2017. 11. 23  

弥勒菩薩半跏思惟像(みろくぼさつはんかしいぞう)国宝 広隆寺


昨日の大相撲「九州場所」で、ひと波乱。

嘉風が完璧なまでの「後の先・ごのせん」で、白鵬に勝った。

「後の先」とは、歴史に残る大横綱双葉山が会得していた立ち合い。

「後に動いて先を取る」という意味の後の先は、相撲だけではなく多くの武道に共通する基本にして極意。相手を先に動かした上で、その動きばなを捉えなくてはいけない。

相撲ならば立ち合いで一瞬遅れたように見えても、組んだ時には有利な形になっている、ということ。

相手の攻めを受けた上で勝つ横綱相撲とも異なり、何よりも集中力、観察力、反応力が問われる。一朝一夕で会得できるものではなく、日々の稽古の積み重ね以外にない。

何年も前から「後の先」を目指していたのは、実は白鵬自身で、「双葉山を尊敬している。ぜひ、双葉山の後の先を体得したい」と語る新聞記事を読んだことがある。

されど、立ち合いで張り差しやヒジを繰り出し、相手をひるませてから料理する白鵬の相撲はいわば「先の先」。後の先とは対極だ。

白鵬が道半ばにしている「後の先」を、格下の嘉風がやってのけたのが、昨日の一番。

嘉風の言葉=「明らかに横綱は力を抜いていましたね。力を抜いたから待ったかと思ったら(行司が)『残った』と。これは行っていいんだと、出ました」

そして前代未聞の事態となる。敗れた白鵬が土俵に上がらない。「待った」を主張。自ら「物言い」をつけようとするも、軍配は変わらず。その間、約1分。場内騒然。

このシーンに、NHKの藤井康生アナウンサー、「白鵬が手を挙げてアピールしていますが、これはもう成立しています。白鵬戻らない。これはダメです。もう勝負は成立して…。こんなシーンは見たことがありません」と冷静な語り口ながら厳しく実況。

「これはいけません。こんなことはあってはならないことです」と続け、白鵬がようやく土俵に戻ると改めて「気持ちは分からないではないですが、この姿はもう…大横綱いけません」と、前人未到40度目優勝を目指す横綱に「ダメ出し」した。

さすが、NHKのベテランアナ。突発的な事態に、毅然とした中継。民放アナにこうした放送はできまい。

白鵬は「丑・六白」の人。完全主義者の六白だけあって、一日一番にかける「集中力」は素晴らしい。これぞ、六白魂。

されど、この態度はいけない。

まさしく、これが「歳破」なのね。

今月の六白は「歳破」の影響を受けているのですが、それが横綱にあるまじき、前代未聞の振舞いとなって表出したわけです。

「破れ」の影響とは、こうした「態度」にも出て来るということで、悪しき参考例として取り上げてみました。

潔く認め、気持ちを入れ替え、挽回すればいい!


  風凍つる夜バッハマタイ受難曲









スポンサーサイト
2017. 11. 22  



本日(11/22)は二十四節気の「小雪」、ここから11月後半がスタート。

この時期、北国では雪が降りはじめるものの、積雪まではいかないことから、「小雪/しょうせつ」と言われました。されど季節が前倒しでくる本年、すでに北日本ではしっかり積もりましたね。例年よりも寒暖が一ヶ月早い、これが本年の特徴。それにしても、どうしてこんなに寒いのだ。ブルブル( ノД`)

北風が木の葉を吹き散らし、空気が乾いてきて、陽差しもどんよりしがち、気分も浮かないこの頃、七十二候では「虹蔵不見/にじかくれてみえず」。虹も見えなくなるほど、どんよりした曇天が続くという、いやはや、なんとも暗いわね(笑)

一方、11/23は伊勢神宮をはじめ全国の神社では新嘗祭が行われ、豊作に感謝し国家繁栄が祈られます。

さて、西暦の最後が7の年には金融危機がつきもので、過去、ブラックマンデー(87年)、アジア通貨危機、日本では山一証券・拓銀の倒産(97年)、サブプライム(07年)と来て、2017年は不思議とここまで無事。とは申せ、まだまだ何が起こるかわかりませぬぞ。

7の年とは、十干「丁・ひのと」ということで、これは来年の2/3まで続きます。あと11週ありますからね。

北朝鮮も気になりますが、ここへ来てサウジの政変(サルマン皇太子独裁化)で原油価格が上昇。すでに原油生産量では米国が世界トップになっているものの、引き続きサウジも重要な供給源。独裁の先に見えるものは原油価格のコントロール、これ必須とみます。

そして、国家財政の80%近くをエネルギー生産の輸出に頼っているプーチン・ロシアにとって、原油価格の高騰は願ったりかなったり。

このサウジとロシアの独裁者コンビ、手を組む可能性は十分あり。これを踏まえ投資家は、「原油」という新たな変数を解かねばならぬ事態になってきたのは確か。

「プリンストンレポート」をチェックしていますが、原油が上がりそうになると、掘削のリグ稼働数も上がりはじめる。これが先々週から増加しはじめ、9基増えて738基。水平リグは11基増えて637基。先月の最高値を更新。WTI原油先物はバレルあたり57ドル前後で、ブレントとのスプレッドは6ドル程度で推移。これを上昇へのカウントダウンとみるか。

サウジの政変を受け、12月の「原油」が気になるのです。みなさま、シートベルトをいま一度お確かめくださいませ。


  うつし世に夢あることを謝して冬




<番外編>エアコンの温風が苦手なので、毎年「電気敷き毛布」を腰に巻いて仕事をしていますが、お尻がじんわり温かいと、こんなにも快適なのかと驚かされます。頭寒足熱ゆえ頭はスッキリで、受験生にもお奨めよ。

小さめのサイズなので、腰をくるむには丁度いい大きさ。4年使いましたが、そこは日本製、故障しないスグレモノです。

なかぎし【水洗いOK】 敷き毛布


日本人の掛け算の仕方がすごい ! と注目されているのですが、こんな手法、見たことないんですけど。。。






2017. 11. 21  

野の仏(めおと版)


世界各地で大地震が相次いでいるのですが、昨日、ニューカレドニア近海を震源とするM7の地震が発生。先月末にもM7の地震が発生したばかり。世界でもっとも地震活動が活発なエリアとは申せ、不気味。

1728年(日本では、はるか遠き暴れん坊将軍の時代)以降、噴火していないアイスランド最高峰の火山でも、活動が活発化。上空からの観測で、氷河の下でカルデラが拡大し、地下のマグマの熱で氷が溶け出しているのが確認されている。

イタリアのストロンボリ山、メキシコのポポカテペトル山、インドネシア・スマトラ島のシナブン山、バヌアツ火山、カムチャッカ半島は現在も威勢よく噴火中!

なんか一斉に、世界中でドカンドカンと来ている模様。まさに八白の月を象徴する自然現象である。

ここ一両日、日本でも地震がありそうですから、心の準備を。


今朝の天声人語。

セクハラにパワハラにマタハラ。嫌がらせを戒める言葉は増える一方だが、そのうちカスタマー(顧客)ハラスメントやコンシューマー(消費者)ハラスメントも定着するかもしれぬ。流通や小売りで働く人たちの労組UAゼンセンの会合を昨日取材し、そう感じた▼

報告されたのは悪質なクレームをめぐる5万人のアンケート結果ログイン前の続きだ。「お前はバカか」「死ね、やめろ」「私の会社だったらクビだ」など聞くに堪えぬ暴言がある。客を待たせるなと怒り出し、説教が3時間続いた例がある▼

「迷惑行為は近年増えていると感じるか」との問いには5割が増えていると答えた。ただ、対応となると「謝り続けた」と「何もできなかった」が合わせて4割を超えた。現場任せが続くなら、まさにクレーマーの温床であろう▼

おもてなしの国、世界一心のこもったサービス……。そんな美名への疑念を、作家の石田衣良(いら)さんがかつて雑誌に書いていた。「最高のサービスの裏に最低の客が隠れているのではないか」。そう疑いたくなると▼

客としては王様のように振る舞うが、サービスや商品を提供する側に回ると、下僕のようにさせられる。日本社会を大きな目で見れば、消費者である私が労働者である私を追い詰めてはいないか▼

会合でもらったメガネ拭きに「もしかして、私 言い過ぎたかも…」の文字があった。組合員向けの品で、一消費者になったとき暴君に変わらぬようにとの戒めという。言い過ぎる前に、思い出したい言葉だ。




昔から、いわゆる病的なクレーマーは一定数存在した。されど、出不精の私でさえも、最近はあちこちで見かけるのだから、クレーマーはもう、ぼうふらのごとく沸いているのだろう。

先だっても銀行の窓口で、ねちねち文句をつけているヒステリー中年女がいて、必死で対応している女子行員が気の毒になった。後方から助けにも来ない課長みたいな男、さっさと出て来い。それもあなたの仕事。

客のヒステリー中年女、旦那とうまく行っていないのだろう。そのはけ口を、いたいけな窓口の女の子にぶつけているのだ。隣の窓口で受付をしてもらったおばばが、ダンボになって耳をそばだてると、いたって中身はたいしたことなし。平身低頭している相手に、居丈高になって文句をつけたいだけ。困ったものだ。

そこで、わざとヒステリー中年女をじーーーーっと見つめてやったら、その粘っこい視線に気づいた女がこちらを向いたので、極道の姐御みたいな形相で、ガン飛ばす。さっさと帰れと、首をグイっと出口に振った。相手はたじろいでクレームを止め、あたふたと帰って行った。日頃から目力を鍛えておいた甲斐あり。毒には、毒!

ふだんはノーメイクだが、この日はフルメイクで口紅もばっちし塗りたくっていたので、パワーがあり過ぎた。アイラインで隈取りもしてたから、凄みは増したものと思う。おばばは顔が濃い。


  紅葉且つ散る銀行の曲がり角








2017. 11. 20  
ab5756347effc76245f7c7d6de8995ee (1)


日馬富士の暴行事件。

いつの間にか、相撲協会と貴乃花の「大相撲」になっちゃって、何やってんの、あんたら、というのが正直なところ。大人げない。

喧嘩を収める親方衆が、喧嘩をはじめた。というより、もっと前から、彼らは喧嘩していた。

暴行と親方衆の問題を切り離して考えるのは当然のことなれど、以前より喧嘩しているから、切り離して考えようとしない当事者たち。

「喧嘩」と「謝る」はセット。お互いが「ごめん」と言って終わり。相撲と違って、上手投げ、下手投げで、勝負はつかない。そこが分からないと、大変なことになる。

「暴行の事実」はほぼ確定なのに、「暴行の背景」「暴行の程度」「暴行への対処の当否」でこれだけ盛り上がれる世間って、不思議を通り越して、もうどうでもよい。

昔、競馬界にも似たような事件があった。

騎手の寮において、態度が悪いと、先輩騎手が1歳下の後輩騎手を、一方的に木刀で殴りつけた事件。

JRAは、暴力を振るった騎手を4ヶ月騎乗停止にした。されど、競馬界から追放はしなかったのである。

その陰には、暴力を振るった騎手の育ての親である調教師が、騎手本人の知らないところで、関係各方面に謝って回ったという経緯があった。それは相手騎手の所属厩舎に留まらず、JRA理事、横のつながりのある厩舎や調教師、馬主など数十軒もまわって、頭を下げたというのだ。

しかもこの騎手は、育ての親である調教師と反目し、「厩舎をやめます」、「ああ、わかった。やめろ」と飛び出した身であったにもかかわらず、「うちのHが迷惑をかけました」と、ただただ頭を下げ、「これから自分が叩き直しますから、どうかクビにだけはしないでください」と詫びて回ったと。

当の騎手本人は、復帰しかなり経ってから、その話を藤沢和雄調教師から聞かされる。彼はすぐさま育ての親である調教師に電話をかけた。そのとき師が弟子に語った言葉、「これからまた、二人で一緒に歩いていこう。俺が育てた馬が海外の大レースに挑戦するとき、お前がジョッキーとして乗って勝つ。それが俺の夢なんだ」と。伊藤正徳調教師という人である。(私が競馬ビギナーの頃、天皇賞を勝ったりする名ジョッキーだった)

その後、この騎手は関東の実力派として存在感を示したが、2015年に自ら命を絶った。レース中の落馬事故による怪我が原因ではないかと言われている。されど、その生い立ちを知るにつけ、生きづらさを抱えた人だったのではないかと、せつなく思う。中山競馬場で行われた葬儀セレモニーで挨拶に立った伊藤先生の「Hは私の子供。こんなにいい子はいない」と語ったという記事を読み、私は涙した。

暴行を受けた騎手は今も活躍していて、私はいつも応援している。その人は吉田豊という。先月、1200勝を達成したが、騎乗したときの姿が誰よりも美しい。

若気の至りで起こしてしまった暴行事件を、いわゆる大人の甲斐性が救ったと言えるのでなかろうか。


  散紅葉くれなゐをもて送る葬








 
2017. 11. 19  


西原理恵子と枝元なほみの 「おかん飯」 うみゃーうみゃー編

  「サバ缶とトマトの重ね焼き」

   レシピ
 




鑑定を申し込まれる方は、事前にメールにてご希望の日時をご一報ください。
なるべく早くこちらから返信メールをお送りいたします。

二度目以降のお客さまで、お急ぎの場合は当日お申込みになられてもかまいません。
この場合、鑑定料は後払いでかまいません。

はじめての方は、カテゴリ「鑑定の申込み方法」をご参照ください。
「鑑定の申込み方法」 ← クリックすると開きます。


×は、「ご予約で一杯になっています」というしるしです。


ご予約可能な時間

11月20日(月) ×

11月21日(火) ×

11月22日(水) × 

11月23日(木) × 

11月24日(金) × 

 
Any time is OK.  下記の時間帯でご都合に合わせられます


11月27日(月) 10:00~16:00 20:00~0:00

11月28日(火) 10:00~16:00 20:00~0:00

11月29日(水) 10:00~16:00 20:00~0:00

11月30日(木) 10:00~16:00 20:00~0:00

12月01日(金) 10:00~16:00 20:00~0:00




プロフィール

れいらん

Author:れいらん
ご訪問ありがとうございます。

東洋占術歴40年になります。占い師とは「人を幸せに導く職業」だと思ってきました。同時に、多くの方のさまざまな悩み苦しみに接し、人ひとりが人生を生きく抜くことの困難さに思いを馳せずにはいられません。思えば私たちの人生はこころの旅であり、こころには喜びが必要です。こころがつらいとき、どんなに強い人でも自分を支えていくのは難しいことです。その苦しみからどうやって抜け出すか、私の占いが少しでもお役に立てれば幸いです。占いを通じて多くの方々の人生に接してきました。その喜びや哀しみに共感し、一喜一憂する日々はまた、私自身のこころの旅でもありました。

長きにわたり、ご紹介のお客さま限定の対面鑑定をしてまいりましたが、少しでも多くの方のお力になりたいと思い、このブログからの電話鑑定も受け付けることにいたしました。電話が苦手という方にはメール鑑定もご用意しておりますが、電話の方がよりニュアンスが伝わりやすいと存じます。

東洋占術にはそれぞれ得意とする分野があり、ご相談の内容によりもっとも適切な占術をこちらで判断の上、鑑定いたします。

ご依頼の方は、カテゴリの「鑑定の申込み方法」をクリックし

 leilan808@gmail.com

まで、ご連絡くださいませ。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR