fc2ブログ
2022. 08. 08  
野地美樹子 夏花

8日(月)は西~東日本で厳しい暑さとなります。大気の状態は不安定で、雷雨にも注意をしてください。北日本は北海道から雨が降り出し、強く降るおそれも。火曜日以降も雨が続く見込みのため、大雨への備えが必要です。気圧は北日本で大きく低下しますので、頭痛など体調の維持にご注意ください。

FZjFNm4VEAAsZD9_convert_20220807203308.jpg


昨夜ブログを書き上げてから就寝しようと計画していたのに、睡魔には勝てず、こうして月曜の朝に慌てて書いている始末。

おはようございます。

このところ涼しくてよく眠れるのがうれしい。体力の回復に務めることができて有難いですね。昨日など、大好きな競馬もやらないでこんこんと眠っていたところをみると、よほど疲れているのでしょう。火曜あたりから酷暑に逆戻りするらしいので、今のうちに英気を養っておきましょう。今日の西日本は酷暑ですね。一方、北日本は気圧がどかんと低下する予定。北海道東北のみんなの自律神経、どうか頑張って。

追記:8時になりましたが、こっちも猛暑の気配が |ω・`)

それで熱中症についてなのですが、清暑益気湯だと思っている人がおられて、問合せがありましたが、あれは夏バテの漢方。食欲なく、だるくて動けないときに使う補剤。私のような体力のない虚証タイプが、夏バテで食べられずに痩せちゃうようなときに使う。

熱中症は、発熱、頭痛などの症状には、黄蓮解毒湯(おうれんげどくとう・ツムラ15)や半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう・ツムラ14)といった黄蓮が入っている熱冷ましがいい。

一方、吐き気や水を飲んでもうまく吸収できず胃がチャプチャプするような症状には、五苓散(ごれいさん・ツムラ17)を使ってください。

とっつきにくい野菜と思われがちな冬瓜(とうがん)ですが、今の時期は、煮物にしたりスープにして積極的に食べましょう。

体内の熱を冷まし、余分な水分を出すので、むくみ解消によい。不足している水分を補うはたらきもあるので、暑気あたり、のどの渇きなどの症状にも有効です。

わが家の冷蔵庫には、昨日つくっておいた冬瓜と豚スペアリブのスープが鎮座ましまし。例年、夏の食卓には冬瓜のスープや煮物がならぶ。

CIMG7080-300x225.jpg


立秋」のブログにも書きましたように、今週は地震が気になりますので、飲料水の確保や防災袋の点検をしておきましょう。地震専門家によれば、東北(岩手・福島)、北信越(能登)、東海(富士山周辺)が気になるらしい。とはいっても、どこにくるか分からないので、とりあえず準備。わが家はミネラルウォーターをネットスーパーに注文。あとはスマホとPCのバッテリーだ。


0ecfd0ed2c67eee98d3680ceb7e45b3f.jpg


さて、内閣改造。岸田首相は10日にも内閣改造と自民党役員人事を行う方針を固めたという。9月27日の安倍元総理の国葬後だと言われていたが、大方の予想よりかなり早いタイミングで実施されることになる。

共同通信は、「看板政策の新しい資本主義や物価高対策を推進するため、秋に見込む臨時国会に向けて態勢を早く整えるべきだと判断した」と、たぶん首相周辺からリークされたテキストをコピペしたような報道。麻生副総裁、茂木幹事長については続投させる意向だと、これも早々に書いている。

内閣改造と党役員人事は選挙後の恒例行事であるから、タイミングが早いこと以外、さして驚きはない。
しかし、深刻さを増す台湾情勢に岸田首相が対応できるか、外相と防衛相の人事を見ればある程度読める。

元々岸田首相本人も彼の周りにも中国との繋がりが強固な議員が多い。実質「礼賛」に近い人物もいる。その筆頭、林外務大臣を残留させ、防衛相に福田達夫なんて、日本は岸田で大丈夫なんだろうか。

今回の内閣改造に中国共産党から手を突っ込まれている感じがして、気持ち悪い流れになっているのは、どうしたものか。

改造よりも、新しい総理大臣が欲しい。

b5f775fa3e5f12d7f0bfd8e7ee0dbde2_convert_20220806163729.jpg


8月8日(月)の運勢

【一白水星】スケジュールに変化が生じそうだが、あれがダメならコレで、みたいな柔軟な考え方で乗り切ろう。日課の見直しで調子が上がる。このごろ負担に感じることを一旦やめてみる、あるいは行く店や買うものを変えてみるのも一興。家族のことで心配がある人も。転倒、腰痛注意。

【二黒土星】即断即決で快調。要望は何でも口に出したほうが通りやすい。スピーディな展開で物事が動いていく。やろうと思いつつ後回しにしていたことを片づけてしまいたい。のんきな相手はせかして、一気にやってしまえば楽になること請け合い。先を見越して準備を早目にしておく。

【三碧木星】そうはうまくはいかない日もある。少しペースを落とした方が、結果よし。不慣れなことはなるべく避け、焦って行動しないこと。負担に感じる習慣や毎日の予定は、今日はサボってOK。許される環境なら寝転びながらテレビを観たり、読書したりでのん気に過ごす。ねむねむ。

【四緑木星】冷静に、じっくり物事を進めていくといい日。急な変化は避けたほうがいいが、人の力を借りながらも手堅くいけばなんとかなる。いつもなら優先順位が低いことをやってみるのも一興。人のために力を尽くして運気アップ。小まめによく動くので、片づけものなどをするといい。

【五黄土星】楽しく愉快に頑張れる感じの日。頑張っているという意識は全然なくて、それでも気がついたら大きな流れに乗っていた、みたいな感じ。新しい選択をすると成功につながる。一方、何か意外なことが起きる暗示がある。慌てず騒がず落ち着いて対応しよう。そのうち治まる。

【六白金星】語らいの日。遠くに住む人から心温まるような連絡が入る人も。交渉や話し合いは、自分から条件を出せば有利に進む。相手の胸を開かせ、すっと懐に入っていける。つかず離れずの微妙な距離感を保つこと。商売ならば風のようにさっと来て、利益を上げよう。ネット詐欺に注意。

【七赤金星】いつも通りを心がければ吉。本筋から外れたり、慣れないものに手を出すと失敗しがち。自分に合わないと感じたら無理をしないこと。天に逆らわず、ここはゆっくり過ごす。精神的に煮詰まって、腰が重くなる人も。上手な気分転換が大事。いまできることを大切にしよう。

【八白土星】日破。交通事故とはいかないまでも、違反の切符を切られやすいので注意。それでも運気は大変強くパワフル。前向きな行動で幸運をつかむ日。行動も実にテキパキと素早いのが特徴。諦めていた話が別の形で復活したり朗報も届くはず。ツキも人も味方している。投資運あり。

【九紫火星】暗剣殺。予期せぬことが起こりやすい。女性とのつき合いでストレスがたまる人もいる。それでも気分はリラックス。きりきりしないで、ゆったりすることが大事。完璧でなくても、匙加減さえうまくやれば結果は悪くない日。趣味を楽しんでリフレッシュしよう。遊び心を大切に。

2022. 08. 07  
深川の水かけ祭

8月7日~9月7日

【一白水星】
 穴に落ちたように身動きが取れないような状態にある。これが8月の特徴です。運勢としては底であり困難なときです。
 人から意地悪されたり、騙されたり、貶(おとし)められたりして、うっかり穴倉へ落ちてしまった。さあどうしよう。弱り目にたたり目。どうにもこうにも身動きがとれない。ここはもう、穴倉の底で黙々と、手さぐりで出来るような作業をしているしかないのだろうか。そうです。押入れを無心でゴソゴソやっているようなことが妙に落ち着く一か月です。それがちっとも嫌じゃない。今月のあなたには集中力があるのです。
 一白の強みは、相手が変わろうと状況が変わろうと、信念を曲げず貫き通すところ。しかも水の流れのように自然に自分の希望を通してしまうしなやかさがあるのです。自分と違う考えにも、肌合いの違う人にもすんなりと合わせることができます。そうした一白の強みを発揮すべき時です。そして水のように沁み込んで、相手の心の動きを読み取るのが得意です。その一方で、どんな相手をも受け入れる包容力があるため、周りから、つかみどころがない、本心はどこにあるの、と思われてしまうこともあるのですが。
 気持ちが内に向かい、ストレスをため込みやすくなっています。ともすればネガティブ思考のスパイラルに陥り、自分の心の弱さを思い知るでしょう。心身ともにコンディションは最悪で、どことなく体調もよくない。しかも穴倉にいるものだから、昼間でもなんとなく眠い。その悶々とした精神状態が、日頃の健康に微妙な影響を与えやすくなります。昼間はなんとなく眠いのに、いざ夜になって眠ろうとすると、これが寝つけない。酒に溺れてしまったり、苦しさに負けて自暴自棄になりかけたりします。
 一白の人は水滞体質で、本来なら対外へ排出されるべき水分が、体内に停滞してしまっています。今月はいっそう顕著になって、そのため元気がなく、疲れやすく、身体は重だるいし、いつも眠く、浮腫みやすいでしょう。五苓散や防己黄耆湯などの漢方を上手に使いましょう。もともと腎臓系、婦人科系が弱いので、黒い食べ物は積極的に摂ってください。昆布、わかめ、ひじき、きくらげ、もずく、海苔、黒豆、黒ゴマ。
 人恋しさから異性を求めるのですが、裏切られる暗示もあるので、むやみに人を信じすぎないことです。ハンターは心のすきまにうまく入り込んでくるものです。また、人に気を遣い過ぎると疲れがたまります。気分がさえないときは、自分の好きなものに触れて心の疲れを取り除きましょう。迷いが出たら勇気を出して人に相談することです。他人の心配をするより、今は一人になる時間を持つことが先決です。なかには、身内や親しい人の死に遭遇する人もいらっしゃるでしょう。
 仕事は高望みはせずに現状維持でいきましょう。たとえ周りから何を言われたとしても、自分から新規のことで動くときではありません。9月になれば徐々に陽が差して、チャンスは必ずめぐってきます。先のために何かを準備するには絶好のチャンスです。
 金銭はパッとしませんから、財布の紐は締め気味でちょうどよし。ただ、本業のお金はパッとしなくても、副業みたいな裏の収入が入ってくる人もいます。
 ともすればネガティブな月に思えるかもしれません。しかし、こうした状況を「魂」の観点から捉えると、人としての成長の糧になったりするから、あなどれないのです。これを一種の試練として昇華できれば、心は何倍にも強くなれるはずです。苦しい状態の中でも、腐らずにヤケにならずに、自分の目的、信じていることに向かって進んでいけるか、その精神力や根性が問われるのが今月の特徴です。折れない心、挫けず諦めない強い心への憧れ。「死中に活を見出す」ことの難しさは誰もが実感するものですが、実際にそれができたときの驚愕的な体験は大いなる力となります。
 運を伸ばすために心がけたいことは、いい意味での執着。範囲は狭くていいから、熱心に一つの事柄を深掘りしていると、驚くほど実力がついたり、価値あるものになるのは、今月のあなたには集中力があるからです。
 また、悩みごとから自力で抜け出せないときは、穴倉から這い出るための「はしご」が必要になってきます。はしごとは、外界へ引っ張り出してくれる親しい友人や仲間、あるいは解決方法を持つことを指す。人の支援によって「蜘蛛の糸」的に助けられるためには、意固地にならず、相手に心を開き、よく話し合ってみることが大切です。

【二黒土星】
 先月の低調から一転、前途に希望の光が見えてきます。張りつめたバネを少し緩めると、心が穏やかになります。決して派手な運勢ではありませんが、黙々と身体を動かしましょう。身辺の細々としたことがよく片づいていきます。
 イメージは、母なる大地で地道に畑を耕している姿。いのちが生育する喜びを実感しながら、一刻も休まずに働いて作物を育てています。人が見ていようといまいと、毎日コツコツと手を抜かずに働いているのが今月のあなたです。二黒の人は、この、コツコツが得意ですね。「継続は力なり」とは二黒の人のためにある言葉です。若い頃はそれほど目立たない、地味な人たちなのですが、コツコツ二黒さんは人生のゴール地点ではトップに立っていたりするから、実に素晴らしい。ブラボーです!
 人生の歩みを「ウサギとカメ」のかけっこにたとえるならば、今月は典型的なカメの歩みです。たとえ時間がかかったとしても、それが単調な作業の連続だったとしても、ゴールを目指し一途に歩んでいく。これが今月のあるべき姿。でも二黒のあなたは天性のカメさんだから、今月は持って生まれた実力発揮の一か月です。
 また、人の先に立とうとすれば迷って道を失うが、人の後ろに従うように心がければ、よき先達を得て迷うことはありません。人の意見に従い、裏方や女房役に徹した方が成功しやすいのです。「我れ先に」ではなく「お先にどうぞ」の気持ちが求められるときです。
 ゆえに、どんなことも自分から積極果敢に攻めていくことは慎むべきで、受け身の姿勢を貫くのがよいのです。仮に何かを頼まれることがあれば、おとなしく従うようにして、あまり自己主張はしないこと。たとえ自分が優れたものをもっていても「能ある鷹は爪を隠す」べきです。
 そうはいっても変化というものが、好むと好まざるとに関わらず起こってきます。人によっては、仕事が変わらざるを得ないようになったり、転居を余儀なくされるようなことがあるでしょう。なかには、今まで家の中にいた人が外へ出て働かなければならないようなこともあるでしょう。そこまでの変化ではないにしても、今のままではダメなんじゃないか…みたいな気持ちが自然に湧いてくるでしょう。
 肝心なことは、このような変化を、自分の意志で起こそうとするならば、今はその時期ではないということです。逆に、頼まれてのことであれば、縁の下の力持ち的な、万事控え目な行動に徹するといいでしょう。才能をひけらかすことなく、能力や野心は胸にしまっておくのです。そうした受け身で控えめな変化ならば、アクションを起こしても運勢に傷をつけるようなことにはなりますまい。
 身内や親戚、同僚や部下に問題がおこってきます。人の世話で忙しくなりますが、母性愛のような無私の心で相手を柔らかく受けとめ、安心を与えるような対応を心がけるとよいでしょう。二黒の人は、相手を思い遣る天性のやさしさと包容力を持っており、されど決してそれをひけらかさないところが、人としても魅力でもあります。ゆえに信頼されるのです。
 たとえケチといわれても今月は財布の紐はゆるめてはいけません。人がどれだけ儲けたという話を聞かされると、自分も…と思い立つのは人情ですが、今月の投機は損をして、青くなるでしょう。塵も積もれば山となるの精神で、お金はがっちり温存しておきましょう。
 また、今月の仕事はともすれば計画通りに捗らないことがあるでしょう。当初はスムーズに進んでいたものが、防ぎようのない邪魔が入ったり、最期の仕上げでおじゃんになる。そうした難しさを抱えた月であることを、心の片隅に置いておいてください。
 運を伸ばすために心がけることは、人と比べないことです。あせらず、実質本位に徹して進むこと。そして毎日やることの手を抜かないようにして、持続力を絶やさないことです。やる気をなくしたり、意欲が衰えるサインには要注意。身の回りをかまわなくなって、家事など生活を維持する基本を面倒と思うようになったら、あなたの運勢は雑草が生えて害虫がはびこる休耕田になってしまいます。今月はそれを避けたいのです。
 胃腸が弱くなるので留意。冷たいものは控えましょう。胃腸が弱ると、口の周りに吹き出物が出やすくなる、唇が乾く、口角が切れるなど口周りのトラブルが増え、口臭が気になる、口が乾く、よだれが出るといったことも起こります。胃腸のはたらきを高め、気を補う食物は米、はとむぎ、山芋、豚肉、牛肉、あじ、いわし、じゃがいも、さつまいも、かぼちゃ、さやいんげん、おくら、枝豆、アボガド、きのこ類です。
 お腹がごとごとしてガスが溜まっている人は、これを解決すると、ストンと気持ちが落ち着くものです。ことにパニック障害のある人は、お腹にガスの溜まっていることが多いのです。半夏厚朴湯(ツムラ16番)を口の中でしゃぶっていると自律神経が落ち着いてきます。
 老いも若きも今月は転倒しやすいのです。転んで右手を怪我しないようにしましょう。
 
【三碧木星】
 夜明け前だった運勢に今月は朝日が差してきます。それとともに、あなたの運勢は劇的な回復を見せはじめました。活気に満ちあふれ、事が一気に動き始めます。忙しい一か月になりますが、忙しければ忙しいほど、それは運気の強い証拠です。
 今月は、ビックリするような何か意外なことが起るのですが、そのときは慌てず騒がずふつうに対応していれば(ことによっては安全な場所へ身を隠していれば)何ごともなかったようにそのうち治まります。びっくり仰天するくらい派手なわりには、中身が伴わないのです。これが今月の特徴である「声あって形なし」です。逆に、そこで対応策を練ったり、猛省したりすることから転じて、よい結果を得るきっかけとなったりするのです。
 人間関係で、新しい出会いがありますので行動範囲を広げてみましょう。あなたの世界観が変わるような新鮮な驚きがあり、かつ楽しく、プラスになる出会いです。積極性が開花しますので、営業の方々は、ダメ元の精神で扉を叩くと新規開拓につながりやすい月です。
 三碧さんの魅力は斬新な企画力にあります。それが今月は、いつにも増してクリエイティブで、様々なアイデアが浮かんできますから、計画を練るには最高のときです。今まで温めていた計画を実行に移したり、蓄えてきた情報や知識を、ここは一気に花を咲かせるチャンス到来です。
 嫌な問題からは逃げずに取り組み、自信のあることなら素早く対処し、成果を求めて好調です。身体を使い、カンを働かせて、敏速な行動で好結果が得られます。姑息な手段を選ばず、何事も正々堂々と取り組むことで大いに実績が上げられるでしょう。
 また、目先の小利に迷わず、先の大利を目指して進むことです。そうすれば、来月にはきっちりと成果が現れます。金銭面では大金は入りませんが、予想外の収入で小金には苦労しません。
 注意すべきことは2点。①隠し事がバレやすいときですから、浮気とか税務署関連、身に覚えのある方は注意。②やたらしゃべり過ぎるので「あら、いけない!」と思ったら、お口にチャックです。
 健康面では、大きな病気はありませんが、肝機能に問題のある方は過度な飲酒を控えましょう。しじみ汁と酢の物、柑橘類、苦味のある野菜で肝臓を守り、イライラをなくしましょう。
 どうしてもイライラが治まらないようならば抑肝散(ツムラ54番)がおススメです。

南無南無……
7e5f86bb593f7fcd03548523edb21bf6_convert_20220806153159.jpg 



【四緑木星】
 「人間関係」が開運の鍵。今月のあなたは人気があって、木の枝が全方向へ伸びるようにチャンスが広がっていきます
 そこで問われるのは「信頼」です。信頼関係を築くのが上手い人とは、良い人間関係を築こうと、意識して取り組んでいるものです。
 挨拶をきちんとする、感謝の言葉をきちんと伝える、何気ない会話を大事にする、相手のことに興味を持って話しかける、自分のことを開示している、嘘をつかない、相手に強制しない、相手が大事にしているものを大事にする、小さな約束でも守る、間違った場合は素直に謝る、人の秘密を守る、といったことを大切にしましょう。
 行動の基本イメージは、風です。風は障害物を回り込み、狭い隙間を抜け何処にでも入り込んでいくように、身を低くして、柔軟に生きましょう。初対面の人や偉い人にもその胸を開かせて、すーっと懐に入っていけるならば上々です。四緑の人はこれが得意ですね。ふうわりふうわり漂って、「かくあらねばならぬ」みたいな思い込みは一切ないですし、人に対して、ああしろ、こうしろといった威圧的なところが皆無ですから、誰からも受け入れられます。これがあなたの強みですから、今月はおおいに「ふうわりふうわり」風のごとく漂ってください。
 そのため、人との間の風通しをよくしておくことこです。いつでも、さよならできるように、いつでも、もっと仲良くできるように、つかず離れずの微妙な距離感を保つこと。今月の特徴はここにあって、商売ならば風のようにさっと来て利益を上げ、さっと引き上げる、これが本質です。べったり張りついたり、出かけた先で長っ尻はいけません。
 何かと迷います。それは決断力がないというよりも、二つ以上の選択肢があった場合、どっちにしようかと迷いつつ、じっくり煮詰めて、決定までのプロセスを楽しむようなところがあって、他の星の人々からすれば、そうした四緑さんにイライラさせられる(笑)
 「通信」を上手にビジネスに取り入れましょう。メール、電話、SNSといったことを。いろいろな分野に首を突っ込み、ネタ拾いをしながら、よきネットワークをつくっていくことです。ふうわりふうわり漂って、周囲に幸せの風を送るような気持ちで過ごすと、いい一か月になるでしょう。
 一方、ネット詐欺に注意してくださいパソコンやスマホが故障したり、通信回線に故障が出たりすることも起こりやすい月です。
 独身の男女に縁談がもたらされたりします。積極的に婚活しましょう。ご縁がまとまりやすい暗示があります。
 金銭面は好調です。まとまったお金の入る人もいます。
 健康面では、気管支や腸といった身体の中の長い臓器、皮膚の不調が起きやすいでしょう。咳に悩まされる風邪やコロナにも注意してください。

【五黄土星】
 運気的には、ひと休みの調整運に入りました。9月になれば運気はふたたび動き始めますので、それまでは現状維持でじっくり腰を落ち着けるときです。ですから、新しいアクションは起こさないこと。今月になって新たに始めたことは絶対にうまくいきません。この太字が、実は今年一年の五黄さんにお願いしたいことです。新しいことは来年になったらゴーです。
 ところが天は人を試します。動くなと言われれば、人はなぜか動きたくなるものです。ここをじっとコラえることも、控えめな勇気ではないでしょうか。
 周りから振り回されないようにしてください。厄介なことは勇気をもって断ることが必要ですし、自分のペースを守ることが何よりも大事な一か月です。
 ともすれば、何か狭い部屋に閉じ込められたような息苦しさを感じたり、精神的に煮詰まるような感じがする人もいるでしょう。だから今月は気分転換が必要で、ときには仕事や家事を離れて、まったく別のことをすることです。
 ただ空をながめて心を空っぽにするだけでもいい。買い物でも観劇でも読書でも競馬でもデートでも、あなたの好きなこと、今やりたいことをして、大いに気分転換することです。
 運を伸ばすために心がけることは、この解放される時間を積極的に持って、公と私、仕事と遊びのバランスをうまくとること。
 それでも今月のあなたの云い分は通りやすいですし、人もたくさん集まってきます。困ったことがあっても、みんなが肩を組んで下支えしてくれるます。あなたは、頼りがいのある親分肌になって、義理人情も大切にし、人との絆を守ってゆきましょう。イメージとしては千手観音。周囲へ温かい手を伸ばし、これを広げていくと、手のひらに幸せがのってきます。
 残念ながら体調はイマイチです。体調を崩す方も出て来るでしょう。そのときは、なるべく早く医師の診断を仰ぎましょう。ストレスからの暴飲暴食に注意してください。持病のある方は、病状を悪化させないよう自己管理はしっかりなさいましょう。
 今月は自宅の造作をいじらないように。壁紙の張り替え、畳替えなども避けてくださいね。

【六白金星】
 強運月を迎えました。気力充実、体力も最高潮に達し、仕事にプライベートに絶好調です。ここは一つ、チャレンジ精神で立ち向かっていきましょう。新しいことを始めるには打ってつけの月です。
 8月は完璧主義でいくことです。他人からつけ入られるようなスキをなくして、全方位、まんべんなくこなしていきましょう。もとより、六白の人は努力家で、高い目標を定め、万全を期すために尽力し、他人からの評価を気にします。 傍から見ていると、十二分に頑張っているにも関わらず、自己評価が厳しいことも特徴です。 いつだって鉢巻きをキリリと締めて、100メートルをダッシュしているような気迫です。
 ふだんから家でじっとしていられないのですが、それが今月は輪をかけて外へ外へと気持ちが向かっていきます。今月はその歩みを止めないで、たゆまず動いていれば運勢もフル回転します。自分で自分を回すこと。それが開運ポイントです。
 ところが、周囲の人々があなたから受ける印象は、鏡に反射し、冷たく跳ね返されてしまうような、けんもほろろな人というイメージなのです。本来は義理人情に厚いところをお持ちなのに、ともすれば冷たい人と受け取られ、細やかな情緒が相手に伝わりにくくなります。
 ここが今月の弱点で、わからず屋の朴念仁になってしまう危険性もあります。運を伸ばすために努めて心がけることは「柔らかさ」を持つこと。
「柔らかい心」とくれば、相田みつをです。
 セトモノと セトモノと ぶつかりッこすると すぐこわれちゃう
 どっちか やわらかければ だいじょうぶ
 やわらかいこころをもちましょう
 そういうわたしは いつもセトモノ

「いつも瀬戸物のような硬い硬い心でいると、ぶっかるのです。優しい心、柔らかい心、で生きましょう」と相田みつをさんは語り掛けています。「柔らかい心」とは何か……感謝の心です。「これだけ家族に尽くしてきた。これだけ親に尽くしてきた。」との思いは瀬戸物です。家族の為に尽くせるということは、有り難いことです。親孝行が出来るということは、幸せなことです。いい仕事が出来ること、いろんな方と出会えること、食事が出来ること、何にでも幸せを感じることです。

 どうしたって頑張ってしまうのが今月のあなた、フル回転の一か月で、これを止めることはできないのですから「固い完璧」ではなく「柔らかい完璧」を目指すことです。きりきりしないで、流るる水のごとく、型にはまらない流麗さを忘れないでいきましょう。
 金銭面では、気が大きくなりますので、ともすれば散財したくなりますが、同時に入ってくるお金も大きいです。投資運、バクチ運ともにある月です。
 健康面では、循環器系統に注意の一か月です。また右脚のねんざや骨折に注意しましょう。交通反則切符を切られないように。忙しい一か月になりますので、上手に息抜きできるといいですね。がんばれ、六白金星!

e0d42485df69e8c43cb92e97fa3e54fe_convert_20220806154101.jpg


【七赤金星】
 精神的に安定し、心身ともにリラックスする一か月。生きる楽しさを存分に味わってください。ゆったりとした時間が流れていることに気づくでしょう。
 良きにつけ悪しきにつけ、口の及ぼす力が強いときです。美味しい食べ物に縁のあるときで、それを頂くのも口、楽しい語らいもまた口がすること。時に、口は災いのもとで、不用意な発言が身を滅ぼすこともありますが、なるべく口元の笑みを絶やさないよう心がけることで、幸せのポイントが上がっていきます。
 争いを好まず、アクの強さはなく、どちらかといえば人に譲ることの方が多くなるでしょう。これが人間的な肌触りの良さになって、だから今月のあなたは人気があってファンに囲まれます。
 もう一つは、重箱の隅を楊枝でほじくらなければ気のすまないようなクセのある人物と、今月のあなたは対極にいます。どんなときでも鷹揚にかまえているのがいいです。だから、まわりに対して口うるさいのはダメで、口は楽しいことをしゃべったり、愛の言葉をささやいたり、美味しいものを食べたり、楽しく歌うことに使いましょう。
 この世には「物作りをして運を伸ばす人」と、「人の輪の中にあって運を伸ばしていく人」の二つのタイプがいるのですが、今月は後者の生き方に徹するといいでしょう。コロナ禍ですので対面で人に会うのがまだ難しければ、電話やウエブで会話しましょう。それによって、あなたも相手も、ともに運気が伸びていく特徴があります。
 今月の運勢は「楽しみの部屋」にいるのですから、買い物に出かける、花を飾る、楽しい相手とおしゃべりをする、趣味に打ち込む、旅をする、おいしいものを食べる、といった楽しみごとで気分転換するといいでしょう。
 恋も金運もやってくるのが今月の運気です。幸せを招くポイントは愛嬌。きりきりしないで、余裕をもって、周囲に希望を与える雰囲気が、幸せの波紋を幾重にも広げてゆきます。
 ただ「口」ということは、コロナにも罹りやすいということです。留意してくださいね。口内炎などの口腔疾患にも注意しましょう。

【八白土星】
 月破がつく1ヶ月になります。月破のときは、ともすれば人間関係がうまくいかない傾向で、それは往々にしてあなたの側に原因があるでしょう。どうしたものか気持ちがひねくれ、どうせわたしなんて…みたいに拗ねるんですね。だから人間関係がうまくいかないのです。人にもイライラさせられますが、どちらかと云えば、あなたが素直になれないので、勝手にイライラしているようなところがあって、相手は何とも思っていないことが多いでしょう。
 また順調に進んでいたことが、最後の仕上げでご破算に帰すという流れになりやすいのも、月破の特徴です。運転する方は事故に注意してください。転びやすくもなりますので、特に年配の方はご注意ください。 
 8月は、潮目が変わります。今まで好調だったことが停滞する反面、ダメだと思っていた話が進展し始めます。状況に合わせて柔軟に計画変更していくのが良いでしょう。環境の変化も起こりやすい時期に入ってきました。
 これまで続けてきたことを辞めるようなことになるかもしれません。あるいは、手がけてきたことが頭打ちとなってこれ以上の発展は望むべくもない状況が訪れる人もいるでしょう。とにかく、流れが止まって、いったん立ち止るような状況となります。
 しかし、ここで動じることはありません。何も悩まなくていい。止まるべきところに止まっていれば、それで問題ありません。こうした時は悟りを開いて、無欲にして、心静かに、動かざること山の如しをモットーとすることが、生き方として大事なとき。不動の境地を保ち続けましょう。
 不思議なもので、いったん歩みを止めると、次第に運気は好転し、自ずと道は拓けて行きます。あるがままを受け容れ、静かにとどまることの勇気、胆力をもちましょう。
 人間関係においては良い出会いもあれば、自分の動きを止めてくる相手も出てきます。そのため、相手との距離を取り、状況を見極めながらつき合う事が肝心です。万事が「親しき仲にも礼儀」をもって処すべきであり「妥協」という文字の真意、すなわち、互いの主張を幾分かずつ譲り合って、一つの結論や取決めを導き出すことが必要になってくるでしょう
 家族のことで心配事や問題の出てくる人もおります。この場合、相手の話をよく聞いてあげることが肝心です。
 仕事の上では、身辺に変化が起こってきます。自ら変化する場合は、まず自分の力量を考え、しっかり準備を整えてから行動すること。気を引き締めて、あなたの大切な宝を守るように心がけることです。
 ただ、仕事のみならずプライベートなことでも、今月は計画していたことが頓挫しやすい傾向があって、何かスムーズにいかない。また、他人が迷惑なことを持ち込んでくるようなこともあり、イライラに直面するようなことがあるでしょう。
 今月のポイントは、現状を再点検し、マイナス要因を取り除く努力をすること。つまりは身辺の改善改革です。冷静に周囲の動きを見つめつつ、自身が「変えられる事」と「変えられない事」を再認識した上で、あなたの「ヒト・モノ・カネ」を断捨離しアップデートしましょう。例えば、今まで取り組んできた事で、今後も続けてゆく事、止めてしまう事の取捨選択に取組んでみることです。
 金銭面では、気分的に一獲千金を狙いたくなるのですが、確実性のない投資は財産を失う危険がありますので、今月は手堅く進めてください。バクチは勝てないときです。
 健康面では、関節痛に悩まされる暗示があります。リウマチの人は症状の悪化に留意のこと。腰痛持ちの方は痛みが出てくる可能性があります。左脚が痺れたりする人もいるでしょう。年配の方は家の中で転ばないよう、階段から落っこちないように注意してください。

【九紫火星】
 あなたの運勢は真昼の太陽のごとく燦燦と輝きはじまめした。ゲーテは「光があたればあたるほど、その影も濃くなる」と言いましたが、光と影を両方抱えて生きて行く一か月になります。派手で賑やかな時間もあれば、静かな孤独の時間もある。そうしたものが交互にやってくるようなギャップがあります。九紫の人は、華やかな見かけと違って、意外や独りの時間を好みますが、今月は大勢の人に囲まれるような場面が出てきます。
 光と影が対人面にでますと、急激に仲良くなり、ある日突然別れる、といった状況が起きやすくなるのです。身近な人との生死別がある人もおりましょう。
 一方、こうした特徴を利用して、悪縁を断ち切るチャンスの到来です。遠ざけたい相手がいたら、上手に縁切りできるのが今月の特徴です。人が離れていくことによってできた空間に、あなたの気持ちを理解してくれる、新たな相手が現れるかもしれません。
 仕事の上でも、転勤や社内異動、転職、退職といったことが身辺に起こってくる人もいます。人によっては今の仕事、あるいは今までやってきた趣味などを、辞めたくてしょうがない、そればっかり考えたりするのですが、クールダウンしてください。こうした一過性の「辞めたい病」があなたに乗り移っている月に、人生の大事な決断はしないことです。来月になっても気持ちに変わりがないなら、真剣に考えてみるといいでしょう。
 光があたり過ぎると、税務署の査察が入ったり、浮気がバレる、といったことも起こりやすくなります。身に覚えのある人は注意してください。
 また、一を聞いて十を知るようなカンの良さがあるため、スピード感あふれる仕事ぶりは素晴らしいのですが、外面を美しく飾ったにすぎない張りぼてで、内面スカスカになりがちなのが今月の特徴です。たとえれば、今月のあなたはウルトラマンのような人で、力は十分にあるものの、
地球で戦えるのがたった3分しかない。モタモタしていると集中力が途切れてしまう。ゆえに、どんなことも、スピーディに片づけてゆくことが今月のポイントになります。
 片づけてしまいたいことがあったら、思い切って取り組んでみましょう。ちょっと雑ではあるものの、あなたに勢いがありますから、ちゃっちゃとやり遂げます。
 鍵は、感情のコントロールを意識すること。
人によっては、精神的なイライラが募り、喧嘩っ早いです。カーっと、一瞬にして気持ちが燃え上がることから、早とちりが多くなる傾向。例えば恋愛といったことも、すぐに一歩踏み込まないで、冷静にしばらく様子を見ること。離合集散のときですから、空き家には新たな恋がやってくる兆しがあります。ビジネスも即断即決しないことが肝心。とかく今月は、争いに巻き込まれやすいので、頭に血が上らないように、思慮深く、老練にして、じっくり構えるのがいいでしょう。
 一方で、あなたの周りにいる控え目な人、目立たない人に心を寄せ、親切にすることです。積極的な人よりも、従順な善人を選ぶのが人選びのポイント。なぜかと申せば、今月のあなたは、側近にかく乱されがちで、心労が絶えないからです。だから、お人柄の良い方たちと交流しましょう。
 仕事でもプライベートでも、途中で諦めず最後までやり抜く気迫を見せれば、真の協力者を得られるでしょう。だから、常に向上心を持って挑戦すること。日頃から尊敬している人物や、目指すところがあれば、そこに向かって迷わず一歩踏み出す勇気を大事にしてください。
 そうすれば、いい話も舞い込んできます。今月のあなたはとっても目立つのです。だから、堂々としていましょう。
 金銭面では、金運が上昇し収入増が見込めます。その一方でつい気持ちが大きくなり、見栄を張ってしまうこともあるでしょう。今月はゴージャスです。
 健康面は頭痛や歯痛、耳痛、鼻からの顔面痛など、首から上の疾病や不定愁訴に注意のこと。年配の方は、脳梗塞にも注意してくださいね。

3f16ece424275183e51ab43f1cc2853a_convert_20220806160945.jpg


2022. 08. 07  
3f4fc5e78d94d3872e571928db25e81a_(1)_convert_20220806200059.jpg


7日(日)は太平洋高気圧が勢力を強めます。西日本や東海は暑さが厳しく、関東も真夏日が戻る見込みです。大気の状態は不安定で雷雨には注意が必要です。気圧は安定傾向ですが、北海道は気圧低下による体調の変化に注意して下さい。

FZdfl_eacAAg_m7_convert_20220806200315.jpg


8月7日は二十四節気の立秋。

立春から半年が経過した。立秋は一年の折り返し地点である。暦の上では、立秋から立冬の前日までが秋となる(8/7~11/6)。

20220503223522522 (1)

立秋になると「まだまだ暑いから秋と呼ぶには早い」そんな声があちこちから湧き上がってくる。しかし実際には夏の翳りを感じ始めるころである。僅かな気温低下や、風や雲の変化を見つけ、立秋と決めた古代人の感覚は鋭い。

このような「ささやかな兆し」を季節の始まりとする感覚と、西洋ならではのピークを季節とする感覚の違いは、欧州狩猟民族の「Season」と、極東農耕民族の「季節」の違いであろう。

天気図は、まだまだ夏の高気圧が勢力を保ち、暑さが続くものの、空を見上げると、秋の巻雲(けんうん)が天高く見えはじめる。

aeroplane.jpg

空が少しづつ高く感じられるようになり、もくもくと沸き上がる夏の雲の上に、砂をすっと刷毛で掃いたような秋の雲が隠れるように見えはじめる。

普段、夏に見る雲は「垂直」に発達するのが特徴であり、その代表は積乱雲(入道雲)。この雲は、熱い太陽に熱せられた地面から激しい上昇気流が起こり、大きな雷雲を作る。

一方、秋の雲は「水平」方向が特徴。水平に流れるような雲が多く、低気圧が接近したときにできる雲である。

fig_kumo_convert_20220806215744.jpg

この秋の雲が見られるようになると、夏の高気圧の力が弱くなった証拠。8月は、夏と秋との入れ替わりの時期で、雲の変化も面白い時期である

この時期になると思い出す映画がある。もう30年以上前に観た映画だが山田太一原作の『異人たちとの夏』。

12歳のときに、交通事故で亡くなった両親への思慕が、根底にある。ある日、生まれ育った浅草へ出かけて、そこで偶然、死んだはずの両親に逢う。

c0181920.jpg

この映画には昭和の夏の原風景が描かれている。茶の間に置かれたちゃぶ台。開け放った玄関から風にゆれて少しだけ見えるレースのカーテン。夕暮れどきに外から聞こえてくるひぐらしの鳴き声。

真夏なのに、ちょっと贅沢して浅草の今半にすき焼きを食べに行くシーンは、涙なくして観られない。



この映画をはじめて観たとき、とても驚いたことがある。それは、青森から上京した両親と三人で、この浅草今半で、真夏にすき焼きを食べたことがあったからだ。偶然といえば、あまりにも偶然な…。あのころ、すき焼きは家族の幸せの象徴だった。


(次の七十二候は、1年を72等分し、約5日ごとに移り変わる短い季節で、その時々の季節の様子を短い言葉で表している)

初候 涼風至(すずかぜいたる)
8月7日~12日
5c0e34857d37204464b2d7da17d50277_convert_20220806164406.jpg

猛暑の続くある朝、ふと涼しさを感じるときがある。

 秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる 藤原敏行

秋が来たと、目にははっきり見えないけれども、風の音を聞いて秋が来たと気がついた……視覚では分からないが、聴覚で分かるという対比の妙。風のちがいに気づいて秋を知るという繊細さが評価され、立秋の声を聞けば、古今和歌集に収められたこの歌を連想される人が多いのではなかろうか。

立秋は小さな秋の誕生であると同時に、夏のピークでもある。盛りを過ぎた季節はゆっくりと老いてゆき、次の季節の成長とともに少しずつ入れ替わっていく。


次候 寒蝉鳴(ひぐらしなく)
8月13日~17日
7f66ce18_convert_20220806163958.jpg

寒蝉鳴と書いて「ひぐらしなく」と読む。カナカナカナ……と、朝な夕なに鳴く声が一服の清涼剤のように気持ちを爽やかにしてくれる、ひぐらし。

暑い日中が苦手で、早朝か夕方に涼しくなってから鳴くため、薄暗い時分や、涼しい時間に聞いてることが多い。

そんな記憶の蓄積なのだろうか、カナカナの声を聞いた途端に「ああ、涼しい」と感じるのは不思議なものである。

夕暮れの薄闇に、林から消え入るように聞こえてくると、あたかも夏の終わりを知らされているようで、胸がしめつけられる。





末候 蒙霧升降(ふかききりまとう)
8月18日~22日
kuma425031_convert_20220806164215.jpg

朝晩と昼の気温差により、地表にまとわり着くように深い霧が発生するころである。

春には霞といい、秋には霧と呼び分ける。「たちのぼる」は霧に使い、「たなびく」を霞に使う。なんとなく違いは分かっても、区別するのが難しい霧と霞である。

日本の霧はここ数十年、減少しつつあるという。とくに東京、神戸、京都などの都市部では大幅に減少し、年間ゼロ日という年も出てきた。ヒートアイランド現象で乾燥が進み、気温が下がりにくくなっていることや、緑地の減少、雨が地中に浸透されないことなどが原因と考えられている。

霧は減っているけれど、台風以外の雨や集中豪雨は増えている、というのが昨今の気象である。

A Foggy Day (1954) - Dinah Washington




8月は申の五黄で、年月ともに五黄になることから、天変地異が多くなる傾向は否めない。地震・噴火・台風・土砂災害に注意が必要となる。

1923年(大正12)9月1日に起こった関東大震災が年月五黄で起きている。ちなみに、年「癸亥五黄」・月「庚申五黄」・日「丁丑八白」の盤であった。

今年は、年「壬寅五黄」・月「戊申五黄」となっている。

地震をはじめとした天変地異は「彗星近日点」を抑えておく必要がある。8月は、9個の彗星が太陽に近づく。

10日(未五黄)彗星1個

11日(申四緑)彗星1個 MN(月が最近)

12日(酉三碧)彗星2個 満月

19日(辰五黄)彗星2個 下弦

23日(申一白)MF(月が最遠)

25日(戌八白)彗星1個

26日(亥七赤)彗星1個

27日(子六白)新月 

29日 (寅四緑)彗星1個

9/2日(午九紫)彗星1個

9/4日(申七赤)上弦

9/7日(亥四緑)彗星1個

※ビッグトリガー日 10日~12日頃 19日


8月は「十二支対冲」および「九星年月同盤」となって転居や旅行で良い方位はとれませんので、ご留意ください。また、五黄の年の五黄の月には、全方位に暗剣殺の作用が出ます。

これで土用が明けます(7日21時29分)。

2d1cbdb67ab933d837829be3f136cf02_(1)_convert_20220806195958.jpg


8月7日(日)の運勢

【一白水星】気分はリラックス。きりきりしないで、ゆったりすることが大事。完璧でなくても、匙加減さえうまくやれば結果は悪くない日。趣味を楽しんでリフレッシュしよう。対人関係は相手を立てて解決。金運は手堅くいけば儲けあり。派手さはないが満足な結果になる。救いのある日。

【二黒土星】暗剣殺。室内での転倒、曲がり角での交通事故に注意のこと。今までの流れが一つ止まるが、読めない先を憂うより、今は現状の中で確実にできることをやってみよう。スケジュールに変化が生じそうだが、そこは柔軟に対応すること。家族のことで心配がある人も。腰痛注意。

【三碧木星】やろうと思いつつ後回しにしていたことを片づけてしまう。のんきな相手はせかして、一気にやってしまえば楽になること請け合い。先を見越して準備を早目にしておく。どんなことでも、広く浅く、スピーディに進めよう。じっくり腰を落ち着け沈思黙考…みたいな日ではない。

【四緑木星】そうはうまくはいかない日もある。少しペースを落とした方が、結果よし。不慣れなことはなるべく避け、焦って行動しないこと。負担に感じる習慣や毎日の予定は、今日はサボってOK。許される環境なら寝転びながらテレビを観たり、読書したりでのん気に過ごす。ねむねむ。

【五黄土星】張りつめたバネを少し緩めただけで、心がやんわりほどけてゆく。チームワークをよくし、会話のキャッチボールがうまく行くように、相手を気遣ってあげよう。胃もたれしたり、お腹がごとごとしてガスが溜まっている人は、これを解決すると、ストンと気持ちが落ち着く。

【六白金星】身も心も若返る日。面白そうと思ったことに挑戦すると、新たな世界が広がる。日常の中で初体験を楽しもう。新発売の商品を買ってきて試す、ふだん出かけない場所に一人で出かけるとか。カンの良さが抜群。みんなのために頑張るよりも、自分のことを優先。新しい発見あり。

【七赤金星】当たり前のことを丁寧にやれば、物事がいい方向へ進む、福徳招来。あなたの発言が周りに影響を与え、具体化していく。人間関係で運が拓けていく日だからこそ、電話やメールを活用して、積極的にコミュニケーションをとろう。相手の胸を開かせ、すっと懐に入っていける。

【八白土星】なんなとなく現状に飽きて、新しいことに目移りするが、今日は現状維持でゆけ。目先の責務だけ果たせたら、花丸。精神的に煮詰まって、腰が重くなる人も。やらなければならばいことがあるのに、やりたくない。こんな日は上手に気分転換。自分の好きなことをやろう。

【九紫火星】日破。交通事故とはいかないまでも、違反の切符を切られやすいので注意。それでも運気は大変強くパワフル。前向きな行動で幸運をつかむ日。行動も実にテキパキと素早いのが特徴。諦めていた話が別の形で復活したり朗報も届くはず。ツキも人も味方している。バクチ運あり。

2022. 08. 06  



豚しゃぶと玉ねぎのさっぱり漬け







鑑定の申し込み方法


鑑定を申し込まれる方は、事前にメールにてご希望の日時をご一報ください。

なるべく早くこちらから返信メールをお送りいたします。

二度目以降のお客さまで、お急ぎの場合は当日お申込みになられてもかまいません。

はじめての方は、カテゴリ「鑑定の申込み方法」をご参照ください。

「鑑定の申込み方法」 ← クリックすると開きます。


×は、「ご予約で一杯になっています」というしるしです。

緊急の場合は随時受付ますので、お問合せください。

また、緊急の際「非通知」のお電話からですと、どなたか分からず、かけ直しができませんので、どうぞご了承ください。


ご予約可能な時間

8月08日(月) ×

8月09日(火) 20:00 22:00

8月10日(水) 10:00 20:00 22:00

8月11日(木) 13:00 20:00 22:00

8月12日(金) 10:00 13:00 20:00 22:00

8月13日(土) 10:00 13:00

  下記の時間帯でご都合に合わせられます

8月15日(月) 10:00~16:00 20:00~0:00

8月16日(火) 10:00~16:00 20:00~0:00

8月17日(水) 10:00~16:00 20:00~0:00

8月19日(木) 10:00~16:00 20:00~0:00

8月20日(金) 10:00~16:00 20:00~0:00

8月21日(土) 10:00~17:00






2022. 08. 05  
白川郷

6日(土)は太平洋高気圧の張り出しが弱く、西日本、東日本は湿った空気の影響を受けやすくなります。日差しの届く所が多いものの、急な雨には要注意です。北海道は晴れて過ごしやすい陽気になります。気圧は安定するでしょう。

FZY0QG2UYAAzLQP_convert_20220805193609.jpg

60年という歳月は長い。私はそう痛感したことがある。

2001年12月は「パールハーバーから60年」だった。その特集のために日本から取材にきた人が、60年の昔を憶えている人を探していた。

60年も経てば人々の記憶も薄らぎ、語るべき人そのものが死んだり行方知れずになっている。

「当時を憶えている人を誰か知りませんか?」と知人から電話がかかってきたので、せっちゃんがいると思って、日本からみえた取材記者の方を、アン永田さんのお宅にお連れしたことがあった。

あのとき私は、こうした取材も「50年が限度だ」と思った。

先だって、NHKのBSで昭和18年製作、坂東妻三郎の『無法松の一生』が放映されていた。テレビを点けると吉岡大尉夫人の園井恵子がアップで画面に現れた。

このひとはタカラジェンヌのなかでも抜けて品がいい。岩手の人だが小樽高女に学んでいるから、ひとかどの教養もあったろう。

しかしこの撮影の2年後に移動演劇「桜隊」の一員として広島で原爆に遭う……ご存命なら戦後の銀幕で大女優になっていた。

子役で出ていた長門裕之は「結婚するならば園井さんのような女性がいい」と思っていたそうだ。

4df43d36387bde8634e21924b6a2aab4_1_convert_20220805191625_convert_20220805193438.jpg


今年も8月6日が来る。広島原爆の日である。原爆投下から実に77年もの歳月が流れた。

広島原爆の当時を知る人も少なくなった。生きて77年の昔を鮮やかに語れる人々は、いまどれくらいいらっしゃるだろうか。

昔、園井恵子という女優がいたことを知る人も少ない。広島の病院へ傷病兵を慰問に行って原爆に遭った。32歳だった。

それを知っている私とて、経済白書に「もはや戦後ではない」と書かれた年に生まれたから、戦争は知らない。それでも、ひとりの大人として子どもたちへ伝えていく責務はあるように思っている。

井上ひさしの『父と暮らせば』は、原爆が投下されてから3年後の広島を舞台にした戯曲。戦後の広島で原爆からひとり生き残った後ろめたさから、自らの幸せを拒否して生きるひとりの女性。そんな彼女の前に亡き父が幽霊となって現れ、娘の恋を後押しする。彼女の心を開かせようと。これは名作ゆえ出来れば中高生にも読んでもらいたい作品。映画にもなっている。

そうだ、映画ならば是枝裕和監督の『いしぶみ』もいい。広島で原爆その日、中学生たちがたどった道筋を読む。綾瀬はるかの淡々とした、しかし力強い朗読が心を打つ。

『この世界の片隅に』はここで語らなくてもみんなが知っている。

そして井伏鱒二の『黒い雨』は、原爆投下直後の広島の光景も印象的だが、むしろ長閑な山村で原爆症によって人々が次々と亡くなっていく姿が哀しい。井伏さんはドラマではなく当時の広島の日常というものを意図してリライトされたと思う。淡々と、リアルに、時にユーモラスに。今村昌平監督の映画もよい。田中好子、北村和夫、市原悦子の好演が光る。この映画も今では亡くなられた人の方が多くなってしまった。


image1_convert_20220805211856.jpg


昔、タスマニア島(オーストラリア)に旅したとき、たまたま道端にいた12歳の現地の男の子と話したことがあった。「日本という国を知ってる?」と問いかけると、

少年は「ヒロシマ、ナガサキ」と言い、「世界で唯一、原子爆弾を落とされた国」と応えた。

そのときわたしは、不覚にも涙をこぼしそうになる。まさか地球の裏側にきて、タスマニアの少年から、ヒロシマ・ナガサキの名を聞くとは思ってもみなかった……。

少年をぎゅっと抱きしめたい衝動に駆られた。

8月6日8時15分には広島の方を向いて黙祷する。


b78249ee9cbf3106d2d5980b64af9ddd_convert_20220805152217.jpg


8月6日(土)の運勢

【一白水星】率先して動けば好調の波に乗る。じっとしていられなくて、外へと気持ちが向かっていく。その歩みを止めないで動いていれば、運勢もフル回転する。今日の忙しさは幸運の土台。ただ、突発的なことで慌てることがある。四緑と七赤に注意。また、大きな出費にも注意のこと。

【二黒土星】日破。心身ともにリラックス。人の輪の中にあって、自然体で、まごころをもって接すると良い。その気持ちが心にゆとりを生み、開運につながっていく。少し妥協したり、融通を利かせるのがうまくいくコツ。ただ日破ゆえ、イライラすることも。そんなときは合谷のツボ押し。

osikata-1 (1)

【三碧木星】潮目が変わる。仕事のこと、家族のことなど、立ち止まって、今後についてじっくり考えてみるといい。物事が滞り気味で、思い通りにならないので、家族や周囲にイライラすることもある。スケジュールにも変化が生じそう。断捨離したり掃除や片づけで安心感が創り出せる日

【四緑木星】暗剣殺。予期せぬことに手間を取られたり、人にイライラさせられるようなことがありそう。つい口うるさくなりがち。些細なことで関係をこじらせないように。それでもシャキシャキ動ける感じ。いい雰囲気の集中力がある。気づいたことは片っ端からサッサと片づけていこう。

【五黄土星】気分の上がらない日。こういう日はじっくり責める姿勢でいい。自分一人の世界にこもって黙々と取り組む、みたいなことが功を奏す。押し入れをごそごそしているような、それがちっともイヤじゃない。人と交わればイライラさせられるから、独りのんびり。ごろんと昼寝もよし。

【六白金星】他人へのほんの少しの気遣いが、巡りめぐって大きな福を呼ぶ。気持ちにピンと張りが出て、黙々と身体を動かすような一日。細々としたことがよく片付く。スマホを眺めているよりも、お料理したり、お花を活けたり、室礼したり、リアルな日常を楽しみたい。胃もたれ注意。

【七赤金星】楽しく愉快に頑張れる感じの日。頑張っているという意識は全然なくて、それでも気がついたら大きな流れに乗っていた、みたいな感じ。新しい選択をすると成功につながる。一方、何か意外なことが起きる暗示がある。慌てず騒がず落ち着いて対応しよう。そのうち治まる。

【八白土星】語らいの日。遠くに住む人から心温まるような連絡が入る人も。交渉や話し合いは、自分から条件を出せば有利に進む。相手の胸を開かせ、すっと懐に入っていける。つかず離れずの微妙な距離感を保つこと。商売ならば風のようにさっと来て、利益を上げよう。ネット詐欺に注意

【九紫火星】いつも通りを心がければ吉。本筋から外れたり、慣れないものに手を出すと失敗しがち。自分に合わないと感じたら無理をしないこと。天に逆らわず、ここはゆっくり過ごす。精神的に煮詰まって、腰が重くなる人も。上手な気分転換が大事。いまできることを大切にしよう。

2022. 08. 05  
北海道

5日(金)は、前線が徐々に南下して本州の南海上に移動。ただし、上空に寒気が流れ込んで大気の状態が不安定になります。西日本や東日本では一度天気が回復しても安心できません。突然の強雨や雷雨に注意してください。気圧は大きな低下はないようですが、下がりやすい状態が続きますので、気圧の影響を受けやすい方はお気をつけください。

FZTnbddUIAAeD1R_convert_20220804184640.jpg


「米国と台湾の連携に対する厳正な威嚇だ」

中国国防相はそうコメントし、ペロシ下院議長が台湾を去ってから、台湾周辺海域で軍事演習をはじめた。

1996年の台湾海峡危機より、危機のレベルは格段に上がっている。これだけ大規模な演習はかつてない。あたかも60年前のキューバ危機を彷彿とさせるような台湾を取り囲む海上封鎖。これで台湾は半導体など輸出ができなくなっている。おそらく今回一回では終わらず、中国の台湾イジメは常態化していくのだろう。

1Bfsx94U_convert_20220804232744.jpg


防衛白書によれば、 中国の台湾侵攻プロセスに関する「台湾側の分析」は、以下の通りとなっている。

①第1段階において中国は演習の名目で軍を集結させる

②認知戦(注1)を行使して台湾民衆のパニックを引き起こす

③海軍艦艇を西太平洋に集結させ外国軍の介入を阻止する

(注1)認知戦とは、わざとニセの情報を流して攪乱する作戦。そして演習でありながらも、少しでも台湾から動きが出てくるとそこから戦闘となり、中国は台湾解放の契機とする。

今回の軍事演習は、このシナリオをなぞっているように思える。

ロイターによれば、4日現在、中国機27機が台湾の防空識別圏に侵入。これを受けて台湾の空軍機が緊急発進し警告している。また、ドローン(無人機)4機が金門島の上空を飛行し、これを撃退するため台湾軍が照射弾を発射。台湾は警戒を強めている。不測の事態が起こらないことを祈りたい。

webw180419-chinanaval-thumb-720xauto-133249_convert_20220805031055.jpg

そして中国は11発の弾道ミサイルを発射し、そのうち5発が日本のEEZ内に着弾したことが明らかになった。日本は、中国から初めてミサイルを撃たれたことになる。

これに対し、中国外交部の華春瑩は「中国と日本は海域を明確にしていないので、中国の弾道ミサイルが日本のEEZに入った認識はない」などと唐人の寝言を言っている。とぼけるな。

まさに台湾有事は、日本有事の様相を呈してきた。日本の安全保障の構えが問われる。

4日夜、ペロシ下院議長は米軍横田基地に到着。

ヒールが… この御仁は小田原潔外務副大臣
202208040001595-w500_2_convert_20220805031635.jpg


2022年8月4日を以って「日米vs.中国」の対立が明らかに局面を変えた。

これが「土用」のさなかに起こったということ。土用に起こったことは、土用に再び起こる。今後われわれは土用を迎えるたびに、台湾有事を懸念しなければならない。

もうひとつ、卯の三合でくる可能性もあるわけで、3月、7月、11月は要注意だ。

7月の暦は、乾宮に米国()暗剣殺、巽宮に中国()五黄殺が遁甲している。両者は対冲となってこれは対立関係を表す。日本(巳)は二匝目にあって乾宮遁甲、米国の傘下にあるということ。

7月盤  
亥丑
寅未酉
戌子

弾道ミサイルという中国からの威嚇に対し、岸田首相は国民へメッセージを発信すべきである。なんだか、オミクロン株がまん延してからというもの(あるいは統一教会が騒がれているからか)岸田さんは存在を隠しているような気がしてならない。隠れていないで、強いリーダーシップを見せないでどうするの。

マスコミは中国のプロバガンダに踊らされてくだらない報道ばかり、ペロシが時計の針を進めた台湾問題の深刻さがまったく認識されていない。台湾有事は近い。この調子だと、野党は秋の国会も無意味なことばかりやるのか。これでは何も準備しないまま危機に陥ることになる。本当にダメな国になってしまった。

台湾有事の最悪シナリオとは




トマトと豆腐の卵炒め




8月5日(金)の運勢

【一白水星】
いつも通りを心がければ吉。本筋から外れたり、慣れないものに手を出すと失敗しがち。自分に合わないと感じたら無理をしないこと。天に逆らわず、ここはゆっくり過ごす。精神的に煮詰まって、腰が重くなる人も。上手な気分転換が大事。いまできることを大切にしよう。

【二黒土星】
率先して動けば好調の波に乗る。じっとしていられなくて、外へと気持ちが向かっていく。その歩みを止めないで動いていれば、運勢もフル回転する。今日の忙しさは幸運の土台。ただ、突発的なことで慌てることがある。六白と七赤に注意。また、大きな出費にも注意のこと。

【三碧木星】心身ともにリラックス。人の輪の中で誰に対しても自然体で、まごころをもって接すると良い。その気持ちが心にゆとりを生み、開運につながっていく。少し妥協したり、融通を利かせるのがうまくいくコツ。ありがとうを口癖に。ジャンボ宝くじなんか買ってみたい日。金運よし。

【四緑木星】
身内のことで心配事があったり、イライラさせられるようなことがある。物事の進展も遅れがち。一方、これは変えられないと思ってたけど、変えてもいいかな…そんな発想が出てきたりする。日常の定番を脱して新たなお気に入りを見つけてみよう。年配の人は転ばないように。

【五黄土星】頭の回転とアイデアは抜群。広く浅く、色々なことをかじってみると良し。スピーディーに行動することで、運気倍増。それが正しいのか?と悩むより、自分がそうしたいと思う気持ちで行動すればうまくいく。判断力が冴えていますので、自分の感覚を信じて行動しましょう。

【六白金星】暗剣殺。突発的なことが起こりやすい。大きな問題はないにしても、少し楽をさせてもらう、そんな姿勢でよし。一人の世界にこもって黙々と取り組む、みたいなことが功を奏す日。好きなものに触れてリフレッシュ。疲れが出やすいので無理のない行動を。体調いまいち。ねむねむ。

【七赤金星】日破。
縁の下の力持ちに徹した方が上手くいく日。「我れ先に」ではなく「お先にどうぞ」の気持ちで。コツコツと手を抜かずに働こう。
人に尽くすような気持ちで、物事がうまく回っていく日。ただ、人間関係に難ありの日なので、イライラさせられることもある。胃痛注意。

【八白土星】楽しく愉快に頑張れる感じの日。頑張っているという意識は全然なくて、それでも気がついたら大きな流れに乗っていた、みたいな感じ。新しい選択をすると成功につながる。一方、何か意外なことが起きる暗示がある。慌てず騒がず落ち着いて対応しよう。そのうち治まる。

【九紫火星】平穏な運勢。ただし、相手に合わせ過ぎると、しなくてもいい苦労をしがち。気が乗らない話は無理せず断ること。近しい人の助言が案外と役に立たない。自分の考えで進めばいい。瞬時の判断力は冴えている。人との間に風通しをよくしておくこと。つかず離れずの距離感で。

2022. 08. 04  
蔵王

8/4(木)の天気頭痛予報: 前線が南下し、関東や近畿なども雨の降るところが多くなります。その分、気温は上がらず猛暑は一段落です。大雨となった東北北部は天気が回復し日差しが届きます。 気圧は西日本で大きく低下しますので注意してください。

FZOoxqFVUAAyJwS_convert_20220803230725.jpg

8月2日から大雨時行(たいうときどきふる)に入った。七十二候は農事暦として季節の変化を正確にとらえているが、折しも、東北と新潟に大雨が降っている。「これまでに経験したことのないような大雨」という気象庁の警告も出ていて、お客さまの身を案じている。どうか身の安全を確保し、より安全なところで過ごしてくださいね。


自然災害が発生すると、学校の体育館に避難している人々の様子が放映されるが、実際には、いち早く避難する住民はごく一部で、大多数は家に留まるという。人間とは不条理なもので、危険を知らされながら、一向に逃げないのである。

防災の専門家からすると、そもそも人間は逃げないものだという。とくに水害のケースではそれが顕著になる。それを、「逃げない」「逃げない」と議論するのは、行政、学者、マスコミが、単に住民の行動を観察しているだけの論理であって、災害の渦中にある人の心理をちっとも理解していない証拠だと。

住民は逃げないと決めたわけではなく、逃げるという意志決定ができずにいる。結果として逃げなかったという事実が残る。

まともに考えれば「さっさと逃げた者勝ち」に違いないのだが、それでも人間は容易には「逃げない」のである。

実際に逃げてみれば分かるが、それは実に簡単で、濡れては困るものを2階に上げたら、あとはガスの元栓と電気のブレーカーを落とし、鍵をかけてひょいっと逃げ出しさえすればいい。

浸水が始まっている段階なら自治体が用意してくれるボートで浸水地域から脱出させてもらい、あとはバスに乗せてもらってスムーズに避難場所に運ばれる。早ければ早いほど楽で、遅くなれば混乱するばかりなのに、率先して脱出しようとする人は極めて少ない。

ここまでくると、研究に値するテーマのようで、『人はなぜ逃げ遅れるのか 災害の心理学』(広瀬弘忠/集英社)という本まである。

ここで強調されるのは「正常性のバイアス」で、自分だけは大丈夫という思い込みである。

私たちの心は予期せぬ異常や危険に対してある程度、鈍感にできている。それは、日常生活で何か変わったことが起きるたびに、いちいちビクビク反応していたら、心が疲弊してしまうからだ。ある限界までの異常は、正常の範囲内として処理する心のメカニズムが、「正常性バイアス」である。しかし、私たちの心を守るための機能が非常事態の際、「まだ大丈夫」と危険を過小評価し、避難するタイミングを奪ってしまうことがあるという。

たしかに、1年間に交通事故で6000人が亡くなっていると聞いても、自分がその中の1人になる可能性があるとは思わない。でも宝くじで1等の7億円が6000人に当たると言われれば、そちらは当たるような気になる。

頭では逃げるべきだとわかっていても、実際に自分は逃げていない。そこに生じる矛盾を解消するために、人は逃げていない自分を正当化しようとする。かつて大雨や津波がきて避難勧告が出されても自分は一度も大きな被害に遭わなかったとか、隣の家も逃げていないとか、理由は何でもいい。隣は隣で同じように「隣も逃げていない」と思うことで「安心のネットワーク」がつくられてしまい、結果、地域全体で逃げ遅れてしまう。

正常性のバイアス」は人の心を守る安全装置だが、非常事態の際には「心の緊急スイッチ」を入れにくくし、結果として、多くの犠牲者を出してしまうことになる。

【まとめ】
正常性のバイアスとは、異常なことが起こったときに「大したことじゃない」と落ち着こうとする心の安定機能のようなもの。 日常生活では、不安や心配を減らす役割がある。 しかし、緊急事態では逃げ遅れなど、危険に巻き込まれる原因にもなる。


91e0c5dc44377da834342b7b4945bb8a_convert_20220801174153.jpg


8月4日(木)の運勢

【一白水星】
平穏な運勢。ただし、相手に合わせ過ぎると、しなくてもいい苦労をしがち。気が乗らない話は無理せず断ること。近しい人の助言が案外と役に立たない。自分の考えで進めばいい。瞬時の判断力は冴えている。人との間に風通しをよくしておくこと。つかず離れずの距離感で。

【二黒土星】あれこれ手を広げるより、一つずつ丁寧に片づけていこう。人間関係も一対一で話し合えば理解を得られる。精神的に煮詰まって、腰が重くなる。こんな日は上手な気分転換が大事だ。自分の好きなことをやって楽しもう。今日一日、時間を置けばまた見えてくるものがある。

【三碧木星】率先して動けば好調の波に乗る。じっとしていられなくて、外へと気持ちが向かっていく。その歩みを止めないで動いていれば、運勢もフル回転する。今日の忙しさは幸運の土台。ただ、突発的なことで慌てることがある。七赤と八白に注意。また、大きな出費にも注意のこと。

【四緑木星】心身ともにリラックス。人の輪の中で誰に対しても自然体で、まごころをもって接すると良い。その気持ちが心にゆとりを生み、開運につながっていく。少し妥協したり、融通を利かせるのがうまくいくコツ。ありがとうを口癖に。ジャンボ宝くじなんか買ってみたい日。金運よし。

【五黄土星】身内にイライラさせられることがある。物事の進展も遅れがち。グチが出やすいので無理のない行動を。一方、これは変えられないと思ってたけど、変えてもいいかな…そんな発想が出てきたりする。肩に力が入りすぎていたな」と気がついて、ストレッチしてみるような日。

【六白金星】
早め早めの行動が大事。直感の強さは申し分なく、細かいことによく気がつき、判断も的確。ただ持久力に欠けるので、スピーディに行動しよう。一日の予定は早めに始めて早めに切り上げるような感じでいきたい。連絡は待っていないでこちらから確認を。人を動かす力がある

【七赤金星】
気分の上がらない日。こういう日はじっくり責める姿勢でいい。自分一人の世界にこもって黙々と取り組む、みたいなことが功を奏す。押し入れをごそごそしているような、それがちっともイヤじゃない。人と交わればイライラさせられるから、独りのんびり。ごろんと昼寝もよし。

【八白土星】
暗剣殺と日破。注意日。予期せぬことが起きて慌てる人も。人に尽くすような気持ちで、物事がうまく回っていく日。後にその行為は、嬉しい形で返って来る。ただ、人間関係に難ありの日なので、イライラさせられることもある。地道な作業をコツコツ進めたい日。胃痛注意。

【九紫火星】楽しく愉快に頑張れる感じの日。頑張っているという意識は全然なくて、それでも気がついたら大きな流れに乗っていた、みたいな感じ。新しい選択をすると成功につながる。一方、何か意外なことが起きる暗示がある。慌てず騒がず落ち着いて対応しよう。そのうち治まる。

2022. 08. 03  
雪の棚田(新潟県十日町市)

8/3(水)の天気頭痛予報:太平洋高気圧がやや勢力を弱めるものの、引き続き関東から西日本を覆います。各地で強い日差しが照りつけ、昼間は体温を上回るような猛烈な暑さが続く見込みです。東北は前線の活動が活発になり、非常に激しい雨の降るおそれがあります。気圧は全国的に低下傾向で、東北から北陸、関東では午後から大きく低下しそうです。頭痛など体調に影響が出る可能性がありますのでご注意下さい。

FZJK5r5aMAAkA3k_convert_20220802183540.jpg


2日夜、米国のペロシ下院議長が台湾に到着した。

フタをあけてみれば、あっさりとペロシは台湾の土を踏んだ。

中国政府から「ペロシ氏の無事の帰国は保障できない」などと脅されたって怯むことなく、何するものぞと台湾へきたペロシ。それを受け入れた蔡英文。この女たちの度胸。猛き者、汝の名は女。

日本のメディアは中国に忖度して息を殺したように「歴史的光景」を何も報じないが、インターネットを通じて生中継で観ることができた。

ペロシは82歳になるのにハイヒールでつかつか歩いている。辰の六白。鉄の女。しかも、ホルスタインなのねぇ。

VUHvghYl_convert_20220803015937.jpg


年齢的に下院議長は今回が最後だろう。次の下院選挙で民主党は負ける。ペロシ本人は、対中戦略の一環を強調しているが、本音は米下院議長として四半世紀ぶりとなる台湾訪問を実現したいという確信犯。政治家としてのエゴが先走った印象だ。ずいぶんと危険な夏の思い出旅行となった。

ペロシ訪台に反発を見せる中国は、空母「遼寧」と「山東」が台湾近海へ向かい、軍事的威圧を高めている。一方、米国は空母ロナルド・レーガンが台湾へ急接近。

台湾海峡波高し。

しかし今日は三碧だから何も起こらない。


8bf84506f0192ea8b288fb341a5422e5_convert_20220802222946.jpg


私が台湾になんとなく好意を抱くのは、旅行で出かけた台北で、書道用の硯(すずり)を買いに入った店の、台湾人のおばさんのせいだ。

彼女の日本語が、実に美しかった。

「あら、それがお気に召しませんようなら、このようなものもございます」などと言う。

あまりに綺麗な日本語に押され、まだ若かった私は、ハイハイと恐縮してしまった。

おばさんの話す言葉は、昭和20年の日本語なのだ。日本の統治終了の時点で、彼女の日本語は凍結している。

日本人も昭和20年には、こういう美しい日本語をしゃべっていた。小津安二郎監督の映画で原節子がしゃべる言葉だ。

家庭では夫人と日本語で話していたという李登輝元総統も、折り目正しい日本語を遣うと、台湾大学に学んだ日本人の方から聞いたことがある。



d9f03264f6485e98c5c003956e77f682_convert_20220801174021.jpg


8月3日(水)の運勢

【一白水星】暗剣殺。急な話に手間を取られるようなことがある。物事が滞りがちで万事スンナリいかないのが今日の特徴。
何か意外なことが起きても、慌てず騒がず落ち着いて対応しよう。そのうち治まる。利他よりも自分の都合で動いていい日。大事なことは、木曜日の方が旨くいく。

【二黒土星】
語らいの日。遠くに住む人から心温まるような連絡が入る人も。交渉や話し合いは、自分から条件を出せば有利に進む。相手の胸を開かせ、すっと懐に入っていける。つかず離れずの微妙な距離感を保つこと。商売ならば風のようにさっと来て、利益を上げよう。ネット詐欺に注意

【三碧木星】
いつも通りを心がければ吉。本筋から外れたり、慣れないものに手を出すと失敗しがち。自分に合わないと感じたら無理をしないこと。天に逆らわず、ここはゆっくり過ごす。精神的に煮詰まって、腰が重くなる人も。上手な気分転換が大事。いまできることを大切にしよう。

【四緑木星】運気強し。今日はおもしろい展開がまっているかも。新たな話が持ちがる人もいる。できる、できないを自分で線引きしないで、チャンスと捉えて何でもやってみる。人脈をたどれば有力者につながり、快くサポートがもらえる。ただ突発的なことが起こる。一白と七赤に注意。

【五黄土星】
心身ともにリラックス。人の輪の中で誰に対しても自然体で、まごころをもって接すると良い。その気持ちが心にゆとりを生み、開運につながっていく。少し妥協したり、融通を利かせるのがうまくいくコツ。ありがとうを口癖に。ジャンボ宝くじなんか買ってみたい日。金運よし。

【六白金星】身内のことで心配事があったり、イライラさせられるようなことがある。物事の進展も遅れがち。一方、これは変えられないと思ってたけど、変えてもいいかな…そんな発想が出てきたりする。日常の定番を脱して新たなお気に入りを見つけてみよう。年配の人は転ばないように。

【七赤金星】
日破。早め早めの行動が大事。直感の強さは申し分なく、細かいことによく気がつく。持久力に欠けるので、スピーディに行動しよう。一日の予定は早めに始めて早めに切り上げるような感じで。ただ日破ゆえ、あなたの気持ちがひねくれる。そのせいで人にイライラすることがある。

【八白土星】気分の上がらない日。こういう日はじっくり責める姿勢でいい。自分一人の世界にこもって黙々と取り組む、みたいなことが功を奏す。押し入れをごそごそしているような、それがちっともイヤじゃない。人と交わればイライラさせられるから、独りのんびり。ごろんと昼寝もよし。

【九紫火星】とても正直な気持ちになって、人を立てたり、人に尽くすような気持ちで、物事がうまく回っていく日。後にその行為は、嬉しい形で返って来る。スマホやパソコンといったヴァーチャルな世界を離れ、手や身体を小まめに動かして働こう。地道な作業をコツコツ進めたい日。

2022. 08. 02  
d4336e91ec90efb8c0903eb5a8c7f3af_convert_20220801195422.jpg
冬の蔦沼(青森県)

8/2(火)の天気頭痛予報: 北日本は雷を伴った激しい雨や大雨に注意してください。一方、 東日本~西日本は危険な暑さが続くでしょう。熱中症に警戒してください。関東では午後雷雨のところも。 気圧は安定傾向ですが、やや低下する地域もあります。

FZEVkWkUIAAcowr_convert_20220801194438.jpg


ツイッター社は、山上徹也が2019年10月に開設した「silent hill 333」という名前のアカウントを凍結していた。

ところが、それ以前に開設されていた、山上のアカウントが存在することが分かった。そこには安倍氏殺害を示唆するものがあったため、凍結されていたという。


読売のスクープが正しければ、話は変わって来る。

2019年から安倍さんのことを狙っていたのなら、山上が供述している「昨年、統一教会系の団体にビデオメッセージを送った安倍さんを恨んでの殺害」これは虚偽の可能性が高くなってきた。

安倍さんと統一教の関係については、以前から一部で囁かれていたネットミームのようなものが在った。いわゆる真偽不明の便所の落書き。こうしたミームを利用し、今回の絵図を描いたのであれば、話は全然違ってくる。

世論の同情を買いやすいように仕立て、なおかつ、政局にしやすいよう熟慮した上でテロを企てたとしたら、これは相当に悪質だ。

このように意図的に世論を利用しようとしていたのであれば、すでに発見されている19年10月開設のアカウントでつぶやいたことも、当然内容を練った上でのものだろうし、長年にわたって銃器を準備していたことなど、これで辻褄が合ってくる。

テロの動機は、供述していることとは別の方向にあるのに、それを悟られないようにするため、自分たちと対立している組織に責任をなすりつけ、そっちが世間の批判を浴びて炎上すれば、テロの対象も、その対立している団体も、同時に排除でき一石二鳥ということか。

おそらく山上自身も、まさか数年前に凍結されたアカウントのデータが残っているとは、思っていなかっただろう。

ここから足がつく可能性が出てきたけれど、そのアカウントが凍結された時期から、着々と世論誘導の準備をしてきたのであれば、これは背後に誰かしらいる可能性も出てきた。

「安倍元総理を標的にしたのは、昨年、統一教会へビデオメッセージを送ったからだ」という、山上証言は「虚偽」ということになる。首相在任中の3年前には、すでに殺意があったということだ。

「自民党は統一教会との関係を明らかにせよ」と、騒いでいる政治家、マスコミ、文化人は、まんまと山上に乗せられていたわけで、どんなふうに落とし前をつけるのだろうか。

山上の思想的背景を含めて、いかなる者たちと交流してきたか、ネットにどんな書き込みをしてきたか、これから徹底して調べられる。元首相の暗殺事件ゆえ、警察も公安もその威信にかけて、あだやおろそかな捜査はしないはずだ。

犯人が、真の動機を隠すために別の動機を語るのは常識。

山上が傀儡なら裏の黒幕を逃がすな警察。


317.jpg

佐藤陽子の訃報島田陽子が亡くなったばかりだというのに、陽子の訃報がつづく。

レオニード・コーガンにその才能を見出され、16歳でチャイコフスキー国際コンクール第3位に入賞した天才少女佐藤陽子。コーガンの努力により1959年に、福島市からソ連へ渡り、以後12年間、コーガンに師事。

その才能は巨匠オイストラフにも認められ、若干13歳の佐藤陽子が弾くハチャトゥリアンのヴァイオリン協奏曲に感動し、その夜は寝られぬほど感動した、とも言われている。

とても小柄な日本女性が弾いているとは思えぬほど大きな音楽で、ロシア時代に育んだ豊かな表現が魅力的だ。

外交官の岡本行夫と留学中のパリで出会い大恋愛の末、結婚。上掲のレコードジャケットは、ミセス岡本時代の佐藤陽子である。



ところがローマで池田満寿夫と電撃的な出会いをし、松田聖子風に申せば「びびび」ときてしまい、岡本行夫を捨てる……。池田満寿夫のぼさっとした頭髪と、ぬーぼーとした表情、その語り口は男のイノセントで、そこが池田の魅力ではあるとしても、高倉健ばりの岡本行夫を「コキュ」にしてしまう佐藤陽子。

img_cf89fd5c196c924a2c9cf19081ab03d6238998_convert_20220802022324.jpg

エンニオ・モリコーネのファンには『エーゲ海に捧ぐ』のヴァイオリン演奏が佐藤陽子であることは、つとに知られているが、結果としてこれが池田満寿夫と佐藤陽子を結びつけた。モリコーネが愛の矢を射ったことになる。この作品で佐藤陽子の奏でるヴァイオリンは哀切だ。

森茉莉は『ドッキリチャンネル』で、池田満寿夫と佐藤陽子の一対を「腹の減った馬と太って撓(しな)やかな大猫」と評した。

ダウンロード (15)

池田満寿夫のエッセイは面白いのだが、亡くなって四半世紀も経つと入手困難になる。実は1960年代に富岡多恵子とも8年ほど暮らしていた。

20200711170220196032_a7c8ea0b77a05f5503b547829c1e5fc4_convert_20220802030226.jpg


衷心より、ご冥福をお祈りいたします。

Ennio Morricone: Dedicato Al Mare Egeo 





8月2日(火)の運勢

【一白水星】
他人へのほんの少しの気遣いとか、縁の下の力持ちに徹して周囲を下支えするような在り方が、巡りめぐって福を呼ぶような日。黙々と身体を動かすと、細々としたことがよく片づく。スマホを眺めているよりも、お料理したり、お花を活けたり、リアルな日常を楽しみたい。

【二黒土星】興味の先に幸運あり。知恵をしぼれば名案が飛び出す。できない言い訳をならべずに、やりたいことを実現させる方法を考えれば、名案が浮かぶ。何か意外なことが起きても、慌てず騒がず安全な場所へ避難していれば、そのうち治まる。両手を伸ばして好奇心を旺盛にすること。

【三碧木星】暗剣殺と日破。注意日。何か突発的なことが起る暗示。それはネットや通信、電気にまつわること。特にネット詐欺とかオレオレ詐欺に注意して。ヴァーチャルだけでなく、現実の世界でもへんな人に出会う暗示あり。かかわると後からゴタゴタするので、慎重に行動して欲しい。

【四緑木星】いつも通りを心がければ吉。本筋から外れたり、慣れないものに手を出すと失敗しがち。自分に合わないと感じたら無理をしないこと。天に逆らわず、ここはゆっくり過ごす。精神的に煮詰まって、腰が重くなる人も。上手な気分転換が大事。いまできることを大切にしよう。

【五黄土星】率先して動けば好調の波に乗る。じっとしていられなくて、外へと気持ちが向かっていく。その歩みを止めないで動いていれば、運勢もフル回転する。今日の忙しさは幸運の土台。ただ、突発的なことで慌てることがある。三碧と七赤に注意。また、大きな出費にも注意のこと。

【六白金星】今日は金運よし。ほっとした落ち着いた気持ちになる。天然の無邪気さ、ちょっと羽目を外すような陽気さ、あえて合理性を求めないような態度で、~でなければならないという縛りを解いてみたい。気分はリラックス。食の神様が幸運をもたらす。ジャンボ宝くじなんか買いたい。

【七赤金星】身内のことで心配事があったり、イライラさせられるようなことがある。物事の進展も遅れがち。一方、これは変えられないと思ってたけど、変えてもいいかな…そんな発想が出てきたりする。日常の定番を脱して新たなお気に入りを見つけてみよう。年配の人は転ばないように。

【八白土星】頭の回転とアイデアは抜群。広く浅く、色々なことをかじってみると良し。スピーディーに行動することで、運気倍増。それが正しいのか?と悩むより、自分がそうしたいと思う気持ちで行動すればうまくいく。判断力が冴えていますので、自分の感覚を信じて行動しましょう。

【九紫火星】急がば回れ。じっくり責める姿勢が、今日は向いている。自分一人の世界にこもって黙々と取り組む、みたいなことが功を奏す日。それがちっともイヤじゃない。好きなものに触れてリフレッシュ。疲れが出やすいので無理のない行動を。何ごともほどほどを意識して、結果は良好。

2022. 08. 01  
安慶名敷島(慶良間諸島の内海に浮かぶ南北500メートルほどの小さな無人島)

8/1(月)の天気頭痛予報: 北日本は雨が降りやすく週中頃に大雨のおそれがあります。東日本や西日本は35℃以上の猛暑日となるところが多く、深刻な暑さに。九州東部や四国は雨の降るところも。台風6号は発達せずに九州の西海上を北上し直接的な影響は小さい見込みです。北海道は気圧の低下に注意してください。

FY-ukbaaMAADNSA_convert_20220731202025.jpg


ハンコで押したように今の時期に寄せられる質問なのですが、ご高齢のお母さまたちが37度台の微熱を出しておられ、コロナを発症しているのではないか、といった問い合わせが今年も来ています。

これは土用中であることを失念されているか、あるいは土用の副次的作用をご存知ないため、庭の草むしりなんかされておられるはずです。

土用中に土をいじりますと微熱が出るんですよね。若い人は案外と平気でも、高齢者と乳幼児はご注意ください。コロナと違って、一日で平熱に戻りますから大丈夫です。


1454abaa4fe0c1fe437de9862e8dc7b2.jpg


Age is just a number.

「年齢なんて単なる数字」という、アメリカのことわざがある。

若いとか年寄りとか、年齢を気にすることなく、やりたいことをやればいいし、恋愛における齢の差なんて関係ないのよ、そんな励ましの際によく聞くフレーズだ。いかにもアメリカらしい。

70歳になっても20歳の若者と一緒に働いて、同じものを食って、一緒に遊んで、できれば20歳の恋人を持って……というのがアメリカ人の理想。あの人たちには「中庸」なんてないのねぇ。アンチエイジングといって、老化に逆らう。

年齢なんて単なる数字かもしれないが、30代までは、その1歳1歳に重い意味を感じないわけにはいかない。そこまでの1年1年は、人生を形作っていく大切なプロセスだ。

一つ一つの経験が、あたかもプラモデルの、役割の異なるパーツを組み立てていくように、ひとりの女性を形作っていって、40代になる前にだいたいの形が完成する。

「女は40を過ぎて初めておもしろくなる」と云ったのはココ・シャネルだったが、それが多くの人の人生である。

女性も働くことが当たり前の世の中になって、結婚適齢期がだいぶ遅くなった。

30歳に手が届こうってお嬢さんが、のん気に「語学留学に良い方位」なんか訊いてくるものだから、つい母親の心境になって、「お嫁にゆく気はないのか?」「出産にはタイムリミットってものがあるのよ」と言いたいのを、グッとこらえるのも案外ストレスだ。

私の若い頃なんか、25歳は売れ残りで、「クリスマスのケーキ」と言われた。しかも追い打ちをかけるように結婚相談所から入会案内のDMが届く。一瞬ムッとしながら、それでもポイ捨てしないのね。ちゃんと読む。この複雑な心境は察して欲しい。驚くのは入会金が25万円もすることで、ここで、わけのわからない怒りがわいてくる(笑)

運命学的には、30歳から35歳という30代前半の5年間は、どなたも結婚が決まり辛い。

いや、結婚ばかりではない。仕事も順風満帆とは云い難い。

この5年間はどなたにも平等に人生の試練が与えられる、と云っても過言ではない。わたしは「魔の5年間」だと思っている。女性だけでなく、男性にとっても30歳から35歳の5年間は人生が難しい。

ふり返ってみれば、どなたもこの5年間は、サッパリしないことが多かったのではなかろうか。

女も男も、人生が35歳から何となく新たな局面を迎えるイメージがあるのは、実は運命学によるのである。30代前半は試練の5年間なのだ。

20代のうちは恋愛していても、出産のリミットまでゆとりがあるから、ひとまず仕事で何らかの手応えなり達成感のようなものを得てから結婚、みたいな思いが優先するのは分からないでもない。

ただ女性は、出産を考えるならもう少し早い方がいい。

20代の娘さんたちにアドバイスしたいのは、30歳に突入すると「魔の5年間」がやってくるから、どうしても結婚が決まりにくくなる。

されど女性ホルモンのピークは35歳で、そこまでに出産したいと願うならば、30歳までに結婚することである。

参考までに、ひとが結婚する年齢は、生まれた日で決まる。


結婚期の周期律

結婚期は生まれた日で判るもの。

男女とも、生まれた日を下記の四つの型に分ける。

年齢は満年齢です。


【Aタイプ】

1日、2日、4日、7日、10日、11日、13日、16日、19日、20日、22日、25日、28日、29日、31日生まれの人

19歳、20歳、22歳、25歳、28歳、29歳、31歳、34歳、37歳、38歳、40歳、43歳、46歳、47歳、49歳、52歳、55歳、56歳、58歳


【Bタイプ】

3日、6日、9日、12日、15日、18日、21日、24日、27日、30日生まれの人

18歳、21歳、24歳、27歳、30歳、33歳、36歳、39歳、42歳、45歳、48歳、51歳、54歳、57歳、60歳


【Cタイプ】

5日、14日、23日生まれの人

20歳、23歳、25歳、30歳、32歳、35歳、40歳、43歳、45歳、50歳、52歳、55歳、60歳


【Dタイプ】

8日、17日、26日生まれの人

17歳、20歳、22歳、26歳、29歳、31歳、35歳、38歳、40歳、44歳、47歳、49歳、53歳、56歳、58歳


025c69356f24cc6161ac3e2d57ce6939_convert_20220731200617.jpg


8月1日(月)の運勢

【一白水星】気分の上がらない日。こういう日はじっくり責める姿勢でいい。自分一人の世界にこもって黙々と取り組む、みたいなことが功を奏す。押し入れをごそごそしているような、それがちっともイヤじゃない。人と交わればイライラさせられるから、独りのんびり。ごろんと昼寝もよし。

【二黒土星】縁の下の力持ちに徹した方が上手くいく日。「我れ先に」ではなく「お先にどうぞ」の気持ちで。コツコツと手を抜かずに働こう。カメの歩みでよし。たとえ時間がかかったとしても、それが単調な作業の連続だったとしても、ゴールを目指し一途に歩んでいく。これがあるべき姿。

【三碧木星】目のつけどころがいいので「これ良さそう」と思ったら試すといい。忙しさと引き換えに成果は上々。本音がひょいっと出て、風向きが変わる、みたいな場面があるかも。そうしたことも含めて、何か意外なことが起きても、慌てず騒がず落ち着いて対応しよう。そのうち治まる。

【四緑木星】日破。イライラさせられることもあるが、波風を立てないでうまくやっていこう。対人関係に難ありの日だから、挨拶をきちんとする、感謝の言葉をきちんと伝える、何気ない会話を大事にする、相手のことに興味を持ち話しかける、間違った場合は素直に謝る、そんな心がけを。

【五黄土星】いつも通りを心がければ吉。本筋から外れたり、慣れないものに手を出すと失敗しがち。自分に合わないと感じたら無理をしないこと。天に逆らわず、ここはゆっくり過ごす。精神的に煮詰まって、腰が重くなる人も。上手な気分転換が大事。いまできることを大切にしよう。

【六白金星】率先して動けば好調の波に乗る。じっとしていられなくて、外へと気持ちが向かっていく。その歩みを止めないで動いていれば、運勢もフル回転する。今日の忙しさは幸運の土台。ただ、突発的なことで慌てることがある。五黄と七赤に注意。また、大きな出費にも注意のこと。

【七赤金星】心身ともにリラックス。人の輪の中で誰に対しても自然体で、まごころをもって接すると良い。その気持ちが心にゆとりを生み、開運につながっていく。少し妥協したり、融通を利かせるのがうまくいくコツ。ありがとうを口癖に。ジャンボ宝くじなんか買ってみたい日。金運よし。

【八白土星】身内のことで心配事があったり、イライラさせられるようなことがある。物事の進展も遅れがち。一方、これは変えられないと思ってたけど、変えてもいいかな…そんな発想が出てきたりする。日常の定番を脱して新たなお気に入りを見つけてみよう。年配の人は転ばないように。

【九紫火星】早め早めの行動が大事。直感の強さは申し分なく、細かいことによく気がつき、判断も的確。ただ持久力に欠けるので、スピーディに行動しよう。一日の予定は早めに始めて早めに切り上げるような感じでいきたい。連絡は待っていないでこちらから確認を。人を動かす力がある。

プロフィール

れいらん

Author:れいらん
ご訪問ありがとうございます。

東洋占術歴45年になります。占い師とは「人を幸せに導く職業」だと思ってきました。同時に、多くの方のさまざまな悩み苦しみに接し、人ひとりが人生を生きく抜くことの困難さに思いを馳せずにはいられません。思えば私たちの人生はこころの旅であり、こころには喜びが必要です。こころがつらいとき、どんなに強い人でも自分を支えていくのは難しいことです。その苦しみからどうやって抜け出すか、私の占いが少しでもお役に立てれば幸いです。占いを通じて多くの方々の人生に接してきました。その喜びや哀しみに共感し、一喜一憂する日々はまた、私自身のこころの旅でもありました。

長きにわたり、ご紹介のお客さま限定の対面鑑定をしてまいりましたが、少しでも多くの方のお力になりたいと思い、このブログからの電話鑑定も受け付けることにいたしました。電話が苦手という方にはメール鑑定もご用意しておりますが、電話の方がよりニュアンスが伝わりやすいと存じます。

東洋占術にはそれぞれ得意とする分野があり、ご相談の内容によりもっとも適切な占術をこちらで判断の上、鑑定いたします。

ご依頼の方は、カテゴリの「鑑定の申込み方法」をクリックし

 leilan808@gmail.com

まで、ご連絡くださいませ。

月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR