平塚

◎西 2/1(木)13:40~13:50

◎東 2/19(月)13:30~13:40

◎インターネット 2/14(水)20:30~20:40


新潟・燕・長岡・小千谷・十日町・沼田・高崎・本庄・藤岡・富岡・秩父・甲府・沼津・冨士・富士宮・熱海・函南・三島・修善寺・西伊豆・下田

◎西 2/1(木)13:44~13:54

◎東 2/19(月)13:34~13:44

◎インターネット 2/14(水)20:34~20:44


上越・白馬・長野・松本・佐久・軽井沢・安曇野・諏訪・飯田・静岡・焼津・藤枝・島田・掛川・浜松

◎西 2/1(木)13:48~13:58

◎東 2/19(月)13:38~13:48

◎インターネット 2/14(水)20:38~20:48


金沢・富山・高山・岐阜・郡上八幡・多治見・各務原名古屋全域・犬山・尾張旭・春日井・瀬戸・長久手・東海・みよし・大府・安城・刈谷・岡崎・常滑・四日市・津・鈴鹿・伊勢

◎西 2/1(木)13:52~14:02

◎東 2/19(月)13:42~13:52

◎インターネット 2/14(水)20:42~20:52


敦賀・大津・守山・栗東・京都・木津川・宇治・奈良・天理・櫻井・伊賀・名張・熊野・新宮・尾鷲

◎西 2/1(木)13:56~14:06

◎東 2/19(月)13:46~13:56

◎インターネット 2/14(水)20:46~20:56


舞鶴・豊岡・城崎・出石大阪全域・尼崎・西宮・神戸・明石・姫路・淡路島・鳴門

◎西 2/1(木)14:00~14:10

◎東 2/19(月)13:50~14:00

◎インターネット 2/14(水)20:50~21:00


岡山・倉敷・高松・さぬき・丸亀・多度津・安芸

◎西 2/1(木)14:04~14:14

◎東 2/19(月)13:54~14:04

◎インターネット 2/14(水)20:54~21:04


松江・出雲・尾道・福山・新居浜・土佐

◎西 2/1(木)14:08~14:18

◎東 2/19(月)13:58~14:08

◎インターネット 2/14(水)20:58~21:08


浜田・広島・岩国・松山・宇和島・宇佐・臼杵・延岡・日向・宮崎

◎西 2/1(木)14:12~14:22

◎東 2/19(月)14:02~14:12

◎インターネット 2/14(水)21:02~21:12


下関・福岡・北九州・久留米・佐賀・島原・熊本・鹿児島・霧島・志布志・小林

◎西 2/1(木)14:16~14:26

◎東 2/19(月)14:06~14:16

◎インターネット 2/14(水)21:06~21:16


長崎・佐世保・奄美大島

◎西 2/1(木)14:20~14:30

◎東 2/19(月)14:10~14:20

◎インターネット 2/14(水)21:10~21:20


那覇・浦添・名護・読谷・うるま・金武・糸満

◎西 2/1(木)14:28~14:38

◎東 2/19(月)14:18~14:28

◎インターネット 2/14(水)21:18~21:28


石垣島

◎西 2/1(木)14:44~14:54

◎東 2/19(月)14:34~14:44

◎インターネット 2/14(水)21:34~21:44


GOOD LUCK !




2018. 01. 25  



「戌」は、華蓋(かがい)です。この神殺は芸術、学術を意味します。1898年と1958年には、文化と科学の目覚ましい進歩がありました。

1898年12月にキュリー夫人が、ラジウムと放射能の発見を発表。これが120年前の「戊戌」なんですね、実に。(小学校低学年のとき、キュリー夫人はきゅうり好き、なんとなく、そう思ってたw)

60年前の「戊戌」である1958年は、目覚しい宇宙開発が続きます。

米国は初めての人工衛星エクスプローラー1号を打ち上げ、3月にはヴァンガード1号とエクスプローラー3号、7月にはエクスプローラー4号と続きました。

またNASAが、米国連邦議会によって公式に設立され、10月に初の宇宙探査機、パイオニア1号を打ち上げました。米国はまた、1958年12月にSCOREと呼ばれる初の通信衛星を打ち上げに成功しています。

ソ連も負けじと、5月にスプートニク3号を軌道に乗せました。

この時代は、いわゆる宇宙開発競争真っ只中の時代であり、宇宙開発をめぐって米ソがしのぎを削っていた、いわば非公式の米ソによるスペース・レース時代。ムキになっていましたね、どちらも(笑)

なんと、世界初のコンピュータゲーム「Tennis for Two/テニス・フォー・ツー」が、1958年10月には紹介されています。

第二次世界大戦時にマンハッタン計画に加わっていた経歴を持つ物理学者ウイリアム・ヒギンボーサムは、エネルギー問題を研究する国立研究所で、計測を担当する部署の責任者でした。いわゆる物理学者です。



なぜ物理学者の博士が、しかも国の研究所に所属する研究者が「コンピュータゲームのもと」になるものを発表したのか…それは、意外なきっかけからでした。

ブルックヘイブン国立研究所は、物理学を基礎としたエネルギーの研究という、一般にはなじみのない、分かりにくい研究を行っていました。そのため近隣住人にとって「何をやっているのか分からない、不気味な館(やかた)」と思われていたのです。

そこで、研究所をもっとオープンなものにしようと、研究の成果を一般に公開する日を設けます。

博士は、計測部の仲間と一緒に、市民が実際に展示物に触れて楽しめる一つの「ゲーム」を考えました。それはいつも計測に使っているオシロスコープの真ん中に線を映して、小さな点をボールに見立てて、右と左で打ち合うというものでした。

「Tennis for Two(二人でテニスを)」と名づけられましたが、これはジャズのスタンダード・ナンバー「Tea for Two(二人でお茶を)」のもじりでしょう。

このゲーム、大変な評判となって、展示公開日には研究所に長い行列ができたといいます。

されど、ヒギンボーサム博士は、この技術の特許を取りませんでした。生涯に20以上の特許を取得していますが、この技術だけはなぜか手をつけなかったのです。

歓声を上げながらゲームに興ずる人たちを見て「人類のために」そう考え、わざと特許は取らなかったといわれています。

Tennis For Two



この年は、MGMミュージカル映画の「恋の手ほどき」が大成功を収めアカデミー賞で9部門を受賞。

また、小樽出身のジャズ歌手であり女優のナンシー梅木が、日本人初(東洋人としても初)のアカデミー助演女優賞を受賞したことでも知られています。

マーロン・ブランド主演のこの映画は、朝鮮戦争当時の日本を舞台にした「サヨナラ」という、当時はタブー視されていた日本女性と米国軍人の悲恋物語。

その後、梅木さんは米国で結婚。2007年、息子と孫に看取られ、ミズーリ州で亡くなられました。


1958年の「戊戌」年は、地球物理観測が始まった年でもあり、地球の磁気圏が発見されたのは非常に興味深いことです。

人工衛星が地球の磁場中に捕捉された放射線帯があることを発見。 それは磁気嵐に伴って一時的にできたものではなく、常に地球の磁気的環境として宇宙空間内に 存在するもので、コーネル大学のトム・ゴールドが、その環境を磁気圏と 名づけました。

  参考年表

また同年、 日清食品が世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発売。日本のみならず、世界の食文化に大きな革新をもたらした台湾出身の実業家、安藤百福(戌九紫)が悲願を達成しました。


「戌」年は火の墓庫をもたらすわけですが、それは航空機事故も意味します。1958年は墜落事故が目立ちました。

日本では8月、全日空下田沖墜落事故がありました。小牧空港を飛びたった全日空機ダグラスDC-3が、伊豆半島下田沖に墜落。33人が死亡。原因不明とされています。

海外では2月に、ドイツ・ミュンヘンの航空機墜落事故で21人が死亡。3月には、米国の爆撃機が、サウスカロライナに誤って原爆を落としてしまい、住宅を破壊、数人が怪我。4月にユナイテッド航空機がラスベガス近郊でアメリカ空軍戦闘機と空中衝突、49人が死亡。8月には、KLMオランダ航空機が99人の乗客とともに海へ墜落と、痛ましい事故が続きました。

今年はこの「戌」に加えて、離宮が四緑暗剣殺ということからも、飛行機やヘリコプター等の墜落事故が多くなる一年です。


また火の墓庫である「戌」は、貯められた状態が一気に解き放たれる瞬間でもあり、特に寅と午の五行が存在するとき、その火が火災や爆発となります。1958年は多くの火災がありました。

日本では1958年、有楽町の東京宝塚劇場で公演中の舞台から出火。場内設備を焼失するとともに死者3名・負傷者25名を出す戦後最大の劇場火災となりました。

余談ですが、ある年配のお客さま(昭和5年生まれ)は戦時中、勤労動員で、この宝塚劇場で風船爆弾を作っておられたそうです。府立第六高女在学中とのことで、これは現在の都立三田高校ですね。一日の作業が終わると、引率の先生と同級生は全員で水盃(みずさかずき)を交わし、今生の別れになるやも知れぬと覚悟の上で、芝愛宕町の自宅まで帰路についたとか。夜間の空襲が激しくなっていた頃。なんとも、はや、14歳の身空で。

海外では1958年3月に、ニューヨークの下着会社で大火災が起き24人が死亡。12月にはシカゴの学校で火災が起き、90人の生徒と3人の修道女が死亡しました。また同じ月にコロンビアのボゴタのデパートで大きな火災があり、84人が亡くなりました。

今年は火の象徴である九紫火星の年でもあり、火事には注意の一年です。みなさま、火の用心。


1958年2月11日には、大規模な赤色のオーロラが欧州に現れ、北緯40度までの米国都市からも見ることができました。この磁気嵐は、北米で通信障害を引き起こしました。昨年9月のような、大規模な太陽フレアが起こったわけです。

今年気になるのは、まず5月。今年一番多い12個の彗星が近日点を通過します。月の前半に5個、後半に7個です。7日と31日は2個ずつ訪れます。22日、23日は連日やってきます。

5月は太陽フレアに悩まされそうです。ということは地震、竜巻、豪雨、火山噴火といった自然災害が発生することを暗示しています。

次は10月。6個の彗星が2回の塊になって近日点を通過する月です。1日~4日までが1回目、11日~14日が2回目です。

秋雨前線が発達し、西日本や九州では特に激しい集中豪雨になりそうです。6日頃は九州南部の火山活動に変化が出て来るでしょう。8日に明瞭な地震発生がなければ、24日か25日頃に地震エネルギー解放というパターンになりそうです。10月は十二支年月同盤、株式市場の暴落懸念もあり、なんとも不気味な月です。

火の墓庫である「戌」は、火のエネルギーが内側に隠れています。このエネルギーがいったん放出されると、悲惨な爆発をもたらす可能性があって、長崎に原爆が落とされた8月9日は「戌」の日です。

前述のように、放射性物質のラジウムも「戊戌」年の1898年にキュリー夫人によって初めて発見されていますので、「戊戌」は核の問題が引き続き広がる可能性があって、これは北朝鮮問題でしょう。

また昨年のノーベル平和賞を受賞した非政府組織「核兵器廃絶国際キャンペーン」ICANも話題(物議?)になるのでしょう。核兵器の廃絶はどだい無理というもので、むしろ使わせないよう、如何に抑止していくか、こちらの方が現実に即したテーマ。ICAN、現実からはややズレています


地支の「戌」と天干の「戊」は、巨大な山です。このような年は山に関連する多くの災害があることを暗示しています。地滑りや雪崩にみならず、登山には安全とは言えない年でしょう。すでに、この23日、草津白根山が噴火し自衛官が殉職されました。合掌。

1958年6月24日は、阿蘇山が大噴火。死者12名、負傷者28名。

また、タイタニック号の大惨事は1912年4月14日の「戌の刻」、氷山に衝突して起こったわけですが、どうも「戌」には氷山への衝突なる作用があるようで、暦の上では「戌」年の1959年1月30日、デンマークの貨物船が氷山に衝突。グリーンランド沖で舟は沈み、95人が死亡しています。


  地吹雪を写楽の貌で受けとめる




青森の郷土料理「貝焼き味噌」

2018. 01. 24  



2018年の年運について、総論をしたためてみたいと存じます。

各論につきましては、例によって自然災害、事件事故等が起こりました都度、詳しく解説していきます。

まず、古代の人々が編み出した「天干」とは太陽活動とそれが与える影響、「地支」は地球の自然現象ならびに人類の社会活動のことです。

2017年の天干「戊・つちのえ」は土気の陽、地支の「戌」は土気であり、2つの土が互いに支え合う五行の構成は、調和を意味し、争いが少ないはずですが、「戊戌」は趣きを異にします。

これは魁罡(かいごう)と呼ばれる組合せであり、生年月日の年月日、いずれかに「戊戌」をもった人は、性格的に非常にタフで絶対に降参しない。強い意志を持ち、最後までやり遂げる。そのため、自身の主義主張を貫き、毅然たる態度で、妥協は絶対にしないタイプの人たちです。

こうした天上天下唯我独尊タイプは、ともすれば周囲と揉めるのでありまして、周りから見れば実に厄介なタイプであることも事実。

ゆえに「戊戌」の年は、国際関係において厳しい対立や衝突があり、世界を調和や平和へと導くことは容易ではないでしょう。

「戌」は精神的な事柄に関連しているので、宗教や文化的要因から、緊張や争いが起こる暗示があります。これに関しては重要なことでもあり、後日、解説する予定です。

「戊戌」は、巨大な山であることから、強い圧力や暴力のイメージ。ゆえに、地震、地滑り、ビルの崩壊、雪崩など、土に関連した災害が想定されます。また土は道路も意味することから、交通事故の引き金にもなるでしょう。

地震については、前回の「戊戌」年であった60年前、1958年3月11日、石垣島近海でM7.2の地震が起き、51人の死亡者が出ています。また世界を見渡せば、8月16日にイランでM6.7の地震が起こり132人が死亡しました。この日はM7.6のもうひとつの地震がエクアドルで起こり、115人が亡くなっています。11月6日にソ連で起きたM8.3が、この年の最も大きな地震でしたが、当時の赤いカーテンに遮られ、具体的な死者数は分かりません。

大きな土の災害は、「戊戌」日に起こる可能性があります。例えば、2012年4月7日に大きな雪崩がパキスタンで起こり135人の兵士らが生き埋めになりました。2017年5月11日に、中国の新疆でM5.5の地震が起こりましたが、これ両方とも「戊戌」日に起こっています。

今年の「戊戌」日は6回ありますが、以下の通り。

3/7(水)五黄の日 イヤな感じ
5/6(日)二黒の日 ここもヤダ~
7/5(木)二黒の日
9/3(月)五黄の日 おお、いちばんイヤ
11/2(金)八白の日 不気味
翌年1/1(火)八白の日

「戌」は複雑な土の五行で、 「火の墓庫」「地下」「地獄への門」の象徴とされ、死、宗教、スピリチュアル現象に関連しています。ゆえに戌年には遺跡が発掘がされることが多く、有名なところでは1922年にツタンカーメン王の墓が発見されていますが、これは「戌」年でした。今年は恐竜関連の化石もたくさん発掘されることでしょう!

また「戌」は地下に関連することから、地下の陥没、あるいは地下鉄のトラブルも想定されます。

さて、火は幸せや楽観を意味し、一昨年の丙申、昨年の丁酉がこれに当りました。

されど戌年が巡ってくると、火は墓庫に入ることから、今年も後半に入りますと楽観はやがて後退へと変化してゆくことを現しています。

一つには経済のリセッションであり、今年は前半と後半では流れが変わるはずです。前半は強気ですが、戌の月とは10月のことですから、ここがターニングポイントとなるはずです。

つまり戌の月である10月にもなりますと、楽観的な火の五行が薄まり、恐れをあらわす水の五行がひたひたと押し寄せて来るわけです。

ゆえにウォール街においては、1927年と1987年の10月に、歴史的な株の大暴落が起こりました。前者がウォール街大暴落、後者はブラックマンデーと呼ばれています。

戌には、こうしたターニングポイントの意味もあるわけです。

相場の格言で、戌年は強気相場と言われますが、さはさりながら、実は戌の月である10月は要注意です。

今年の10月は十二支の年月同盤でもあり、不気味な感じはあります。投資家のみなさんは、頭の片隅に置いておきましょう。


  大焚火して水夫らを見送りぬ







プロフィール

れいらん

Author:れいらん
ご訪問ありがとうございます。

東洋占術歴40年になります。占い師とは「人を幸せに導く職業」だと思ってきました。同時に、多くの方のさまざまな悩み苦しみに接し、人ひとりが人生を生きく抜くことの困難さに思いを馳せずにはいられません。思えば私たちの人生はこころの旅であり、こころには喜びが必要です。こころがつらいとき、どんなに強い人でも自分を支えていくのは難しいことです。その苦しみからどうやって抜け出すか、私の占いが少しでもお役に立てれば幸いです。占いを通じて多くの方々の人生に接してきました。その喜びや哀しみに共感し、一喜一憂する日々はまた、私自身のこころの旅でもありました。

長きにわたり、ご紹介のお客さま限定の対面鑑定をしてまいりましたが、少しでも多くの方のお力になりたいと思い、このブログからの電話鑑定も受け付けることにいたしました。電話が苦手という方にはメール鑑定もご用意しておりますが、電話の方がよりニュアンスが伝わりやすいと存じます。

東洋占術にはそれぞれ得意とする分野があり、ご相談の内容によりもっとも適切な占術をこちらで判断の上、鑑定いたします。

ご依頼の方は、カテゴリの「鑑定の申込み方法」をクリックし

 leilan808@gmail.com

まで、ご連絡くださいませ。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR