2018. 07. 16  



猛暑が続いておりますが、この時期、ハッカ油(ミント)をお試しになったことがありますででしょうか。

ハッカは身体の余分な熱を取って、ストレスを緩和、気分をリフレッシュしてくれます。

スプレーボトルにお水を入れ、ハッカ油を数滴たらすだけ。

顔以外のところにスプレーすると、とっても爽やかです。

暑くてイライラしやすい方、ボーッとする方にはおススメ。

虫除けにもなります。

また、ミントのハーブティーも効果あり。

ミントの爽やかな香りは気の巡りを改善します。

スーパーでミントを見つけたら入手。

洗った葉っぱを急須に入れ、沸騰したお湯を注ぎます。

私は、このまま飲んだりしますが、冷めたら冷蔵庫で冷やしてもOK。こちらの方がポピュラーかな。

飲むときに、レモンやライムを入れると美味しいです。

甘さが欲しかったら、ガムシロップを。

気持ちもリフレッシュしますが、胸、喉のつかえ、お腹の張りや胃腸の不調、精神の安定、口臭予防などにも効果あり。

バテているときに、カフェインや砂糖で覚醒させる栄養ドリンクはNG。

動くエネルギーになっても回復効果はなく、むしろ覚醒作用は消耗を助長します。

バテを回復したい時は消化の良い、具だくさんの野菜スープや味噌汁の方が、はるかに回復を促してくれます。

今年は夏の到来が早まりましたが、こうした年は秋の訪れも早いものです。


きっと、きょこたんからご案内があると思っていましたが、7/23から「夏休み子ども科学電話相談」がNHKラジオ第一放送で始まる模様。

 夏休み子ども科学電話相談

ことに、7/31(火)は、ダイナソー小林、バード川上、亀愛小菅先生の夢の狂宴。ビジネスダイヤリーに書き込みましたー!!!

このメンバーが集結すると、ご自分への質問でなくても微妙に絡んできたり、他の先生の高度な専門性に「え?」とか、「へ~」とか素朴な声が洩れるところが、萌えポイント♡

そして、子どもと大人のガチンコ勝負、そこにはロマンがある。

恐竜ガチ勢、手ぐすね引いて、待っているんでしょうね。

大人の皆さんにもおススメ。

笑えます!


  くちびるにミントの香り熱帯夜


  


スポンサーサイト
2018. 07. 15  



1着 エアアンセム 藤岡佑介 (5番人気)

2着 サクラアンプルール 田辺裕信 (7番人気)

3着 エテルナミノル 四位洋文 (13番人気)


荒れた。。。

本日は、まめ(藤岡佑介)の好騎乗に尽きる!

函館競馬場は、スタートしてから一周目の直線が長い。そこで、さっと内ラチ沿いを確保する、まめ。

前にいる隼人(クラウンディバイダ)との間隔を詰まらないよう1頭分のスペースを空けて、ひたすら内ラチの省エネコース。

そして、4コーナーを回って、ワンテンポ待ってから、馬群を割るのだが…

馬群の先頭に、な、なんと13番人気の四位さん(エテルナミノル)がいる。

四位さん、3コーナーから、俄然まくってた。

そこからの、まめ。

四位さんを捕え、

おお!

まめに的場文男が憑依したのか?

大井の的場ダンスならぬ、

函館のまめダンス!

あたしゃテレビに向かって、的場ぁぁぁ!と、絶叫しておりました。

まめ、全てに完璧。

100点満点の128万点。

そして、クアラルンプールならぬ、サクラアンプルールの田辺ちゃんが来て、

郷土の後輩、上北町出身の柴田善臣(よしとみ)師匠のブレスジャーニーの、豪快な脚!

師匠が乗ってこその馬だけど、いかんせん、本日は右回りのコースだった。

左回りならば、この馬が1着だったかもしれないと思わせる末脚だったが、データ分析すると、函館記念、後方一気の馬は1着には来ないレース。

マダム純子細江は、なにゆえ、この馬を1着と予想したのか?

JRA最年長騎手、善臣(よしとみ)師匠をなんとか勝たせたいという、まごころがあるのね、細江さんには。

本日の函館は朝から固いレースが続いていたのに、9レースからいきなり雲行きがあやしくなり、10レースも荒れ、ヤバイ、こりゃ荒れると観念。

一方、福島は朝から1番人気の馬が1着に来ない。

本日は1レースから買いたい馬がいて、福島競馬やりながらブログを書いていたことを、ここに告白します。

狙ってた馬の単勝複勝を1レースから3レースまで転がして、着々と函館記念の資金作り。

9レースから荒れはじめた函館、こりゃ馬券を組直す必要ありと、1番人気のルメさんの軸はあっさりと止め、まめ騎乗「エアアンセム」と皇成騎乗の「スズカデヴィアス」を軸に組直す。

結果、まめの単勝と、来ないだろうけど、ま、いいかと思って買った、まめー四位さんのワイドが、まぐれ当り。

なんで13番人気の四位さんを買ったか…騎乗した「エテルナミノル」は、レースの紅一点。四位さんはマダムキラー西の大関だから、もしやと。

もう一つ、寅のまめが来たら、子の四位さんも引き連れて来る可能性ありと思ったのだが、あちゃちゃ、子の田辺ちゃんまで引き連れて来るとは思わなんだ。

三連単57万円、惜しくも逃す。

サクラアンプルール、ちみが2着とは。。。


  熱帯夜おでこ直撃するスマホ

  




2018. 07. 15  



♪はぁ~~~るばる来たぜ 函館ぇぇぇ

 あ~なたと食べたい 鮭茶漬けぇぇ

本日の馬小屋は、昔から荒れる重賞として親しまれている「函館記念」GⅢを取り上げてみたいと存じます。

難解なハンデ戦で、過去3年の「三連単」は、3年前が12万馬券、2年前が23万馬券、昨年に至っては91万馬券と、荒れ荒れの荒れ放題。

先週の福島「七夕賞」と、どっこい、いい勝負。

って、先週は「八白」の日ゆえ、荒れ過ぎ(笑)

本日は「申の一白」ですから、それほど荒れないと予想。

敬愛する競馬王の皆さまは先週の「七夕賞」、その余韻さめ遣らぬ風情で、おお!、そんな馬を採りますか。。。的な予想をされているのですが。。。

本日の函館、気温20度(移住したい♡)、降水確率40%、微風。

雨が問題になるわけですが、昨日までがお天気で乾いた馬場ですから、多少のおしめりがあっても、そこまで渋らないはず。

昨年までは、出走時間が15:25でしたが、本年から15:45に変更、これは大きな変化。出走時間が変わることによって、函館記念に如何なる変化を及ぼすか、れいらん式はそこに大いなる興味あり。

函館は、子どもの頃から身近に感じる街でした。

そこには津軽海峡が横たわり、昔は青函連絡船で函館ー青森間は結ばれておりました。

青森駅の長い長いコンコースの先には、連絡線の波止場があり、そこは北海道への玄関口。

石川さゆりの歌ではありませんが、

♪さ~よなら、あなたぁ~、わたしはぁ、帰りますぅぅぅ、波の音が胸をゆする泣けとばかりに、ああああ~津軽海峡、冬景色ぃ~

昔は青森駅の長いコンコースを、「かつぎ屋」と呼ばれるおばさんたちが大きな大きな荷物を背負い、闊歩しておられたものです。

当時の北海道は、寒冷地ゆえお米が採れなかった。そこで函館近隣の女性たちは、北海道から青森にはない海産物を運び、返す手でお米を買い付けてゆく。青函の物流を担っていました。

青函連絡船の朝一便は8時。上野発の夜行列車が7時頃に到着し、人の群れは青函連絡船の波止場へと急ぐのでした。

わが家は青森湾の海沿いにありましたので、連絡線の霧笛がとてもよく聞こえました。それが時計代りでもあり、最終到着便の汽笛が聞こえる時間帯はねじり鉢巻でお勉強、というわけでもなく(笑)勉強しなくっちゃ…と思いつつ、小説に耽溺しているのでした。

では、函館記念、行ってみよう!




今朝のオッズ、ハンデ戦ゆえ斤量がポイント。

1、トリコロールブルー 3.9 牡4 56.0 C.ルメール
2、ブラックバゴ 7.0 牡6 56.0 岩田康誠
3、ブレスジャーニー 7.2 牡4 56.0 柴田善臣
4、スズカデヴィアス 9.4 牡7 57.0 三浦皇成
4、ナイトオブナイツ 9.4 牡5  56.0 池添謙一
6、サクラアンプルール 10.7 牡7 57.5 田辺裕信
7、エアアンセム 10.9 牡7 55.0 藤岡佑介
8、マイネルハニー 11.7 牡5 57.0 丹内祐次
9、クラウンディバイダ 13.1 牡5 54.0 吉田隼人
10、カデナ 26.4 牡4 56.0 藤岡康太
11、ナスノセイカン 26.9 牡6 55.0 丸山元気
12、カレンラストショー 30.7 牡6 54.0 北村友一
13、ゴールドサーベラス 55.8 牡6  54.0 柴山雄一
14、エテルナミノル 57.4 牝5 54.0 四位洋文
15、ロジチャリス 57.7 牡6 56.0 蛯名正義


私の予想です。

◎ 4枠7番 トリコロールブルー C.ルメール

○ 3枠5番 スズカデヴィアス 三浦皇成

▲ 4枠6番 エアアンセム 藤岡佑介

☆ 3枠4番 クラウンディバイダ 吉田隼人

△ 1枠1番 ブラックバゴ 岩田康誠

△ 6枠10番 ブレスジャーニー 柴田善臣

△ 8枠14番 エテルナミノル 四位洋文

△ 5枠8番 ロジチャリス 蛯名正義

△ 6枠11番 マイネルハニー 丹内祐次

△ 2枠3番 サクラアンプルール 田辺裕信


めったに1番人気を採らない私が、荒れると言われる「函館記念」で、ルメさんを本命に採る珍事(笑)

このレースは1番人気が来ないことでも有名ですが、「未三碧」のルメさんは3着までには来るとみた。

対抗は「巳二黒」の三浦皇成、ということで、ルメさんか皇成クンが軸と予想。

この二人が崩れたとしたら、穴で、せがれの隼人か岩田さん、あるいはまめ(藤岡佑介)。隼人が飛び込んで来たら、100万馬券。

函館記念、斤量54、55㌔の騎手が狙い目だとは、よく言われます。

そして、本日はヒモ荒れする予感もしますので、ヒモ候補はずらり揃えてみました。四位さん、蛯名さんが3着に来たら、大波乱!

ということで、かあちゃんとしては函館に念を飛ばし、せがれ隼人を3着までに入れたいと願うのでした。

出でよ、万馬券!


  夏空や外人墓地は海を向き




2018. 07. 14  

アンリ・ルソー 「眠るジプシー女」 ニューヨーク近代美術館


[シアトル 12日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コム創業者のジェフ・ベゾス氏が経営する宇宙ベンチャー、ブルー・オリジンが、来年予定する初めての商業宇宙旅行の料金を1人当たり20万─30万ドル程度に設定する計画であることが、2人の関係者の話で明らかになった。

ブルー・オリジンの幹部らは前月開かれた会議で、同社の宇宙船「ニュー・シェパード」の有人の試験飛行を近く予定しており、来年にチケット販売を開始すると明らかにした。

同社はニュー・シェパードの基本デザインは公表しているが、生産状況や料金に関する情報は全く開示していなかった。ベゾス氏は5月に、料金はまだ決まっていないと述べている。

料金プランの事情を直接知る立場にあるブルー・オリジンの従業員は、チケットは約20万─30万ドルの範囲内で販売を開始することになると述べた。別の従業員は、最低でも20万ドルになると語った。

ニュー・シェパードは6人が搭乗し、打ち上げ後は高度100キロに達する。乗客は数分間無重力状態を体験し、大型の窓から宇宙空間を眺めることができる。乗客を乗せたカプセルはパラシュートで地球に帰還する仕組みとなっている。

ブルー・オリジンはこれまで無人の試験飛行を8回実施している。



この旅行へ参加したら、誰よりも足手まといになりそうな運動能力ゼロ(小学生のとき通信簿の体育が2だったこともあるw)ばばあでございますが、大気圏再突入のスリリングは一度体験してみたい。

宇宙といえば、その物語の発端は銀河帝国の滅びを天才数学者ハリ・セルダンが予言したことから始まる、アイザック・アシモフの「ファウンデーション」、SFというよりも上質な推理小説を読んでいるような名作。

さらに誰もが知っている、スタンリー・キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」、はじめて観たときはまだ中学1年ゆえ、難解でイマイチよく分からない映画だった。

音楽では富田勲の「惑星」、シンセサイザーの夜明けのような作品だが往時は好んで聴いていた、と宇宙にまつわる個人的嗜好はとめどなく溢れてくるが…

されど、この宇宙旅行の売出しには、肝心の目玉パッケージが抜けている。

それは…

あの宇宙の大空間に、独り、ぽっかりと浮かんでみたい。

どんな気分のものなんだろう。

1961年4月12日、A-1ロケットによって地球の大気圏外を1時間50分弱で1周し、人類初の無重力宇宙空間を経験したソ連のガガーリンは、

「地球は青かった」

と、その感動を表現したが、宇宙でぽっかりは体験されていない。

ディスカバリー号の船外ミッションで、これを本当に体験した野口飛行士によれば、まさしく 「自分が星になった気分」だったという。

なるほど、人間が天に昇って星になるとか、人類が昔から語り伝えて来た「星の神話」が今によみがえった感じだ。

ギリシャ神話の詩人オルフィウスは、毒蛇に咬まれて死んだ妻が忘れられず、冥府まで降りて行く。

冥府の王ハディスの前で、妻への愛を琴にあわせて歌い、妻を地上に連れ帰ることを許されるが、その途上、後ろからついて来る妻を見てはならぬ、と約束させられる。

ところが、オルフィウスはその約束が守れず、振り返ったために、身を引き裂かれ、死んでしまった。

それを哀れんだ神々は、その竪琴を空に引き上げて「琴座」とした。

子どものころの私たちは、こうしたギリシャ神話とともに、次のような科学的知識も知った。

琴座の中で輝く超一等の明星 「ベーガ」 は、1万2千年後に北極星たるべき光栄を担っている。

距離は27光年。

この星は、今から1万3千年前に北極星であったが、今後またそんなことが、1万2千数百年後に巡りあわせてくるだろう。

こんな明るい星を北極星にもつ時代は、どんなに感激的なことだろう。

危惧していることは、ただ一つ、

宇宙の方位がよく分からないことだ(笑)

方位とは電磁波ゆえ、無重力空間には、いわゆる我々が考えるところの「方位」は存在しないことになる。

されど宇宙へ行くことが、後の運命に如何なる影響を及ぼすのか?

経験してみないことには、こればっかりは分かりません。


  炎天のビルに轟(とどろ)く非常ベル




2018. 07. 13  


ガパオ

暑くなってくると無性に食べたくなるのが、インドシナ半島系のお料理!

日本にもその手のレストランは増えましたが、いまいち不満なのは、日本人向けにアレンジしてあるところ。

インドシナ半島の国々、そこの屋台や小体(こてい)なお店で食べられるオリジナルな味が、本当は食べたいんですけどね。

タイの「ガパオ」はイナバの缶詰が128円(近所のスーパー価格)とは思えぬ秀逸さで、多忙な日は、この缶詰に目玉焼きと胡瓜のスライス、そしてごはんがあれば、完成。

されど、寵愛のイナバガパオ、近所のスーパーでは、ここしばらく売り切れ状態が続いている。

そうなると、ますます食べたくなるガパオさまを、作ってみるの図。

材料さえ揃えば、ものの2分。

ナンプラーがあれば、もはや気分はタイランド♡




ガパオ、簡単なのでおススメ。

参考カンタンレシピ

栗原はるみのガパオ

ぶたやまライス



ぶたやまライス




鑑定を申し込まれる方は、事前にメールにてご希望の日時をご一報ください。

なるべく早くこちらから返信メールをお送りいたします。

二度目以降のお客さまで、お急ぎの場合は当日お申込みになられてもかまいません。

はじめての方は、カテゴリ「鑑定の申込み方法」をご参照ください。

「鑑定の申込み方法」 ← クリックすると開きます。


×は、「ご予約で一杯になっています」というしるしです。


ご予約可能な時間 

7月16日(月) ×

7月17日(火) 10:00 13:00 

7月18日(水) × 

7月19日(木) 10:00 13:00 22:00

7月20日(金) 10:00 13:00 15:00 22:00 

Any time is OK.  下記の時間帯でご都合に合わせられます

7月23日(月) 10:00~16:00 20:00~0:00

7月24日(火) 10:00~16:00 20:00~0:00

7月25日(水) 10:00~16:00 20:00~0:00

7月26日(木) 10:00~16:00 20:00~0:00

7月27日(金) 10:00~16:00 20:00~0:00






プロフィール

れいらん

Author:れいらん
ご訪問ありがとうございます。

東洋占術歴40年になります。占い師とは「人を幸せに導く職業」だと思ってきました。同時に、多くの方のさまざまな悩み苦しみに接し、人ひとりが人生を生きく抜くことの困難さに思いを馳せずにはいられません。思えば私たちの人生はこころの旅であり、こころには喜びが必要です。こころがつらいとき、どんなに強い人でも自分を支えていくのは難しいことです。その苦しみからどうやって抜け出すか、私の占いが少しでもお役に立てれば幸いです。占いを通じて多くの方々の人生に接してきました。その喜びや哀しみに共感し、一喜一憂する日々はまた、私自身のこころの旅でもありました。

長きにわたり、ご紹介のお客さま限定の対面鑑定をしてまいりましたが、少しでも多くの方のお力になりたいと思い、このブログからの電話鑑定も受け付けることにいたしました。電話が苦手という方にはメール鑑定もご用意しておりますが、電話の方がよりニュアンスが伝わりやすいと存じます。

東洋占術にはそれぞれ得意とする分野があり、ご相談の内容によりもっとも適切な占術をこちらで判断の上、鑑定いたします。

ご依頼の方は、カテゴリの「鑑定の申込み方法」をクリックし

 leilan808@gmail.com

まで、ご連絡くださいませ。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR